占星術

新しい年が始まりました。今日は初詣へ。大きな神社に行って並ぶのはイヤなので(並ぶのは歌舞伎座の幕見席くらい)、秩父のこじんまりした神社に毎年行っています。

さて、新年と言えば、新年の抱負を立てる人も多いと思います。でも、三日坊主で終わったり、立てたことすら忘れちゃったりしがちです。

去年は、占星学的には木星が射手座に入っていた1年だったので、大きな志をもったり目標を立てたりするのはよかったのですが、12月から木星は山羊座に入りました。山羊座は射手座と違って現実的な星座。理想を掲げているだけではダメなのです。地道にコツコツやることが目標達成につながります。

で、じゃあ実際にやろうと言っても、結局はやらなくなっちゃったりするもの。では、どうしたらいいんでしょうか。

目標を立てるのなら、しないことも一緒に決めること。目標達成につながらないような、どうでもいいことに多くの時間を費やしてしまって、目標につながる行動をする時間がなくなる、というのは結構あります。無駄にネットやテレビを観て時間を過ごしてしまったり。

目標達成のために何かをする時間をつくるのなら、その分どこかから時間を捻出しなきゃいけない。そのためには、「しないこと」を明確にする必要があります。

そうそう、山羊座には今、支配星である土星も入っています。時間管理が目標実現には重要なのですね。