発達障害


最近はテレビでも発達障害について取り上げられることが多くなったので、発達障害という言葉を耳にしたことのある方は少なくないと思います。

実は私ももう十数年前に、発達障害であるアスペルガー症候群の診断を受けています。うつ病などで診察を受けて発達障害であることが明らかになる場合も多くありますが、私の場合は、新聞でたまたまアスペルガーについての記事を読んで、直観的に「私はこれに違いない!」と思って自ら診断を求めて受診しました。

詳しい経緯は長くなるので省きますが(ご興味のある方はこちら)、最初のクリニックでは、初診時に思いっきり否定されたのに、検査結果を聞きに行ったときには、結果をひた隠しにされました。「社会に適応している人に発達障害のレッテルを貼りたくない」という理由からのようです。

それで、次に行った成人発達障害専門のクリニックでは、ご自身が発達障害がある先生だったので、 「ご自分の特性を知って、より良く生きていきたいってことですよね」と言ってくれたので話が早く、各種検査の結果、アスペルガー症候群という診断名(現在では自閉スペクトラム症)がつきました。「全然診断に迷わなかった」と言われるほど、私の検査結果にはアスペルガー特有の傾向が顕著にみられたそうです。

診断を受けたことで人生の謎が解け、数々の問題が必ずしも自分の努力不足ではないことがわかって、少しは楽になりました。とはいえ、薬物療法を要するような二次障害があったわけではなく、発達障害の診断を受けたことを話しても誰にもまともに聞いてもらえません。現在はその先生は、社会に適応している場合は発達障害の診断は下していないようですし、ご自身も発達障害だとは言っていないようです。

そんなわけで、次第に診断を受けたことは誰にも話さなくなり、診断を受けたことに意味があったのかどうかさえわからなくなりました。

そんなあるとき、吉濱ツトムさんという人の『アスペルガーとして楽しく生きる』という本をたまたま手にしたところ、低血糖と栄養不良について書かれていました。私は低血糖については自覚があったものの(手が震えるほどだったので)、低血糖にならないためにはとにかく血糖値の上がるものを食べなければいけないと勘違いしていたのです。実は、血糖値が急激に上がるもの(糖質)を食べるとインスリンが大量に分泌されて、逆に急激に下がるのだそうです。『発達障害の治療の試み』という本でも発達障害者には血糖調節異常がよくみられると書いてあります。

それで自分なりに糖質制限とサプリメント摂取を試してみたところ、劇的に状態が改善しました。頭のもやは晴れるし、今まで騙されていたのではないかと思うほど。体力もなかったのが、40も半ばを過ぎて人生の中でいちばん体調がよくなり、頭も働くようになったので、仕事もはかどって収入も増えたのです。こんなことなら、もっと早く知りたかった!

糖質制限やサプリメント摂取は加減が難しいので、その後、基礎医学やオーソモレキュラー療法を勉強するようになって、身体の大切さがますますよくわかるようになりました。

私は痩せていて、どちらかというと太りたいほう(っていうと「嫌味~」なんて言われることがあるけれど、ガリガリなのも嫌なものなのよ)なので、発達障害という枠組みがなければ、糖質制限なんて一生試さなかったんじゃないかと思います。なにしろ、糖質大好きでしたから。7、8年菜食をやっていて、もう、糖質ばかり食べていました。今思えば栄養ナシ。過去の健康診断の血液検査のデータを見てみると、いかにタンパク質が足りていなかったかがわかりました。

それで思ったのです。発達障害の診断は無駄じゃなかったって。だって改善できるんですから。

確かに、「障害」という言葉を衝撃的に感じる人も多いのだと思います。私の場合は、身体障害者の介護をしていた経験があることから、すんなりと受け入れられました。だって、障害者の人たちって、大変なことはあるけれど、それ以外はごく普通の人間ですから。別に劣っているわけでもなんでもない。

そうは思っていても、声高に自分に発達障害があることを話すには勇気がいります。やれパラリンピックだのアールブリュットだのとは言っていても、自分の身近な人間から障害があると告白されるのはぎょっとすることのようです。特に、脳と生殖器の問題って、大きな声では言えない雰囲気があります。実際のところ、診断を受けてからずいぶん経ち、自分の限界は認識しているので、それに応じて予定を調整(特に人づきあい)しているし、自営業なので特に誰かに配慮してもらう必要もありません。だから、特に今はそれほど切羽詰まって困っていることもないので、ほとんど口にすることはないのですが。

「発達障害なんて、ただの個性でいいんじゃないの」と思う人は多いと思います。でも、改善する方法があるのであれば、ただの個性で片づけることは人生をよりよく生きるチャンスを奪うことにもなりかねません。診断がつかないグレーゾーンの人たちだって、身体も含めて自分の特性を知ることで、もっと楽になれるのです。

Naad(ナード)では、グレーゾーンも含め、発達障害のご相談についても、私で答えられることであればお受けしています。誰にも相談できずに悩んでいる方は、拙訳書の『壮年期のアスペルガー症候群』もご参照くださいね。

からだ

Naad(ナード)では、カウンセリングの際に、身体のことも視野に入れます。心や魂に焦点を合わせて、進む方向がわかり、やる気になっても、身体が伴わなければ実現は難しいからです。

心の問題に取り組んだりスピリチュアルが大好きな人は身体を軽視することが多いようにも感じます。そうでなくても、身体のことは後回しになるとか。心の問題さえ解決すれば、あるいは、カルマが解消されれば、すべて上手くいくと信じている人も中にはいるようです。

でもたとえば、気分が落ち込みがちで毎日が楽しくないというような場合に、ヒーリングを受けたとしても、実際には鉄分などの栄養不足でエネルギー不足や軽い抑うつ状態にあるのだとしたらどうでしょうか。または、糖質の摂りすぎで慢性的な低血糖を起こしていることもあり得ます。

そんなときに、元気づけられるようなメッセージをもらったり、ヒーリングで癒されたりしても、一瞬は元気になって気分が高揚しますが、長くは続かないんじゃないでしょうか。

いや、そんなことはない!すべては気の持ちようだ!という人もいるかもしれませんが、そんな人も、栄養状態を改善すればもっと良くなりますよ。健康な精神は健康な身体に宿るものです。

病は気から、と言いますが、その逆もまた真なりで、私たちの気分は身体の状態にかなり影響されます。実際のところ、心の安定にかかわる神経伝達物質は、さまざまな栄養素からできています。栄養素が不足すれば、身体だけではなく心の状態にも影響が出るのです。

なので、身体の状態を整えるのがまずは第一。Naadでは、フラワーエッセンスもお出ししますが、それ以前に食生活や生活習慣も大切なので、その改善方法についてもお話します。

身体も含めたトータルな視点から人生を変えてみませんか?

タロット

昨日、おとといと、代々木公園で開催されたアースガーデンに参加してきました。「タロット王国」のブースには2日間で150人もの方が来てくださいました。来てくださった方、寒い中ありがとうございました。私も23人の方のリーディングをさせていただきました(^^)。

イベントということもあって、ふらりと寄ってくださる方が多かったようで、「タロットは初めて」「なんとなく惹かれたので」という方も結構いらっしゃいました。年が明けたばかりということもあって、今年の全体運のリーディングを希望される方もたくさんいました。

みなさんそんな感じで気軽に寄ってくださって、特に悩みはなさそうなことを最初はおっしゃるんですが、カードを開いていくうちに「あれれ?」というようなものが出てきて、お訊きしてみると、「実は…」とお話してくださる場合が少なくないんです。それが結構深刻なものだったりすることもあります。でもみなさん、「話せてよかった」とすっきりして帰っていくので、こちらとしてもホッとします。

日本人って普段からあまり本音を話したがりませんよね。なので、通常のカウンセリングでは核心にたどり着くまで時間がかかるのではないでしょうか。ものの15分でそこまで浮き彫りにしてしまうのは、やっぱりタロットならでは。それにプラスして数秘術や占星術でその人の生まれもった基質を見ていくことで、単なる傾聴カウンセリングより、問題の核心にたどり着くまでの時間が大幅に短縮できるような気がします。

中には、ご自分の気持ちや状況を言葉で説明するのがあまりお得意でなさそうな方もいらっしゃいますが、出たカードを見ながらこちらが「○○みたいな感じですか?」というように質問していくと、「そうなんです!」とか「う~ん、ちょっと違うかな~」などと答えてくださるので、気持ちや考えを整理するのにも役立てていただけるかと思います。

タロットはチャネリングや霊視とは違うので、あくまでも相手の方とのやり取りを通じてカードが言っていることを読み取っていくのですが、一方的にメッセージを伝えるわけではなく、カードの絵を見ながら説明するので、言わんとしていることがカードの印象から伝わって、納得していただけるようです。

今回のイベントでは、トートタロットについて、「すごく絵がきれいですね~」と言ってくださった方もいました。そう、絵がとても魅力的なのです、トートは。

人生を切り開くためのメッセージをトートタロットから受け取ってみませんか?

タロット

Naadではカウンセリングにタロットを使っています。

タロットというと、ライダー版(ウェイト版)が一般的ではないかと思います。私が使っているのは、トートタロットというもので、イギリスの神秘家、アレイスター・クロウリーによってつくられました。何といっても、弟子のフリーダ・ハリスによって描かれた絵が魅力的。ライダー版で用いられている正位置・逆位置という概念はありません。

私がトートタロットに出会ったのはもう四半世紀も前。

当時知り合いになった人が持っていて、リーディングをしてくれたのが

きっかけです。リーディングの内容はどんなだったかまったく覚えていませんが、その魅力的な絵柄にすっかりまいってしまいました。

何しろ、あの絵を見てからでは、ライダー版の絵はちょっと物足りなく感じます。

それで、自分でもデッキを手に入れましたが、当時は日本語の解説書がなかったため、その人がくれた『Tarot: Mirror of the Soul』という洋書のコピーを見ながら使っていました。初心者向けのわかりやすい本で、カードごとにアファメーションもついています。

そんなふうに、その頃はタロットや占星術が大好きで、自分なりに本を読み漁ったりしていました。何しろ、子どものころからその手のものが大好きで、小学生のときには『ムー』が愛読書だったくらいですから(^^;)。

その後、30を過ぎて、精神的な発達が遅く、地に足のついていなかった私も、身体を壊すなどして、現実に向き合わざるを得ませんでした。それでヴィパッサナー瞑想を真剣にやるようになるにつれ、タロットや占星術のようなものに頼ってはいけないと思うようになりました。そうして、トートのデッキは押し入れの片隅にしまわれることになったのです。

それが数年前、ふと、再びタロットを手にしてみたくなったのです。長年瞑想をやってきて、確かにずいぶん変わったし、忍耐強くなりました。でも、思うようにいかない状況を冷静に乗り越える力はついても、その状況を積極的に変えていく方法がわかりませんでした。そう、積極的に自分の人生を変えてみたくなったのです。

それで、日本語で何かいい解説書はないかとAmazonで探してみたところ、『魔術師のトートタロット』というボリュームのありそうな本が出てきました。さっそく取り寄せてみると、なんじゃこりゃ、というほど奥深い。調べてみるとタロット教室があるというので参加することに。

実際には参加するまでに1年あったので、その間も自分なりに毎日毎日カードを引き、講座の2年間もひたすら毎日カードを引き続けました。それで思うのは、タロットというのはいい相談相手になるということ。自分で気づいていないこと、あるいは気づきたくないことも指摘してくれます。厳しい指摘はときには残酷に思えることもあるけれど、どうしたら抜けられるかのヒントもちゃんと与えてくれるのです。

自分が今どんな状態にあるのか、人生がどんな方向に向かっているのか。人生を切り開くためのお手伝いをしてくれます。

トートタロットを使ったホリスティックカウンセリングであなたも前に進んでみませんか。

お知らせ

はじめまして。あさぎ真那です。

Naadでは、タロットや西洋占星術やフラワーエッセンスを使ったカウンセリングを行っています。また、ハーブやサプリメントを使った身体とのつきあい方についてもお伝えします。あなたの内なる音を聴き、心・からだ・魂のバランスを整えてよりよい人生を歩んでみませんか。