こころ, タロット, ホリスティック, 占星術

日頃、さまざまな人生を垣間見させていただいていると、まさにこの人は人生の岐路に立っているんだなとタロットやホロスコープからわかることがあります。

人生を左右するような大きな選択。それを目の前にするのは怖いことに違いありません。

ちょうど山登りをしていて、自分の登る山はこれじゃなかったと気づくようなもの。

ずいぶん高くまで登ってしまっていれば、降りるのは勇気がいるし、登山仲間がいようものなら、みんな口を揃えてこう言うでしょう。「せっかくここまで来たのに。あの山を登るのは危険だよ。自分も登りたいと思っていたけど、あきらめたんだ。怖い目に遭ったって話も聞くしね。この山なら仲間だっているんだし、一緒にがんばろうよ。」
本当に心配してくれているのかもしれないし、抑圧した昔の自分の影を見て、無意識に潰そうとしているのかもしれない。でも、そのアドバイスに従ったら、10年後には自分も同じことを口にしているでしょう。

そんなときに、違う山を登ろうと一歩を踏み出す決意をするのは、バンジージャンプをするような気分かもしれません。

バンジージャンプって、必ず背中を押してくれる人がいるそうですね。やっぱり自分ひとりじゃ、飛び降りるのは難しい。

タロットでGOサインが出たら、私が背中を押してあげます。とても光栄なお役目。

がんばれ。

Naadのセッションをご希望の方はこちらを。