令和という新時代に向けたトートタロットからのメッセージ

今日で平成が終わるのですが、実は私、周りが盛り上がっているほど大して意識していなかったんです(^^;)。

でも、メディアをみれば「平成最後の」云々、とカウントダウン気分を盛り上げてきます。それで、最後の日らしいことをしたくなってきたので、タロットに問うてみました。

「令和ってどんな時代になるの?」

タロットの答えはこちら。ちょっと映りが悪いですが。

このカードに描かれている人物は、太陽神ラーの娘で、真理・正義・秩序の女神、マアトです。天秤座のカードですが、天秤座は秩序や調和を表します。秩序と調和って・・・まさに、「令和」!?そのものズバリですね。

占星術で天秤座は7ハウスに対応するので、対等な人間関係を表します。「令和」の「和」は、日本人的な迎合することで生み出される調和ではなく、対等な人間関係の上に成り立つ調和なのだと思います。そういう意味で、「昭和」の「和」とは違うんでしょうね。これからの時代は、パートナーシップも対等な関係が求められるんじゃないでしょうか。

対等な人間関係を築くのに大切なのは、自分をしっかり保つこと。このカードのマアトは目隠しをして爪先立ちでバランスを保っています。情報が溢れかえっているこの時代、自分を見失わないためには、周囲に左右されずにしっかりと自分の中にアンカーを置くことが重要です。

マアトは真理と正義の女神なので、不正も明るみに出やすいのかもしれませんね。悪いことはできませんよ(>_<)。

ついでに、平成って私にとってどんな時代だったのか、令和って私にとってどんな時代になるのか、タロットに問うてみました。おまけに、昭和も。

出てきた答えはこちら。左から、昭和、平成、令和です。

平成元年は、ちょうど大学に入って独り暮らしを始めた年だったので、昭和はそれに向けての自立の準備期間だったようですね。

平成は・・・そうね、人間関係で傷つくことが多かったですからね。タロットは正直だな(^^;)。

令和は、う~んそうか。やっぱり土星なんだな。今年はちょうど、ネイタルのアセンダント付近をトランジットの土星がうろうろしているしね。土星の試練にさらされている感じですね。まあ、まずはコツコツと持続することが大事。それで人生の再創造をしていけるかなあ。

あなたにとって令和がどんな時代になるか、知りたい方はこちらをどうぞ。メールでのリーディングも承っています。

4月27日の下弦の月の1枚とブッシュフラワーエッセンス

今日は下弦の月です。新月に向かってひとつのサイクルが終わろうとしています。そして、平成という時代も終わろうとしています。トートタロットからのメッセージを受け取って、新たな時代に向けて準備しましょう。
4月27日の下弦の月のカードは、「ワンドのプリンセス」です。  

心の中でもやもやしているものを明らかにして、次のステージに進みましょう。プリンセスの背後の大きな炎はヘブライ文字のヨッドの形をしていて、古いものから新しいものへの移り変わりを表しています。    

未知のものに飛び込んでいくには勇気がいります。それを邪魔しているのは怖れ。プリンセスが燃やそうとしているのは古い自分です。今いる場所で自分自身が抑えられてしまうなら、思い切ってそこから飛び出すことも必要です。どこかにあなたらしさを受け入れてくれる場所があるはずです。    

恐怖心を和らげてくれるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがドッグローズ。  

ドッグローズの花はぐったりとうなだれたように下を向いています。恐怖心が強く、他人に対して自信がないような場合にこのエッセンスが役立ちます。また、恐怖心を認めたがらない人にも有効です。ドッグローズのエッセンスは、恐怖心に立ち向かい、人生を前に進めることを助けてくれるのです。    

【モニター募集】 5月4日まで
今の私にぴったり!ぜひドッグローズのエッセンスを試してみたい!という方に1000円でドッグローズのトリートメントボトル(約2週間分)をお分けします。(注:保存料としてブランデーが少し入っています。アルコールが苦手な方は、熱いお茶に垂らして蒸発させるか、手首などに擦り込んでください。)  

・2週間毎日摂っていただける方  

※すでにモニターを体験された方もお申込みいただけます。  

※感想をお知らせいただいた後に、タロット1枚引きのメッセージをお伝えします。   ご希望の方は、こちらから「ドッグローズのエッセンス希望」との件名で、以下をコピペしてご記入の上、ご応募ください。

お名前:
年齢:
郵便番号:
ご住所:
ドッグローズのエッセンスをご希望の理由:
その他、ご意見・ご感想など:

次回は5月5日の新月です。 お楽しみに!

万人によい食べ物はない

前回、身体によいものを摂ることばかりを考えるのではなく、身体に悪いものをやめることが大切だと書きました。

そうすると、「そう!断食ってすごくいいの!」と言う人もいるかと思います。

確かに、断食は身体によいのだと思いますが、これにも向き不向きがあります。低血糖になりやすい人や副腎疲労がある人はやらない方がいいでしょう。きちんとした断食プログラムでは、そういう人たちには参加を断っているようです。

マジメな人ほど熱心に断食に取り組んで、ガリガリになっているのに「調子がよくなった」と言っていることがあります。断食というよりは、ただ単に、身体に合わないもの(知らないうちに遅発型アレルギーを引き起こしているものなど)を一時的にやめたから体調がよくなっただけのこともあるんじゃないでしょうかね。もちろん、断食にはほかの効果もあるとは思いますが。

腸にいいものとしては、ヨーグルトや発酵食品が挙げられますが、これも実は万人にとっていいものではないのです。

最近、小腸内細菌増殖症(SIBO)というものが知られるようになってきました。過敏性腸症候群や逆流性食道炎という病名は聞いたことがある人も多いと思いますが、これらの問題のある人はかなりの割合でSIBOを併発しているそうです。

小腸は通常、大腸よりも最近の数がうんと少ないものなのですが、それが善玉菌・悪玉菌を問わずに過剰増殖してしまい、メタンガスや水素ガスが発生し、それによって便秘(メタンガスの場合)や下痢(水素ガスの場合)が起こります。逆流性食道炎も、このガスによって逆流が起きていることが多いそうです。

そのため、SIBOがある場合は、発酵食品を摂ると小腸内の細菌がさらに増えるのでかえって悪化するのです。SIBOの場合は、FODMAP(フォドマップ)と呼ばれる、発酵性の糖質をなるべく避ける必要があります。FODMAPのFは発酵性の糖質全般、Oは豆類に含まれるオリゴ糖や小麦や玉ねぎに含まれるフルクタン、Dは乳糖、Mは果糖、Aはandで、Pはマッシュルームや人工甘味料に含まれるポリオール。

これをすべて避けるのは大変ですが、人によって合うものや合わないものが違うので、お腹が張る、ガスがたまる、といった症状がある人は、自分に合わない食べ物を食べていないか、注意するといいですよ。

私も以前に過敏性腸症候群の診断を受けたことがあるので、SIBOらしいということに最近気づいたのですが、それまでは腸にいいものを!と思って発酵食品を食べまくってましたよ。それに、どうやら豆類を食べると調子が悪い・・・ということに気づきました。牛乳はやめて豆乳ばっかり飲んでいたんですけどね。でも、やめたとたんにお腹がゴロゴロ言わなくなったという(^^;)。

毎年、自家製の味噌を作っていたのだけれど、味噌汁飲まない方が調子がいいというのはなんとも皮肉な。

普通、腸の調子が悪いといっても大腸内視鏡検査しかしませんし、腸と言えば大腸のことをまず思い浮かべますよね。小腸ってブラックボックスって言われているし。でも実は、過敏性腸症候群や逆流性食道炎と診断されていなくても、結構な数の人にSIBOがあるのでは、とも言われています。実は万病のもとだとか。

SIBOについては、こちらの記事がわかりやすいです。

もっと詳しく知りたい方はこちらを。

小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「SIBO」(小腸内細菌増殖症)から身を守れ! 1,490円 Amazon

引き算の健康法

昔インドで長く暮らしていたときのことです。

あるとき、お腹の調子が悪かったので近所のホメオパシークリニックに行ってみることにしました。

インドといえばアーユルヴェーダ、と思う人がほとんどだと思いますが、実はホメオパシーもかなりポピュラーです。街を歩くと、「Homoeopathy」と書かれた看板をあちこちで見かけます。

お腹の調子が悪いことを言うと、まず、一日に何杯チャイを飲んでいるか訊かれました。

インドでは皆、一日に何杯もチャイを飲みます。人を訪ねれば必ずチャイが出てくるし、道で誰かと会っても、その辺のチャイ屋で一杯、なんてことは毎日です。なので、かなり飲んでいたと思います。

それを伝えると、そのホメオパスは鼻でフッと笑い「それじゃあレメディは出せないよ。まずはチャイをやめてね」と言いました。

「なによ、ケチ~(怒)」と若かった当時の私は思ったのですが、今となっては名医だったとわかります。

いくら何かの症状にいい、といっても、その症状の原因が変わらず存在するのであれば、何にもなりません。

あれこれと健康食品を試してもよくならないのであれば、何かを足すことを考えるより、引くことを考えた方が健康への近道になることもあるのです。グルテンやカゼインの問題が最近よく指摘されていますね。小麦粉や乳製品をなるべく摂らないようにするというのも近道かもしれません。

遅発型アレルギーも意外な食べ物が原因だったりします。即時型アレルギーと違って、摂取後すぐに症状が出るわけではないので、その食べ物が原因だとはほとんど気づきません。頭痛や胃腸の調子の悪さの原因が遅発型アレルギーだったりすることもあります。

遅発型アレルギー検査をやっている病院はまだ少ないですが、ネットで検査キットを購入して自分で行うこともできます。保険が効かないし、海外の検査機関で分析するので高額ですが。

http://www.ambrosia-kk.com/about_allergy/foodallergy.html

よかれと思って食べているものが実はアレルギーを引き起こしていた、なんてこともあるのです。私は数年間ひたすら生姜を食べ続けて、冷え性は治ったんですが、見事に遅発型アレルギーを引き起こしていました。それで1年くらい抜いたんですけどね(遅発型アレルギーは同じものを食べ続けることで発症するので、しばらく控えればよくなります)。

なんか調子が悪いんだけれど、原因がわからない、という人は一度検査してみてはいかがでしょうか。

4月19日の満月の1枚とブッシュフラワーエッセンス

今日は満月です。平成最後の満月、ということで新たなスタートに向けて準備していきましょう。そのためのトートタロットからのメッセージです。


4月19日のトートタロットの1枚は、「#0 The Fool」です。

なんとも、新たな始まりにふさわしいカードですね。力強く励まされている感じがします。人生を信じて、思い切って行動してみましょう。自分には何もない、と思うのならなおさらのこと。何もなければ何のしがらみもなくゼロからスタートできるのです。迷いなくスピーディーに行動すれば、予想外の展開が待っています。

ぐずぐずとしり込みしがちなのは、過去の体験から来る恐怖を感じてしまうからです。そんなときに役立つオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがサンシャイン・ワトル。

過去のつらいことを振り返っては、人生はつらいことばかり、と未来についても悲観的になり、なかなかそこから抜け出せないときに助けになってくれます。このエッセンスは、過去を乗り越えて人生を楽観的にとらえ、今を楽しめるようにしてくれるのです。