発達障害

f:id:Manakawase:20191029175008j:plain

この頃またNHKで発達障害特集番組がいろいろ放映されています。
発達障害はだいぶ周知されるようになりましたが、テレビを観て自分にも発達障害があるのではないかと疑う人も増えているのでしょうね。

若くても発達障害の診断を受けることは大変ですが、年齢がある程度いってからだとなおさらです。自分が発達障害を抱えてきたのだとすると、今までの人生で起こった出来事の解釈が違ってくるからです。

私自身も、十数年前に34歳でアスペルガー症候群の診断を受けています。
(診断経緯はこちら)
自ら診断を求めて検査を受けに行ったので、ショックよりも、生きるのが大変なのは自分の努力不足ではなく、発達障害のせいなんだとわかって気が楽になった方が大きかったのですが、それでもそれですんなり、めでたしめでたし、ではなく心理的にもその後紆余曲折がありました。

それが、アイデンティティの問題だったのだとわかったのは、『Very late diagnosis of Asperger Syndrome』という本を読んでから。この本は『壮年期のアスペルガー症候群』として翻訳しました。

ガイド 壮年期のアスペルガー症候群:大人になってからの診断は人生をどう変えるか

ガイド 壮年期のアスペルガー症候群:大人になってからの診断は人生をどう変えるか

 詳細な目次はAmazonのページには載ってませんので、こちらをご参考に。

この本では、診断前後の心理的な過程をアイデンティティの観点から考察して、
キューブラー・ロス・モデルを応用してアスペルガー症候群のある自分という新たなアイデンティティを受け入れる過程を説明しています。

エリザベス・キューブラー・ロスのモデルでは、死と臨終を受容する過程には五段階(否認・怒り・取引・抑うつ・受容)があるとしています。

また、この本では、診断を受け入れるプロセスにはセルフ・アイデンティフィケーションとアイデンティティ・アラインメントがあると述べています。

セルフ・アイデンティフィケーションとは、自分に発達障害があることを知ること。

つまり、きっかけは何であれ、これまで普通だと思っていた自分に実は発達障害という生まれつきの問題があることを知り、自分の中の発達障害的な要素を自己認識することです。

それによって、自分は普通だというそれまでのアイデンティティが崩れ去り、「発達障害のある自分」という新しいアイデンティティを受け入れるプロセスが始まります。

アイデンティティ・アラインメントとは、新たなアイデンティティを受け入れ、アイデンティティを本当の自分と一致させること。

つまり、発達障害があるという事実に即したアイデンティティをもつこと。要は、発達障害がある自分を受け入れることです。

年齢が高くなるほど、「障害」というものに対して否定的なイメージをもっている場合が少なくありません。そうした人は障害者に対する自らの偏見の犠牲になっているとこの本では言っています。

障害があることは恥ずべきことだと思っていれば、自分に発達障害があると認めるのは難しくなります。しかも、それまで長年、何とか自力で人生を切り抜けてきたのだから、社会スキルもそこそこには習得している可能性もあるわけで、それを今さら生まれつきの問題がある、と言われても受け入れるのは簡単ではないでしょう。

思うに、それまで自分の問題を自覚していて劣等感を抱き、自分を責め続けてきた人の方がすんなりと受け入れられるのではないでしょうかね。逆に、自分の人生が上手くいかないことを他人や周りの環境にし、自分に非はないと思ってきた人ほど、自分に問題があることを認めたがらないような気がします。

そう考えると、自分に発達障害があるということを認めたがらないのは、「障害」という言葉がつくからということでは必ずしもないのかもしれません。「凸凹症候群」と言い換えたところで、そうした人は「凸凹があるのは人間当たり前だ」と言い張って自分の問題は認めたがらないでしょうから。

また、「障害」ということを受け入れても、自分の問題を認識せずに、いま流行りの発達障害というアイデンティティをさっさと受け入れて、私には障害があるから、と免罪符にして、自分は何もせずにただ周りに理解ばかりを求めるようになるケースもなきにしもあらずだろうと思います。

この本では、五段階モデルとは別に、四段階モデルとして、キューブラー・ロス・モデルを変形したものを紹介しています。
各段階は次の通り。

第一段階  ショックと否定

別の自己イメージについての考えを即座に拒絶するとき。

第二段階  怒りと抑うつ

無力さや絶望感を感じさせるような、自分でコントロールできない変化や不安定さに対してよく見られる反応。

第三段階  探求と洞察

変化が避けられないと理解した後、自分が選ぶことのできるあらゆる選択肢を見つめ、新しい自己アイデンティティとともに前に進む適切な方法を見極めることができるとき。

第四段階  変化と新たな環境を受け入れる決意

第一段階から第三段階までを経験した後、新たな自己を抱きしめて、人生をより良くするために積極的な策を講じることができるとき。

五段階モデルについては、後日、ひとつずつ、その段階を切り抜けるために役立つフラワーエッセンスと併せて紹介します。

新月の1枚とブッシュフラワーエッセンス

今日は新月です。新月は浄化のときで、物事を新しく始めるにはよい時期とされています。気持ちを新たに、トートタロットからのメッセージを受け取って、人生に新しい風を吹かせましょう。

10月28日の新月のカードは、「カップの10」です。

あなたはこれまで人生で十分に経験を積み重ねてきました。新月の今日、ちょっと振り返って、自分が達成したことを味わってみましょう。どんな些細なことでもかまいません。じっくりとその満足感を味わってみるのが大切です。じっくり味わったら、次のチャレンジへと進みましょう。このカードの赤は火星の色。今日は蠍座の新月。火星は冥王星とともに蠍座の支配星です。初心の情熱を取り戻し、エネルギッシュに進むこと。まずは具体的に何をするか、考えを書き出してみるといいでしょう。

満足感は味わえたけれど、がんばりすぎて燃え尽き気味。エネルギッシュに進むなんて無理、という人におススメなのがオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのマクロカーパ。

この花の色も赤で、マクロカーパはエネルギーや活力を高めてくれるエッセンスです。

マクロカーパはユーカリの一種だそうで、この花は不思議な形をしていますね。ドングリのような形の種のキャップがはずれて花が咲くようです。

このエッセンスは持久力や耐久力も高めてくれ、肉体的ストレスがかかる状況に対応できるようにしてくれます。病気の後で体力が落ちているときにもいいですし、副腎にエネルギー的に働きかけるそうなので、副腎疲労気味の燃え尽き状態のときに特にいいかもしれません。

副腎疲労になるような人はがんばりすぎなことが多いですが、マクロカーパのエッセンスは、活力を高めてくれるだけでなく、休むことの大切さを認識できるようにもしてくれます。

何をするにも身体は資本。基本の食事を見直しながら、栄養状態を整えて休息もしっかり取り、必要あればフラワーエッセンスの助けも借りて、上手に前に進んでいきましょう。

【無料モニター募集】 11月3日まで

マクロカーパのエッセンスを試してみたい!という方にマクロカーパのトリートメントボトル(約2週間分)をお分けします。(注:保存料としてブランデーが少し入っています。アルコールが苦手な方は、熱いお茶に垂らして蒸発させるか、手首などに擦り込んでください。)

以前にもモニター募集を無料で行っていたことがありますが、現在は、状況を詳しくお知らせいただいて、このエッセンスが合っていると思われる方にのみお分けしています。ほかのエッセンスの方が合っている場合は、エッセンス名をお知らせしますので、ご自分でストックボトルをご購入ください。

・2週間毎日摂っていただける方  

・終了後に変化や感じたことなど、感想をお知らせいただける方

・ご感想を匿名でHPなどに掲載することをご了承いただける方  

※すでにモニターを体験された方もお申込みいただけます。  

※感想をお知らせいただいた後に、あなただけのタロット1枚引きのメッセージをお伝えします。  

ご希望の方は、こちらから「マクロカーパのエッセンス希望」との件名で、以下をコピペしてご記入の上、ご応募ください。

お名前:
年齢:
郵便番号:
ご住所:
マクロカーパのエッセンスをご希望の理由:
その他、ご意見・ご感想など:

次回は11月4日の上弦の月です。 お楽しみに!

下弦の月の1枚とフラワーエッセンス

今日は下弦の月です。新月に向かってひとつのサイクルが終わろうとしています。トートタロットからのメッセージを受け取って、新たなサイクルに向けて準備しましょう。

10月21日の下弦の月のカードは、「ソードの9」です。

自分の中の批判者とサヨナラしましょう。

「どうしてこんなこともできないの」「またこんなことして恥ずかしい」

「もっとこうしたらよかったのに」

もしかしたら、かつて誰かに言われたのかもしれません。

でも、それはもう過去のこと。

今あなたを批判しているのは、ほかの誰でもない、あなた自身。

日本では謙遜が美徳と考えられています。でも、それが染みついてしまうと、「私なんて」というのが当たり前になって、自尊心はすっかり低くなってしまいます。そうなると、何を決めるにも自信をもてず、周りばかりキョロキョロして依存的になりがちです。

自尊心の回復と自己受容を助けてくれるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがファイブ・コーナーズ。

ちょっと写真の色合いが悪くなってしまいましたが、自尊心が低いと、こんなふうにくすんだ色のパッとしない服装を好みます。できるだけ目立ちたくないからです。そうした人がファイブ・コーナーズのエッセンスを摂ると、自分を受け入れられるようになり、自分を美しく感じさせてくれる服を好んで着るようになるそうです。

「ソードの9」のカードはカバラでは「イェソド」で基礎や土台を表しますが、自尊心というのは自分自身の土台。土台なくして人生も人間関係も築くことはできません。

自尊心を育てることにじっくりと取り組みたい方には、こちらもおススメ。

自尊心の育て方―あなたの生き方を変えるための,認知療法的戦略 4,180円 Amazon

からだ, こころ, フラワーエッセンス, ホリスティック

忙しいともっともっとペースを上げなくてはと思いがち。

しゃっきりしようとコーヒーや栄養ドリンクを飲んだりして、無理矢理アドレナリンを出していませんか?ストレスが過剰にかかると、コルチゾールも大量に分泌されます。どちらも副腎疲労のもと。そんな状態が続くと、そのうちに慢性疲労になって動きたくても動けなくなります。

忙しいときは、逆に少し落ち着いたほうがいいもの。鎮静系のハーブやアロマを使って、身体と心にひと息入れましょう。

オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスの「カーム&クリア」というコンビネーションエッセンスもおススメです。

ブッシュフラワーエッセンス カーム&クリア30ml 3,564円 Amazon

私はなぜかこれまで使ったことがなかったんですが、最近、あまりに忙しかったので、ふと思い立って使ってみることにしました。キットを持っているので自分で調合して。

しばらく使っていたら、ずいぶん落ち着きました。私は忙しいと、肩が凝るというより背中が凝って仕方がないんですが、いつの間にかそれも解消。

「忙」という字は「心を亡くす」と書きます。心を亡くす前にケアを。

満月の1枚とブッシュフラワーエッセンス

今日の満月は牡羊座で迎えました。牡羊座の支配星は火星。火星は破壊の星です。

そんな10月14日の1枚は、タイムリーなカードが出ました。

「#16 The Tower」です。

いらなくなったもの、自分にそぐわなくなったものをいよいよ捨てるときが来ました。しがみついていても、突然引きはがされるかもしれません。変化は誰にとっても怖いもの。慣れ親しんだ物事や習慣は手放したくありません。でも、それがもう役に立たなければ、手放すしかないのです。虫歯を抜くのは怖いけれど、そのまま放っておけばもっとひどいことになります。家が崩れかけていたら、そのままつぎはぎしても遅かれ早かれ壊れます。家を建て直すには、一度壊さなければならないのです。そうして次に新しく建てるときには、前よりも頑丈なものにしようと心に誓うはずです。

手放さなければならないものは、人間関係かもしれないし、仕事かもしれません。一時的に、みじめに感じるかもしれません。でもそれは、これからやってくる新しいもののためにスペースをつくっているにすぎないのです。その変化は、あなたの人生にとって大きなものとなるはずです。「人生結局こんなもの」とシニカルにならずに人生を信頼しましょう。

そんな嵐の時期を乗り越える助けとなってくれるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがミント・ブッシュ。

この時期はある意味で魂のイニシエーションのようなもの。試練や苦難の最中にいるときはつらく感じます。でもそれをくぐり抜ければ、人生の新たな段階が待っています。ミント・ブッシュのエッセンスは、そんな混乱しがちな時期に明瞭さを与えてくれます。

こころ

ここのところ忙しく、やることが山のように溜まっています。さらに、大きいお仕事の話をいただいたりして、嬉しい反面、プレッシャーでパンパンになっている自分もいます。

もともとストレスに弱い脳のつくりなので、あれもこれもやんなきゃならないとなると、テンパってしまい、身体の緊張が抜けずに、脊柱起立筋がコリコリになるのです。あんまり頑張りすぎ、マジメすぎは副腎疲労のもとにもなります。

いかんいかん、と思い、まずは脳の整理。

詰まっている予定をすべて、まるで今の自分がやらなきゃならないかのように感じてしまうからパンパンになるわけです。

以前に読んだこの本に確かこんなことが書いてありました。

脳と気持ちの整理術 意欲・実行・解決力を高める (生活人新書) 770円 Amazon

自分一人が全部やらなきゃならないと思うからしんどくなるわけで、月曜日の自分、火曜日の自分、というふうに毎日違う自分がやると考えて、今日の自分は今日やる分だけを考えればいい、と。

そう考えて、やるべきことを紙に書き出して整理すると、「今日の私はこれだけやればいいのよね、あとは月曜日の私にやらせよう」
「火曜の私、ヒマそうだからもうちょっとやってくれるかな」
なんていうことになります。まさに分身の術。
これだけで頭も気持ちも負担が減ります。  

ここでひとつ問題になってくるのは、
「日曜のあいつ、いいよね、楽で」
「今日の私ばっかりこんなにやらされて」なんて、ほかの曜日の自分からやっかみが入りかねないことです。  

その対策としては、がんばった曜日の自分にはご褒美を用意しておくこと。
「仕事ちょっと多めに前倒しでがんばったから、美味しいもの食べさせてあげよう」とか「お疲れだから今日のバスソルトは贅沢にローズにしてあげよう」だとか。  

そうすると、日曜の私も羨ましがって、本の整理だとか、ちょっと仕事を引き受けてくれるかもしれません。    

まあ、こんなことは、「明日できることは明日やろう」「風の吹くまま~♪」って人には無縁な悩みだと思いますが(私も昔はそうだったんだけど)、こうやって上手く工夫して、少しでも今日できることをコツコツやっていくと、物事は積みあがって形になっていくのです。

上弦の月の1枚とブッシュフラワーエッセンス

今日は上弦の月です。満月に向かってエネルギーも満ちていきます。トートタロットからのメッセージを受け取って、満月に向けてパワーアップしましょう。  
10月6日の上弦の月のカードは「ソードの2」です。  

言いたいことはいろいろあるかもしれません。でも、まずは相手を理解しましょう。自分の考えに固執していると、相手の言いたいことは理解できません。ものの見方を変えてみることも、ときには大切。それが信頼関係を築く第一歩です。    

他人に歩み寄ることができず、つい批判的なったり決めつけをしがちなときに役立つオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがイェロー・カウスリップ・オーキッド。  

頭の良い思考タイプの人が、知的側面が過剰に強くなりすぎると、そうしたことがおきやすくなります。イェロー・カウスリップ・オーキッドのエッセンスを使うことで調和が取れると、いい意味で知性が活かされ、あらゆることを考慮に入れながら、公平に、共感的に物事を平和裏に解決できるようになります。    

フラワーエッセンス, 発達障害

前回の記事で、フランネルフラワーのエッセンスが自閉スペクトラム症当事者に有効だと書きましたが、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスには、ほかにも発達障害の各症状に役立つとされるエッセンスがいくつかあります。

長くなるのでごく一部ですが、たとえば、

ブッシュ・フューシャは、右脳と左脳の連携を良くするのに役立ち、難読症の改善や発話を促してくれます。発達障害者に残りがちな原始反射を消失させるのにも役立つと言われています。

オーストラリアンブッシュフラワー ブッシュフューシャ 3,564円 Amazon

ワイルド・ポテト・ブッシュやピュリファイング・エッセンスは、重金属の排泄を促してくれます(もちろん、エネルギー的に、です)。自閉症者は特に、解毒機能が弱いと言われています。

オーストラリアンブッシュフラワー ワイルドポテトブッシュ 3,564円 Amazon
オーストラリアンブッシュ ピュリファイング 30ml コンビネーション フラワーエッセンス 日… 3,564円 Amazon

イエロー・カウスリップ・オーキッドは、ルーチンにこだわる場合に。

オーストラリアンブッシュフラワー イエローカウスリップオーキッド 3,564円 Amazon

ボロニアは、同じ服ばかり着たがるなど、同じものに執着する場合に。

オーストラリアンブッシュフラワー ボロニア 3,564円 Amazon

カンガルー・ポーは、他人の気持ちを考えて、社交性を身につけられるように。

オーストラリアンブッシュフラワー カンガルーポー 3,564円 Amazon

ジャカランダは、目の前のことに集中できない場合に。

オーストラリアンブッシュフラワー ジャカランダ 3,564円 Amazon

ざっと挙げるとこんな感じです。そのほかにも、自信のなさや気分の浮き沈みなど、さまざまな症状に対応できます。

ただ、私が大切だと思うのは、フラワーエッセンスだけで解決しようとしないこと。たとえば、栄養の問題が大きければ、フラワーエッセンスはあまり効果がないかもしれませんし、発達障害の諸症状の改善は、生活習慣の改善を含めて多岐にわたって取り組むことが必要です。ADHDのある人は、毎日飲み続けることができない場合があるので、携帯のリマインダーを活用するなどの工夫も必要かもしれません。

また、発達障害の場合は、長期にわたって繰り返し摂取することも必要になります。実は、私自身、当事者なので、「フラワーエッセンス、効きます!」みたいなことを安易に言いたくないんですね。当事者の大変さや藁にもすがりたいような気持もわかりますし、試して何の効果もなかったときの落胆もわかるからです。実際、フラワーエッセンスの効果というのは数値で測れるものではなく、主観でしかないですし、「効くこともあれば効かないこともある」と言うしかありません。

それでも、これまでフラワーエッセンスに助けられてきたことも多々ありました。私が診断(15年ほど前)がつくほどの発達障害がありながら、これまで薬物療法を受けずに済んできたのは、こまめにフラワーエッセンスで感情ケアをしてきたから、というのも理由のひとつだと思っています。もちろん、フラワーエッセンスを一度摂っただけで問題がすべてなくなってしまうわけではないので、一時しのぎに過ぎないと言われればそれまでかもしれないけれど、一時的にでもしのぐっていうのは大切なんです。とにかく泥沼から一歩踏み出して前に進むというのが。

セッションでフラワーエッセンスも使っているのだから、もっと「フラワーエッセンスですべて解決!」的なポジティブなことだけを書いた方がいいのかもしれないけれど(みんな、そういうの好きですよね)、私がやりたいのは、何か特定の手法を広めることではなくて、私のところに来てくれる人が少しでもよい人生を送れるように手助けすること。だから、栄養足りなそうだな、と感じれば、フラワーエッセンスより先に、または同時に食事の見直しをした方がいいと思っています。というか、発達障害的な問題がみられるというのは、少なからず栄養にも問題があるってことですから。

でも、フラワーエッセンスは万単位もするような高額なものではないし、ほかの療法と併用しても問題なく、副作用もなければ、好転反応もほとんどありません。小さい子どもほどよく反応するとも言われています。ダメもとで試してみる価値はあるのでは、と思います。もちろん、ほかの改善法にも取り組みながら。