6月17日の満月の1枚とブッシュフラワーエッセンス

今日は満月。射手座で迎える満月ですが、ちょうど今、火星と水星とドラゴンヘッドが蟹座でコンジャンクション(同じ位置に集まっていること)になっています。そして、その真向いの山羊座では土星と冥王星がコンジャンクション。社会的な責任や重圧などからいっぱいいっぱいになって、感情的になり、身近な人にきつい言葉を放ってしまいやすい時期です。

6月17日のトートタロットからのメッセージは、タイムリーなカードが出ました。「カップのクイーン」です。

コミュニケーションは言葉だけでするものではありません。このカードに描かれている3つの蓮の花は海王星を表しています。ちょうど今、海王星は、火星・木星・ドラゴンヘッドと土星・冥王星のオポジション(真向かいに位置すること)に対して、「調停」という位置にあります。つまり、このオポジションの緊張を和らげてくれるのです。海王星の得意とするインスピレーション、イマジネーションの力を使って、相手の心を察して思いやってみましょう。

そんなときに役立つオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがグリーン・スパイダー・オーキッド。

その名の通り、蘭の一種ですが、何だか宇宙人みたいな不思議な姿をしていますね。このエッセンスは、テレパシーのような、言葉によらないコミュニケーションを助けてくれます。また、何か人に話そうか話すまいかと迷って、タイミングの悪いときにうっかり話してしまったために状況が悪くなるような場合がありますが、グリーン・スパイダー・オーキッドは、話すべきでないときに黙っていられるようにしてくれます。自分が知っている知識や体験したことを誰かに話したくても、相手がそれを理解できないこともあります。そうしたときにも、相手が理解できるタイミングになるまで、自分の中にしまっておくことができるようになります。海王星が表す精神的な深さを培うのにも役立ちます。

【モニター募集】 6月24日まで


今の私にぴったり!ぜひグリーン・スパイダー・オーキッドのエッセンスを試してみたい!という方に1000円でグリーン・スパイダー・オーキッドのトリートメントボトル(約2週間分)をお分けします。(注:保存料としてブランデーが少し入っています。アルコールが苦手な方は、熱いお茶に垂らして蒸発させるか、手首などに擦り込んでください。)  

・2週間毎日摂っていただける方  

・事前にpaypalまたは銀行振込でお支払いいただける方(銀行振込の場合は、手数料はご負担いただく形になります)

・終了後に変化や感じたことなど、感想をお知らせいただける方

・ご感想を匿名でHPに掲載することをご了承いただける方  

※すでにモニターを体験された方もお申込みいただけます。  

※感想をお知らせいただいた後に、あなただけのタロット1枚引きのメッセージをお伝えします。  

ご希望の方は、こちらから「グリーン・スパイダー・オーキッドのエッセンス希望」との件名で、以下をコピペしてご記入の上、ご応募ください。

お名前:
年齢:
郵便番号:
ご住所:
グリーン・スパイダー・オーキッドのエッセンスをご希望の理由:
その他、ご意見・ご感想など:

次回は6月25日の下弦の月です。
お楽しみに!

丸でも三角でもない多面的な自分を生きる

昔、熱心に瞑想をしていた時期があって、その頃は丸い人間だと思われることがよくありました。瞑想歴は長い方だったので、同じ瞑想仲間からは「善人」であることを求められていたような気がしていました。「この瞑想法をやっていれば善い人間になれる」という証拠のようなものを瞑想歴の長い人間に求めたかったのでしょう。

でも残念ながら、私はごく普通の人間で、瞑想をすることで表に出すことは少なくなったものの、怒ることもあれば嫉妬することもあります。そうした負の部分を自分の中に押し込めておくのが苦しくなって、箱庭療法を受けに行ったことがありました。そんな負の部分を箱庭をつくることで吐き出したかったのです。

ところが、箱庭療法をやってくれた心理療法士の人も、私がつくった箱庭にきれいなものばかりを見出したがりました。私はだんだん、思うように箱庭がつくれなくなり、やめてしまいました。

瞑想をやる以前の私はかなり尖っていたので、その時期の私しか知らない人から見ると、そんな丸い私なんて「え、嘘でしょ」と思うでしょう。

でもどちらも本当の私だったりします。ある人は一方向から見て「あなたは丸い」と言います。別の人は別の方向から見て「あなたは尖っている、三角だ」と言います。でも実は、私は円錐だったりするのです。

そんなふうに、人間って多面的なものなのに、人は一方向だけから見て、「この人はこういう人」と決めつけたがります。

また、特定の相手やグループと一緒にいると、いつの間にか「キャラ」が決まってしまうこともあります。「しっかり者キャラ」「おバカキャラ」だとか。あるいは、母としての自分、娘としての自分、妻としての自分だとか。

「個人」は英語で「individual」と言いますが、作家の平野啓一郎氏は人間は「individual(in dividual=分けられないもの)」ではなく、一緒にいる相手や状況によってその時々で「分人(dividual)」を生きていて、その寄せ集めに過ぎないと言っています。

ホロスコープを見ていると、それがよくわかります。丸でも三角でもない、支離滅裂な自分(笑)がちゃんとそこに描き出されているのです。自分のどういった側面をまだ自分は生きていないのか、あるいは無視してしまっているのか。人間って多面的。そのことをよく教えてくれるのがホロスコープです。

分人論、面白いですよ。読んだのはだいぶ前なので、久々に読み直したくなってきました。

私とは何か――「個人」から「分人」へ (講談社現代新書) 799円 Amazon

あなたの中に未知の可能性がまだまだ眠っています。おっかなびっくりでも扉を開けてみたい方はぜひセッションにお越しください。

6月10日の上弦の月の1枚とブッシュフラワーエッセンス

今日は上弦の月です。満月に向かってエネルギーも満ちていきます。トートタロットからのメッセージを受け取って、満月に向けてパワーアップしましょう。  
6月10日の上弦の月のカードは「ディスクの5」です。  

あれこれ目先のことを心配ばかりしていませんか?入るはずだったお金が入らなかったり、人と連絡がつかなかったり。あるいは、早く結果を出そうと焦りすぎているのかもしれません。歯車が噛み合っていないような、何をやっても上手くいかない時期はあります。心配なあまり、目標を見失っていないでしょうか。自分ひとりで考えてどうにもならなければ、誰かに相談してみるのも大切です。心配していても何も始まりません。暗雲が立ち込めているような状況でも、隙間から差し込んでいる光に気づきましょう。    

心配ばかりしている人にピッタリなオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがクロウェア。  

心配事は実際には起きないことがほとんどです。心配があれば対策を立て、あとはくよくよしないこと。ただ心配事を考え続けるだけでは単なる時間とエネルギーの無駄に終わってしまいます。このエッセンスは、心配性の人が落ち着きを取り戻し、バランスをとって自分軸で生きられるように助けてくれます。      


トゥルシーの意外な効能

先日、トゥルシー(ホーリーバジル)の苗を手に入れました。去年、種取に失敗したので。クリシュナトゥルシーが欲しかったのですが、今年は残念ながらなくて、代わりに「カプーアトゥルシー」ならあるとお店の人に言われて買ったのがこちら。

「カプーアトゥルシー」って初めて聞く妙な名前…と思って調べてみたら、「Kapoor tulsi」のことでした。「Kapoor」を英語読みしてしまうと「カプーア」なのですが、発音は正しくは「カプールトゥルシー」です。

トゥルシーは万能ハーブと言われています。抗ストレス力を高めてくれるアダプトゲンハーブでもあります。

シニアハーバルセラピストの資格を取ったときの卒論のテーマがトゥルシーだったのでその時にいろいろ調べたのですが、「比類なきもの」を意味するその名の通り、実にさまざまな効能があるんです。

現代科学の新しい知見では、抗ストレス作用(アダプトゲン作用)、抗結核菌作用、水銀毒の中和、オゾンの放出(空気の清浄化)、鎮痛作用、胃潰瘍の改善、虫歯や歯周病の予防効果、骨の治癒促進、喫煙による酸化ストレスの緩和、抗インフルエンザ作用、肺・肝臓の保護、抗糖尿病、抗菌作用、糖尿病合併症の予防、抗アテローム硬化作用、中性脂肪・脂質・コレステロールの低下、抗がん作用、抗遺伝毒性作用、白内障予防、抗酸化作用、放射能防御作用などなど。

中でも意外だったのが、血糖調節作用でした。トゥルシーにそんな作用があるなんて、聞いたことがなかったので。トゥルシーの血糖調節作用については、アミノ酸であるリシンのε-アミンに結合して終末糖化産物(AGE)の形成を阻害する作用やαグルコシダーゼ阻害作用が精油成分のオイゲノールにあるという説があります。

オイゲノールって、クローブなどにも含まれていますが、クローブに血糖調節作用があるなんて話も聞いたことがありません。比較的新しい知見でまだ研究が進んでいないのかもしれませんが(論文はこちら)。    

インドにはギムネマやサラシアなど、糖質の消化吸収抑制作用をもつ植物はほかにもたくさんあるので、あまり注目されないのでしょうかね。確かに、よくよく考えると、インドの植物にはその手の作用がある植物がたくさんありますが、実際、私がインドにいたときには、周りに糖尿病を患っている人が結構いました。まあ、砂糖たっぷりのチャイを1日に何杯を飲んでいることを考えると無理もないような。よくよく考えると、暑い国ってスイーツがやたらと甘いけれど、そういう国では血糖調節に役立つような植物が育つように上手くできているんですかね。    

ところで、ヒンドゥー教ではトゥルシーは女神であるラクシュミーやシーターの化身と考えられていて、宗教儀式には欠かせません。面白いのが、Tulsi Vivahというお祭りがあって、トゥルシーの苗をラクシュミーやシーターに見立ててヴィシュヌ神やクリシュナ神の像との結婚式を行うんです。You Tubeに動画があるので、おヒマな方はこちらを。

6月3日の新月の1枚とブッシュフラワーエッセンス

今日は新月です。新月は浄化のときで、物事を新しく始めるにはよい時期とされています。トートタロットからのメッセージを受け取って、人生に新しい風を吹かせましょう。

6月3日の新月のカードは、「ワンドの4」です。

新月でひとつのサイクルが終わると同時に、新しい流れが始まります。新しいことを始めたくなる人もいるでしょう。人間関係が新しくなるのかもしれません。次の流れはこれまでよりも大きなものになります。その流れにスムーズに乗っていくには、古いものをきちんと終わらせること。中途半端に投げ出したまま新しいものに向かうのではなく、愛情をもって終わらせましょう。そうして初めて、過去を引きずることなく「卒業」できるのです。

ひとつのことをやり遂げることなく、気移りしやすいタイプの人がいます。そういう人は、熱意があって新しいものに飛びつくのは得意だけれど、なかなか長続きしません。

このタイプの人にぴったりなオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスが、以前にも紹介したジャカランダ。

ジグザグに進んでいては、人生の流れに乗れません。このエッセンスは、気移りしやすいタイプの人が、他のことに気を取られずに最後まで物事をやり遂げるのを助けてくれます。

【モニター募集】 6月2日まで
今の私にぴったり!ぜひジャカランダのエッセンスを試してみたい!という方に1000円でジャカランダのトリートメントボトル(約2週間分)をお分けします。(注:保存料としてブランデーが少し入っています。アルコールが苦手な方は、熱いお茶に垂らして蒸発させるか、手首などに擦り込んでください。)  

ご希望の方は、こちらから「ジャカランダのエッセンス希望」との件名で、以下をコピペしてご記入の上、ご応募ください。

お名前:
年齢:
郵便番号:
ご住所:
ジャカランダのエッセンスをご希望の理由:
その他、ご意見・ご感想など:

次回は6月10日の上弦の月です。 お楽しみに!