フラワーエッセンス

私がフラワーエッセンスに出会ったのは、もう十年以上前のことです。

当時私はまだインドと日本を行ったり来たりしていて、現地の古典音楽を習っていました。始めたのは、それよりもさらに前。最初の師匠が急逝してしまい、その数年後、どうしても習いたい、と思えた奏者に教えてもらうことができたのです。喜びも束の間、とあるきっかけから、どんどん関係が悪くなり、ついには教えてもらえなくなってしまいました。ヒビが入ったが最後、何を言おうと、何をしようと、すべて悪い方に取られてしまう。ある朝、日本で最後のメールを受け取りました。

その日は新しい職場に初出勤する日でした。涙をこらえて、必死で新しい仕事を覚えようと奮闘していたのを覚えいています。

その頃、私は子宮内膜症の治療のために、ホメオパシーの治療を受けていました。そのときに、その出来事についても話したところ、ホメオパシーのレメディとは別に、心の傷に向けて、オーストラリアのブッシュフラワーエッセンスを出してくれたのです。レッド・スーヴァ・フランジパーニというエッセンスでした。私はまだバッチフラワーエッセンスについても知らず、いったい何、これは?と思いましたが、言われるままに、朝晩2回、7滴ずつ摂ることにしました。

普通だったら、そんなことがあれば、いつまでもいつまでも尾を引くのです。ところが、そのエッセンスを摂り続けていたら、いつの間にか心は軽くなっていました。もちろん、その後もたびたび思い出してはつらくなりましたが、生活に支障をきたすほどではありません。

レッド・スーヴァ・フランジパーニのエッセンスは、そんなふうに、まるで杖のようにそっと私に寄り添って、人生を歩み続けるのを助けてくれたのです。それが、私がフラワーエッセンスに興味をもったきっかけでした。


レッド・スーヴァ・フランジパーニは、人間関係が終わったときや終わりに差しかかったときの激しい葛藤や感情的混乱に用いることができます。愛する人が亡くなった直後にも、エマージェンシーエッセンスと併せて使うことができます。自殺願望が出てきたようなときは、レッド・スーヴァ・フランジパーニよりも、エマージェンシーにも入っているワラタの方が合っています。

オーストラリアンブッシュフラワー レッドスヴァフランジパニ
3,564円Amazon

さて、十数年ぶりに、レッド・スーヴァのお世話になることになりました。今回も、よき杖となってくれますように。

新月のメッセージ

さて、また新月がめぐってきました。星の配置はまだ山羊座が強調されていますが、
今日は水瓶座での新月。周りに同調するだけじゃなくて、独自の考えをもってみましょう。それが社会の改革への小さな一歩となるかもしれませんよ。

1月25日の新月のトートタロットの1枚は、「#10 Fourtune」です。

チャンスは誰でも欲しいもの。でも実際にめぐってきたら、あなたはそれをしっかりとつかめるでしょうか。受け取ることが上手くない人は意外と多いものです。人生を変えるような大きなチャンスが近いうちに来るとして、それを逃さないようにするために、今のうちから受け取る練習をしておきましょう。どんな小さなことでもいいのです。誰かのちょっとした嬉しいひと言、お年玉年賀はがきで当たった切手シート。なんだ、そんなものか、と思わずに、しっかりと喜びましょう。受け取る力をつけるのも、ひとつひとつの積み重ねです。日々、小さな恩恵に気づけるようになるといいですよね。

そのためにおススメなのが、ブッシュフラワーエッセンスのクリスマスベル。

このエッセンスは、特に、物質面での豊かさを感じさせてくれます。宝くじが当たる、なんて話も。そして、受け取ることにオープンになれるように助けてくれるのです。

物質面が安定してこそ、精神的にも安定します。欠乏感のある人はぜひお試しを。

からだ, こころ, タロット, 栄養療法

先週末は代々木公園でアースガーデンというイベントに参加してタロットリーディングをしてきました。土曜日は天気が悪くて人が少なかったようですが、私が出た日曜日は天気もよくて、たくさんの人が来てくださいました。お越しいただいた方、ありがとうございます。

私がリーディングをさせていただいたのは13人でした。毎回、何かしら似たような傾向がある人が来ることが多いのですが、今回は、癒しフェアのときと同じく、今の仕事は辞めたいのだけれど、やりたいことが見つからないというお悩みが多かったように思います。タロットでみても、転職時期に来てるのかなと思えるのだけれど、ご本人としては特に何もやりたいことはないのだそうです。数秘術やホロスコープで向いている職業をお伝えしても動きそうな感じはしません。

イベントでは短い時間でタロットリーディングのみをやるので、あまり長くお話はできないんですが、そういう人たちは、単にやりたいことが見つからないというよりも、意欲がなくて見つけられないといった印象を受けることもあります。それで思うのは、ひょっとしたら栄養状態が悪くて意欲が低下しているんじゃないかってことです。

栄養状態が悪いなんて、戦後じゃあるまいし、と思うかもしれませんが、新型栄養失調というのは今大きな話題になっています。偏った食事によって栄養素が不足していたり、一見ヘルシーな食事(野菜が多ければヘルシーだと思っている人は多いはず)でもタンパク質不足でセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質が少なくなっている人もいるかもしれません。そうした神経伝達物質を作るには、ビタミンやミネラルも補酵素として欠かせないのです。そうであれば、意欲が低下して、現状もイヤだけれど、新しいことを始めるエネルギーもないのも無理はないように思うのです。

先日観た分子栄養学の講座の動画で、意欲あってバリバリ仕事をこなし、プライベートも充実しているはずなのに幸せ感が薄い、という男性の症例が紹介されていました。血液検査や遺伝子検査から判断すると、セロトニンやGABAが少なくなっていたようで、必要な栄養素を補充したらよくなった、という話でした。

こんな風に、人によって必要な栄養素は違うので、病気ではなくても、栄養素の過不足が「感じ方」にも影響することが少なくありません。もちろん、栄養がすべてではありませんが、決して軽視してはいけないものです。

Naadでは各種検査はできませんが、日頃の生活のヒントになるように、栄養や生活習慣と身体やこころの状態との関連についてもお話しています。気になる方は、ぜひお越しください。

下弦の月のメッセージ

今日は天秤座で上弦の月を迎えます。この月は天王星と太陽とTスクエアを形成。水星も太陽のすぐ近くにあります。カッとなって夫婦で口喧嘩が始まる、なんてことにならないように気をつけてくださいね。

さて、下弦の月のトートタロットの1枚は、「カップの7」です。

新年が始まって、早くも半月が経ちました。年始に立てた抱負はどうなっていますか?と訊かれたら、「(^^;)」という人も多いんじゃないでしょうかね。

早くもなし崩しになって、この「カップの7」のように、ダラダラになってしまっていないでしょうか。

どうしていつも、そんなことになってしまうんでしょうか。それは人生の大きな目標がないからです。だから、自分を甘やかして何となく過ごしてしまいます。

この機会に、人生の目標を見つけてみましょう。大きな山の頂上に上ることを目指すとすれば、少しずつでも歩みを進めなければ人生の最後までに間に合いません。大きな目標が見えれば、それに向けて小さな目標を立ててコツコツやっていくだけです。ダラダラしている暇はありません。

大きな目標って言ってもこれといってないし、どの方向を目指したらいいのかわからない、という人にピッタリなのが、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのシルバー・プリンセス。

このエッセンスは、そうした人が人生の目標や方向性を見つけるのを助けてくれます。また、人生の岐路に立っていて、どちらの方向に進めばいいのかわからないときにも役立ちます。

1年はあっという間です。何をしても、しなくても、時は過ぎていきます。少しずつでも歩みを進めれば、10年後には状況は大きく変わっているでしょう。まずは、3年後にどうなっていたいのか、ビジョンをはっきりさせてみませんか。

からだ, ハーブ

先日、メディカルハーブの学術フォーラムがあったので、遊びを兼ねて関西に行ってきました。去年東京でもやったセミナーなのだけれど、都合悪くて参加できなかったので、この機会に。

内容はだいぶ高度でしたが、勉強している分子栄養学にも通ずるところがあったので、とても勉強になりました。

私が特に興味があったのは、食品・ハーブと医薬品の相互作用。相互作用についてはメディカルハーブの講座でも多少習うのですが、今回のセミナーではかなり細かい資料が配られました。

ハーブというと、自然のものだから安全だと思っている人も多いと思います。私もまったく知識がなかった頃はそう考えていましたが、勉強を進めるにつれて、結局は化学物質なのだから、薬にもなれば毒にもなるというのがよくわかってきました。実際、自然の植物から単離された物質が基となっている薬剤も多いのですから。アスピリンは合成薬ですが、基になったサリチル酸がセイヨウナツユキソウから単離されたことはよく知られています。

そういうわけで、薬に飲み合わせがあるように、ハーブと医薬品にも気をつけなければならない飲み合わせがあります。よく知られているところでは、グレープフルーツジュースは小腸粘膜の薬物代謝酵素の働きを阻害するため、ニフェジピンなどの降圧薬の作用が強く出すぎるとか、セントジョンズワートは逆に、肝臓の薬物代謝酵素の働きを高めるので一部の薬剤の効果が弱くなってしまうとか。セントジョンズワートは薬物を排出するP-糖タンパク質も誘導します

このセントジョーンズワートとの相互作用がある薬剤というのは、授業では6種類(インジナビル、シクロスポリン、ワルファリン、ジゴキシン、テオフィリン、経口避妊薬)と習ったんですが、今回の講座の資料には、こんなにあるの、ってくらい多くの薬剤名が載っていました。ちょっと鬱っぽいけど、薬を飲むほどではないから、セントジョーンズワートならハーブだから安心で手軽、と思いそうですが、何らかの薬を服用している場合は注意が必要かもしれません。気になる方は、データベースで調べてみるといでしょう。

今回初めて聞いた話でおやっと思ったのは、ローズヒップにはサンチンオキシダーゼ阻害による尿酸産生抑制作用があるということでした。つまりは、痛風にいいのですね。私は尿酸値がだいぶ低いのですが、ローズヒップをやたらと飲んでいる(ビタミンC目的)せいもあるのでしょうかね。尿酸には抗酸化作用もあるそうなので、あまり低いのもよくないのだと思いますが。でも、ローズヒップには抗酸化作用があるので相殺されるかな?これについての論文の抄録がありました(このPDFのいちばん最後)。

あと、面白かったのが、遺伝子多型とハーブ-医薬品相互作用。遺伝子多型というのは、人口の1%以上にみられる遺伝子の変異のことです。分子栄養学を勉強していると代謝酵素に関連する遺伝子多型の話が出てくるので知ってはいましたが、ハーブに関しても研究が進んでいるんですね。セミナーではイチョウ葉とオメプラゾールというプロトンポンプ阻害薬との相互作用について少しお話がありました(論文の抄録はこちら)。遺伝子多型があるかないかで、効果が全然違ってきちゃうそうです。

がんの治療では遺伝子検査で調べて薬剤を選ぶということも始まっていますが、ほかの分野でも早く導入されるといいなと思います。特に、不足しやすい栄養素がわかるといいですよね。生きているうちに一度は(データは変わらないから一度やればいいので)受けてみたいなぁと思う今日この頃です。

関西ではもちろんしっかり遊んでも来ました(^_^)v

朝一の人気のない鞍馬は最高
大阪と言えば、私はこれ

満月のメッセージ

今年初の満月。蟹座での月食です。月は自らが支配する蟹座に入って本領発揮、ですが、向かいの山羊座には太陽、水星、木星、土星、冥王星と5つも天体が入っていて、月は太陽、水星、土星、冥王星と180度のオポジションという、緊張した配置です。アットホームな雰囲気を求めたくなりますが、ほどほどにした方がよさそうです。

そんな1月11日の満月のトートタロットの1枚は「ソードの2」。

あまり人とベタベタしすぎると、感情的に傷つくこともあります。どんなに親しくても、人との距離をある程度保つことが大切です。そのためには対等でいること。自分に自信がないと、相手の顔色をうかがいすぎたり、人から拒絶されることを怖れて、ノーと言えなくなったりします。

そんな風に、人からの拒絶を怖れて他者依存になりがちなタイプに人にいいブッシュフラワーエッセンスがイラワラ・フレーム・ツリー。

このエッセンスはそうした人がいい意味で自我を強め、人の反応を気にせずに自信をもって自分の人生の務めを果たすべく行動できるようにしてくれます。

今日は逆行していた天王星が順行になり、10天体すべてが順行になりました。この機会にこれまで躊躇していたことをやってみては?

イベント, お知らせ

今年もまたアースガーデンに「タロット王国」のみんなで参加します。災害復興支援チャリティで、売上げの一部が寄付されます。フラワーエッセンスなどはお出しできなくて、純粋に占いのみですが、今年の運勢など知りたい方はぜひどうぞ。

冬の参加は今年で3回目。寒いけれど、天気がいいと野外はとっても気持ちがいいです。家にこもりがちな冬。たまには野外イベントもいいですよ。

私はこのイベントはとても好きなのです。必ずしも占い好きの人が来るわけではなく、単なる通りすがりの人も多くて、タロットは初めてという方も結構いらっしゃいます。みなさん「なんとなく気が向いて」という感じなんですが、カードを開いてみるとそれぞれ悩みがあって、真剣に生きているのが垣間見えたりもします。たったの15分や20分という短い時間で、人生のこんがらがった糸をほぐすお手伝いができるのは嬉しいのです。話をするだけのカウンセリングでは15分でここまでの話は出てこないよねというような話が出てきちゃうのが、タロットのすごいところだなと毎回思います。お祭りのどさくさに紛れて普段誰にも言えないことを吐露しちゃおうという気分にもなるのかもしれませんね。

日程は18、19日です。私は18日は17時まで、19日は13時から。チャリティなのでお安くなっています(1件15分1000円からだと思います。変更になったらごめんなさい)。この機会にぜひお越しください。→私は19日のみ朝からの参加に変更となりました。

上弦の月のメッセージ

今年も引き続き、月に4回はこうしてカードを引いていこうと思います。

さて、今年の1回目。今日は上弦の月です。牡羊座での上弦ということで、1年のスタートっぽくていいですね。

1月3日の上弦の月のトートタロットの1枚は、「ディスクのクイーン」です。

どっしり構えて、今まで通り着実に物事を進めましょう。昨日も書きましたが、今は山羊座の力が強い時期。地道に一歩一歩進んでいくことが大切です。誤魔化したり、ズルしたりしちゃいけません。そうすれば、ディスクのクイーンのように、堂々として落ち着いていられるのです。

そして、魂の宿る神殿としての身体を大切にすること。お正月に食べ過ぎて調子が悪くなった人もいるかと思います。栄養の偏りは心身ともにバランスを崩します。必要な栄養素を知って、自分の健康は自分で守りましょう。

私自身、昔から身体が弱かったので、健康には人一倍気を遣ってきました。今でも分子栄養学をはじめ、いろいろ勉強しています。ただ、健康オタク的になってくると、逆に気をつけなきゃいけないのは、健康を気にしすぎること。

過ぎたるは及ばざるが如し、で、健康への気遣いが行き過ぎると、「調子が悪いのはさっき食べたあれがよくないのかも」とか、「これを食べたら具合が悪くなるのでは」なんていう風に、四六時中、身体のことばかり気にしてしまいます。病気を怖れて考えすぎることで、逆に病気を作り出してしまうということもあるのです。

そんな場合には、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのピーチフラワード・ティートリーがピッタリ。

オーストラリアンブッシュ/シングルエッセンス[ピーチフラワードティーツリー]

オーストラリアンブッシュ/シングルエッセンス[ピーチフラワードティーツリー]

このエッセンスは、健康を心配しすぎる人が適度に健康に気を配れるようにしてくれます。また、気分屋で飽きっぽく、物事を完遂できない人にも適しています。「ディスクのクイーン」の要素が欠けている人にはピッタリのエッセンスですね。



占星術

新しい年が始まりました。今日は初詣へ。大きな神社に行って並ぶのはイヤなので(並ぶのは歌舞伎座の幕見席くらい)、秩父のこじんまりした神社に毎年行っています。

さて、新年と言えば、新年の抱負を立てる人も多いと思います。でも、三日坊主で終わったり、立てたことすら忘れちゃったりしがちです。

去年は、占星学的には木星が射手座に入っていた1年だったので、大きな志をもったり目標を立てたりするのはよかったのですが、12月から木星は山羊座に入りました。山羊座は射手座と違って現実的な星座。理想を掲げているだけではダメなのです。地道にコツコツやることが目標達成につながります。

で、じゃあ実際にやろうと言っても、結局はやらなくなっちゃったりするもの。では、どうしたらいいんでしょうか。

目標を立てるのなら、しないことも一緒に決めること。目標達成につながらないような、どうでもいいことに多くの時間を費やしてしまって、目標につながる行動をする時間がなくなる、というのは結構あります。無駄にネットやテレビを観て時間を過ごしてしまったり。

目標達成のために何かをする時間をつくるのなら、その分どこかから時間を捻出しなきゃいけない。そのためには、「しないこと」を明確にする必要があります。

そうそう、山羊座には今、支配星である土星も入っています。時間管理が目標実現には重要なのですね。