こころ, フラワーエッセンス, 発達障害

f:id:Manakawase:20191129194201j:plain

前回の続きです。

引き続き、『Very late diagnosis of Asperger Syndrome』では、第三段階である「取引」を次のように説明しています。

以下、拙訳:
「取引は回避の別の方法で、たとえば『何か特定のことをすると誓ったら、私に起こっている変化を避けられるだろうか?』というように機能します。

人生の遅くに診断を受けた自閉症スペクトラム障害当事者は自閉症的傾向のある自分を認めるというパラダイムシフトに抵抗することがありますが、たとえば、次のような取引を行います。『今人生を終わりにしたら、起こっている変化を避けられるだろうか?』

人生における変容を回避できる方法としては、自殺か薬物か宗教しかないでしょう。」

自分に発達障害があるかもしれないと気づいたという青天の霹靂のような出来事に対して、目を背けたくなる人もいるかもしれません。

突き詰めてものを考えるのが苦手なタイプの人やうすうす感じていたけれど、なんとなく誤魔化してきた人は引き続き、手近なことに目を向けることで何も気づかなかったことにしようとする場合もあるかもしれません。

自分の中の発達障害らしきものに向き合って、解決策を見出していくのは大きなエネルギーのいることです。めんどくさいと感じるのももっともなこと。

実際には、問題となっている発達障害的特性についてきちんと対処法を見つけることで人生はよくなっていくんですけど、発達障害を「マイナス面」しかないと考えて「プラス面」もあることに気づかずに「個性」として片づけてしまった場合、自分の問題は人生の普遍的な問題と考えてその解決策を宗教に見出してしまうこともあるでしょう。

宗教が扱っている人生の普遍的な問題はもちろん発達障害者にもあるんですが、それは発達障害から起こる問題とは別物なのでいっしょくたにすると解決可能な問題も解決しなくなります。

この段階に使えるフラワーエッセンスは何だろうと考えたところ、ブッシュフラワーエッセンスではケイポック・ブッシュが使えるかなと思いました。

オーストラリアンブッシュ/シングルエッセンス[ケイポックブッシュ]

オーストラリアンブッシュ/シングルエッセンス[ケイポックブッシュ]

このエッセンスは、人生の挑戦に前向きに取り組めるように助けてくれます。病気に対して運命だとあきらめてしまうような場合にも何が何でも治ってやるというような気力を出させてくれます。この花は黄色ですが、黄色は知性を表します。感情的になって投げやりになるのではなく、どうやったら乗り越えられるのかと知性が働くようにしてくれるのですね。

自殺念慮が出てくるようであれば、とにかく誰かに相談を、とかクリニックにかかったほうがいい、というのが本来ですが、そもそも自閉症の傾向が強いと、人に相談するというのはあまりできない(というか頭にない)ことが多いんじゃないかと思います。そんなときには、突き詰めて考えすぎると逆効果になるので一時しのぎ的に気晴らしをするのがいいと思います。ただし、お酒はあまりおススメしませんが。

第一段階で紹介したエマージェンシー・エッセンスも使えますし、タッピングも手軽でいいです。タッピングという手法についてはこちらを。

それで自分を建て直したら、また問題に取り組んだらいいんじゃないかと。

新月の1枚とブッシュフラワーエッセンス

今日は新月です。新月は浄化のときで、物事を新しく始めるにはよい時期とされています。気持ちを新たに、トートタロットからのメッセージを受け取って、人生に新しい風を吹かせましょう。

11月27日の新月のカードは、「ワンドの9」です。

今日は射手座で新月になりましたが、このカードの対応も奇遇にも射手座の月です。

射手座の矢はどこに向かって飛んでいくのか。進むべき方向をはっきりさせましょう。ワンドの9は、カバラでは「イェソド(基礎、土台)」に対応します。あなたが理想とするもの、夢として抱いているものは何でしょう。ビジョンをしっかり描いて、実現に向けて基礎固めをすることです。

何をしたいのかわからない、方向性が見つからない人におススメのオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがシルバー・プリンセス。

何かを始めるときには、「なんとなく」という感じで漠然としていると一歩を踏み出せず、時間は過ぎていってしまいます。「これだ」という確信がある程度必要です。このエッセンスは、明確な目標や方向性を見出すのを助けてくれます。

この1年、射手座に入っていた木星も、もうすぐ山羊座に移動します。山羊座は現実的な星座。木星の力を借りて、今のうちに目標をしっかり定めて理想を社会の中で形にしていきましょう。山羊座にはすでに土星と冥王星も入っています。強力な土星と冥王星の力も加われば、大きな目標を実現するのも夢ではありませんよ。

こころ

人間関係にもアップデートが必要だと思う今日この頃です。

アップデートといっても、要らない人間関係からは離れましょうとかそういう話ではありません(もちろん、それが必要なこともありますが)。

人との関係の中でのアップデート、つまり、相手はこういう人だというイメージや思い込みのアップデートのことです。

人は誰でも変わるものです。しばらく会っていない相手であれば、久しぶりに会ったときに、変わったなと感じることもあります。そもそも、それほど相手のことをよく知っていたのかというと、それも怪しいことがほとんどです。自分の都合のいいように、相手の一面しか見ていないこともあります。しばらく付き合っていくうちに、違った面が見えてきます。

これはずっと一緒にいる相手、家族やパートナーであっても同じです。かえって、近しい人ほど「この人はこういう人」「長く一緒にいるからわかっている」という思い込みが強くなります。

でも、そんな近しい相手にだって、自分とは別の人間関係があるのです。その中で自分の知らないところで変化していきます。

なので、そうした変化に合わせて、自分の中の相手のイメージをアップデートしていくことが大切なのではないかと思うのです。これがお互いにできないと、何だか噛み合わなくなってきます。すでに私は変わっているのに、相手は今の私を通り越して、いまだに昔の私でも見ているかのような、そんな気分にさせられます。

親が子どもをいつまでも子ども扱いするのも、このアップデートができていないからです。その逆もまたしかりで、親は子ども時代の頃とは違って、いつまでも頼もしい存在(元々そうではない場合も多いけれど)であるわけではないのです。

このアップデートは一方だけではなくて、両者がそれぞれ行うことが大切です。いい人間関係が今後も続くかどうかは、「お互いに」きちんとアップデートができているかどうかも一因となるのかもしれません。

こころ, フラワーエッセンス, 発達障害

f:id:Manakawase:20191121224005j:plain

少し前に、壮年期の発達障害の診断はアイデンティティの危機を伴うことがあると書きました。

今回は、第二段階の「怒り」についてです。

『壮年期のアスペルガー症候群』では次のように説明されています。

「第二段階は怒りです。そのため、多くの人たちに対して、たとえば、嫌がらせを受けたことについて家族や雇用主に怒りを感じたり、単に自分が自閉症スペクトラム障害であることに怒りを感じたりするのはよくあることです。
ジェン・バーチは、少しのあいだ怒りを感じたことを次のように認めています。
『少し後になって忍び寄ってきたのは、自分の自閉症スペクトラム障害を理解したときには43という歳になっていたことや、本当の問題が何なのかを偶然発見する以前に心理的な辱めを受けたりしたことに対する怒りでした。』」

確かに、診断が遅くなるほど対処が遅れて不利益を被るわけなので、怒りも大きくなるかもしれません。 「なんでこんな大事なこと、今まで誰も教えてくれなかったの!?」なんて、無性に腹が立ったりもします。とはいえ、誰も知らなかったのだから、誰に腹を立ててもしゃーないんですが。

とはいえ、誰も知らなかったのだから、誰に腹を立ててもしゃーないんですが。

それから、診断過程では当然、生育歴も訊かれます。その際に過去のあれやこれやを思い出しては、怒りが湧いてきたり、涙が出たりするんですよね。いわゆるフラッシュバックです。

でも、この段階にもいつまでもいるわけにもいきません。

フラワーエッセンスでこの時期を乗り越えようということであれば、使えるエッセンスはいくつかあります。私は経験上、ポピュラーなバッチレメディーよりもオーストラリアのブッシュフラワーエッセンスの方が強力に効くと感じるのでブッシュエッセンスをよく使います。

まずは、怒りにはダガーハキア。特に、身近な人たちに対する恨みつらみがある場合に有効です。どちらかというと、そうした感情をあまり表に出さずに内にこめてしまうようなタイプの人向きです。

オーストラリアンブッシュフラワー ダガーハキア

オーストラリアンブッシュフラワー ダガーハキア

このエッセンスは、2週間摂った後に行うゆるしのワークがあるのですが、これがなかなか強力です。

邪魔の入らない静かなところで独りになって目を閉じ、深呼吸してゆったりとした状態になります。

それから自分が恨みを感じている人たちの姿が目の前に現れるように願います。1回に一人ずつ、相手の姿が見えたり、存在が感じられたりしたら、自分と相手のおへそからそれぞれコードが出ているのを想像し、それを結びます。

相手の名前を呼び、「私があなたを恨んでいるのは~に対してです」と相手に対して恨みや憤りを感じていることをすべて言います。

全部言い終わったら、相手の名前を呼び、「私があなたに対して抱いている恨みを私は開放します。私はあなたを愛しており、あなたを許します」と言って、「許します」というときに、自分の手でハサミをつくり、想像上のコードを切ります。

このプロセスを2回繰り返し、終了したら、今度は相手が自分に対して恨んでいると思われることを言います。同様にして2回繰り返します。

詳細は、この本に載っています。

オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス

オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンス

1人について行うだけでもかなり時間がかかるのですが、実際やってみると、相手にも言い分があったのだということがよくわかります。以前、知り合いに試してもらったところ、それまで身体が重く感じられて動くのもやっとだったのに、ワークの後で嘘みたいに身体が軽くなったそうです。

もうひとつのエッセンスは、マウンテン・デビル。ダガーハキアが怒りや恨みをあまり表に出さない人向けであるのに対し、マウンテン・デビルは身近な人だけでなく、世の中全体を憎む傾向があって、口を開けば他人を批判しがちな人向けです。嫉妬心が強い場合にも有効です。

オーストラリアンブッシュフラワー マウンテンデビル

オーストラリアンブッシュフラワー マウンテンデビル

そのほかには、サザン・クロスも役立ちます。このエッセンスは、被害者意識や不満が強い場合に使えます。たとえば、「今頃になって発達障害の診断を受けるだなんて人生って何て不公平なんだ」とか、「人生は苦労の連続だ」などと感じている場合です。サザン・クロスはそうした人が前向きに人生に取り組めるように促してくれます。

オーストラリアンブッシュフラワー サザンクロス

オーストラリアンブッシュフラワー サザンクロス

下弦の月の1枚とフラワーエッセンス

今日は下弦の月です。新月に向かってひとつのサイクルが終わろうとしています。トートタロットからのメッセージを受け取って、新たなサイクルに向けて準備しましょう。

11月20日の下弦の月のカードは、「#18 The Moon」です。

偶然にもこのカードに描かれている月も、今日と同じく新月に向かう、欠けてゆく月を表しています。

長い人生ではたびたび岐路に立たされることがあります。ちょうどこのカードのように。変化の前には大きな不安を感じます。自分の中に、外に出たがっている大きな可能性があるのを感じつつも、目の前は暗く、手探り状態。門を越えて新しい世界に出ようにも、それが上手くいくのかどうかもわかりません。

そんな危険を冒さなくても、なんとなく今までの通りに生きていくこともできます。でも、それを選べば、あなたの中に眠っている可能性は日の目を見ることはないでしょう。

心の底に降りていくと、そこにはいろいろなものが渦巻いていて、自分では手に負えないような、激しい感情にも出くわします。そんなときに助けになってくれるのが、オーストラリア・ブッシュフラワーエッセンスのドッグ・ローズ・オブ・ザ・ワイルド・フォーシズ。

このエッセンスは、嵐のような激しい感情に流されてしまいそうな恐怖に落ち着いて対処できるようにしてくれます。

怖いけれども一歩進むこと。

夜明け前がいちばん暗いのです。

満月の1枚とブッシュフラワーエッセンス

今日は満月です。関東は天気がよく、満月もきれいに見えそうです。トートタロットからのメッセージを受け取って、新たな一歩を踏み出しましょう。

11月12日の1枚は、「#12 The Hanged Man」です。

生きていれば行き詰まることは多々あります。ちょうどこのカードの人物のように、宙づりになって身動きがとれない状態です。人生は上手くいくことばかりではありません。ジタバタせずに、いったん立ち止まって、思考パターンが凝り固まっていないか、自分を見つめ直してみましょう。

宙づりになると世界は逆さまに見えます。そんなふうに視点を変えてみると、違ったものが見えてくるはずです。自分の中に眠っている可能性にも気づくかもしれません。

にっちもさっちもいかない状態でいちばんよくないのは、被害者意識に陥ること。人生は苦労の連続、世の中は不公平、などと思ってしまうと、いつまでたっても泥沼から抜けられません。

不平ばかりが口から出てしまう、そんなときに役立つのがオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのサザン・クロス。

このエッセンスは、自分の人生が上手くいかないことを他人や世の中のせいにして恨みを募らせがちな人が、自分の人生に責任をもてるようにしてくれます。そうした人がサザン・クロスのエッセンスでバランスが取れるようになると、苦労を味わった分、他人のつらさも理解でき、思いやりがもてるようになります。また、大変な時期の真っただ中にいる人に違った視点を与えることができるようになります。

後から振り返ると、上手くいかなかったこと、恵まれなかったことが功を奏したということが人生には少なからずあります。恵まれた環境にあればそれに甘えてしまうけれど、そうでなければ必死に努力をするはずです。持っているものが少ないのなら、失うものも少ないのだと気楽にかまえれば、フットワークも軽くなります。

結局のところ、自分の人生の責任は自分にしかとれません。上手くいかなかったこと、恵まれなかったことが恩寵だったと後から思えるかどうかはすべて、あなたが現状をどうとらえて、どうしていくのかにかかっているのです。

からだ, ハーブ

ずいぶん寒くなってきましたね。
冬ももうすぐ。  

冬が近づいてくると、毎年エキナセアというハーブのチンキ剤を仕込みます。  
エキナセアはたくさんの品種がありますが、薬用に使われるのは「Echinacea purpurea」という品種。免疫力を高めるハーブで、風邪の予防や引き初めに飲むと免疫力を上げてくれます。お茶でも十分なのですが、チンキ剤を作っておくと、お茶を飲みたい気分じゃなくても、少量の白湯に入れてサッと飲むことができます。チンキ剤は1年もつので便利。  

チンキ剤の作り方は簡単で、煮沸したビンにエキナセアの乾燥ハーブ4gを入れてウォッカかホワイトリカーを100mL注ぐだけです。
これで2週間から4週間、冷暗所に置いておきます。
4週間より長く浸けすぎると逆に効果が薄れるらしいので、忘れないようにスケジュール帳などに書き込んでおくといいでしょう。 濾すときにはコーヒーフィルターを使うと、そのままパッと捨てられるので楽です。

このチンキ剤を連続的に摂っていいのは最長8週間だそうです。
そのほかの注意点としては、エキナセアはキク科のハーブなので、キク科アレルギー(ブタクサなど)のある人は、製品に花粉が入っている場合は反応するかもしれないので要注意です。  

私はこのチンキ剤を飲み始めて3年ほど、風邪らしい風邪を引いていません。風邪を引いたかな、と思ったら、ローズヒップと生姜のお茶にエキナセアのチンキを入れてしばらく飲むと治ってしまいます。ローズヒップのビタミンC含有量はレモンの20倍から40倍。それと、お風呂にはティーツリーのバスソルト。ティーツリーには抗ウイルス作用があり、白血球も活性化してくれます。  

エキナセアはほんのちょっとスパイシーな風味があるので、スープに入れてもよさそうです。同じく免疫アップのマイタケを入れたスープも美味しそう。

 風邪薬のお世話にならないように、ハーブの力を活かして元気に冬を過ごしましょう。  

こころ, フラワーエッセンス, 発達障害

少し前に、壮年期の発達障害の診断はアイデンティティの危機を伴うことがあると書きました。

発達障害の診断とアイデンティティ

診断前後の心理的な過程の第一段階は、否認です。

『壮年期のアスペルガー症候群』では、新たなアイデンティティを受け入れる過程の第一段階を次のように説明しています。

ガイド 壮年期のアスペルガー症候群:大人になってからの診断は人生をどう変えるか

ガイド 壮年期のアスペルガー症候群:大人になってからの診断は人生をどう変えるか

「第一段階はショックと否認です。その情報が受け入れるにはあまりにも苦痛なため、
ダチョウが砂の中に頭を突っ込むように、それから自分自身を遠ざけます。私たちの調査では、回答者の25パーセントが自分の自閉症スペクトラム障害を否認したと認めています。

回答者の一人は、『遅れて診断を受けた場合、自分は適応できていないと強く感じるので、ある意味では怖すぎて信じられません』と言っています。そのため、キューブラー・ロス・モデルの最初の段階は、自分の状態に関する真実を受け入れることへの抵抗です。」

長年生きてきた後で、自分には実は発達障害があったと知るのは、かなりショックなことです。私の場合は自分から診断を求めていったので「やっぱり」という気持ちが強く、自分の生きづらさが努力不足のせいではないとわかってホッとした思いもありましたが、少なからずショックもあったと思います。

障害に対する偏見があったからというわけではなく、健康だと思っていたのに実は心臓に問題があることがわかった、というような感じに近かったかと思います。

それか、ずっと日本人だと思っていたのに、実は血筋は中国人だったとわかった、というような。

差し迫って何か問題が起こるわけではなく、診断の前後で私自身には何の違いもないはずのに、意識は完全に違ってしまったという矛盾。要は、やはりアイデンティティの問題なんですね。バカバカしいけど、やっぱりそれに振り回されちゃうわけです。

この第一段階、フラワーエッセンスで多少なりとも切り抜けるとすると、使えるのはやっぱり、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスでいえばエマージェンシー・エッセンス。バッチフラワーエッセンスでいえば、レスキューレメディですね。

オーストラリアンブッシュ エマージェンシー 30ml コンビネーション フラワーエッセンス 日本国内正規品

オーストラリアンブッシュ エマージェンシー 30ml コンビネーション フラワーエッセンス 日本国内正規品

バッチフラワーレメディ レスキュー 10ml

バッチフラワーレメディ レスキュー 10ml

このエッセンスは、診断過程でなくても、普段動揺しやすい人は持ち歩くといいですよ。

そのほかに、あまりにショックだと、感情を切り離してしまうことがありますが、ブルーベルのエッセンスは、自分の感情とつながったままでいられるようにしてくれます。

オーストラリアンブッシュフラワー ブルーベル

オーストラリアンブッシュフラワー ブルーベル

そして、どんな状況でも、ショックを受けたときはとにかくよく寝ることが大事。

上弦の月の1枚とブッシュフラワーエッセンス

今日は上弦の月です。満月に向かってエネルギーも満ちていきます。トートタロットからのメッセージを受け取って、満月に向けてパワーアップしましょう。
 
11月4日の上弦の月のカードは「ディスクのプリンセス」です。  

ディスクのプリンセスはお腹に生命を宿しています。このカードの対応は春ですが、そろそろ冬がやってきます。春に向けて、冬の静かな時間、あなたの中に宿っている何かを大切に育みましょう。自分の中の可能性を形にすること、それは創造にほかなりません。    

創造性を高めてくれるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスといえば、以前にもご紹介したターキー・ブッシュ。  

大人になるにつれ、子どものころのように自由に表現できなくなることがほとんどです。学校では美術や音楽にも点数がつけられ、コンテストでは優劣がつけられます。いつの間にか他人の目から見て「上手い」かどうかを気にするようになってしまいます。

ターキー・ブッシュは、そうして押しつぶされた創造力を再び発揮できるように助けてくれるエッセンスです。自分が独自の表現力をもっていることを認めることができるようになります。    

ターキー・ブッシュのつぼみは、まるで筆先のよう。この冬、暖かい部屋の中でじっくりと絵を描いてみるのもいいかもしれませんよ。

 

発達障害

最近またNHKで発達障害関連の番組が連日放送されていますね。

私自身も実は、十数年前に30代半ばでアスペルガー症候群(現在でいう、自閉スペクトラム症)の診断を受けています。実際には、発達障害の症状は改善するし、現在の診断基準では、診断はつかないかもしれませんが、その特性は今でも多かれ少なかれ残っていると思います。でも、これまで栄養療法を含め、さまざまなことを試行錯誤してきた結果、生きづらさはずいぶん減りました。

発達障害が周知されるのはいいことですが、理解を求めるのがほとんどで、当事者の身体面のつらさに焦点が当たることはあまりありません。これが改善されれば、生きづらさは大幅に減るのですが。

私は現在、食事にかなり気を使っています。グルテンやカゼインはなるべく避けるようにしているのはもちろん、血糖値が急激に上がらないように食事を工夫することも必要です。

私に発達障害があることを知らない人から見れば(だいたい、話してもまずわかってもらえないので、話すことはほとんどありませんが)、変にストイックでつまらない人間に思えるかもしれないけれど、私自身にとっては、ケーキの食べ放題より、頭が霧がかったようにボーっとせず、情緒が安定している方がずっといい。そう、発達障害者の情緒の不安定さや頭の働かなさや身体のだるさは、栄養の過不足を調整することで改善ができるのです。

実際、分子栄養学の分野では、発達障害者ではメチレーションと呼ばれる回路が適切に回っていなくて、解毒や生理活性物質の産生に問題があることが多いと言われています。いくつかの遺伝子の変異と関係があることもわかってきています。その遺伝子変異が症状として現れるかどうか(つまり、スイッチがオンになるかどうか)は、環境的因子(有害金属など)と感染性因子(真菌など)が関与しているのだそうです。

このあたりのことは、もちろんテレビでは報道されることはないし、遺伝子検査にしても、栄養療法にしても、高額で誰にでも手の届くものではありませんが、日頃の食生活で気をつけられることはたくさんあります。だいたい、いくら世間に理解があって職にありつけたとしても、週5日仕事に通える気力・体力がなければどうしようもないのです。

そうしたことを踏まえると、「障害は個性」という言葉を聞くと、ちょっとモヤっとするんです。確かに、明らかに発達障害的な特性がありながら、社会で活躍して幸せそうにやっている人は少なからずいます。そうした人は「個性」でもいいかもしれません。でも、それは、理解ある環境に恵まれたからではないでしょうか。必ずしも、皆が皆、そうではないはずです。

たとえば、足に障害がある人は、車いすに乗ったり、義足をつけたりします。「個性」で片づけたりなんかしませんよね。眼が悪ければ眼鏡をかけるし、心臓が悪ければ、ペースメーカーを入れたりもします。そうなると、「発達障害は個性」というのは、きれいごとを言って片づけているにすぎないような気もするのです。多くの発達障害者にあると言われる感覚過敏だって、あるよりないほうがいいに決まってます。「個性でいいじゃないの」と言う定型発達者が家族をもち、やりがいのある仕事をし、充実した人生を送っているように、発達障害者だって、できることならそうした人生を送りたいのです。

ある学習障害当事者が「障害が個性なのではなく、障害にどう立ち向かうかが個性だ」というようなことを言っていましたが、そのとおりだと思います。発達障害は、個性ではなく、対処すべきものです。適切に対処した結果、残るものが本当の個性なのでは、とも思います。