からだ, 占星術


ミネラルって不足しがちです。でも、摂れば摂るほどいいかというと、そうではないのが難しいところ。過ぎたるは猶及ばざるが如しで、バランスが大切です。

たとえば、カルシウムの摂り過ぎで結石ができることもあるし、最近よく重要性が言われている鉄も、摂り過ぎればカンジダ菌のエサとなって腸内環境を悪化させます。銅と亜鉛はバランスが必要なので、どちらかが増えると、もう一方が減ります。マグネシウムは摂り過ぎるとお腹が緩くなりますが、そもそも吸収されにくい(特に、胃酸が少ない場合は)ミネラルです。

そんな難しいミネラルの匙加減を上手く調節してくれるかもしれないと最近興味を持っているのが、ティッシュソルトです。

ティッシュソルトはシュスラー塩とも呼ばれますが、19世紀にヴィルヘルム・ハインリヒ・シュスラー博士によって作られました。シュスラー博士は医師ですが、ホメオパスでもあったので、シュスラー塩もホメオパシー薬のように希釈してあります。食事で摂るミネラルの代わりになるものではなく、ホメオパシー薬のように、ちょっと刺激を与えることで、細胞の内外のミネラルバランスを整えて過不足を調整するのだそうです。

ティッシュソルトにはいくつかメーカーがありますが、AllisOneのものは、12種類のベーシックなティッシュソルトを次のように12星座に対応させています。

・牡羊座…Kali Phos(リン酸カリウム)
・牡牛座…Nat Sulph(硫酸カリウム)
・双子座…Kali Mur(塩化カリウム)
・蟹座…Calc Flour(フッ化カルシウム)
・獅子座…Mag Phos(リン酸マグネシウム)
・乙女座…Kali Sulh(硫酸カリウム)
・天秤座…Nat Phos(リン酸ナトリウム)
・蠍座…Calc Sulph(硫酸カルシウム)
・射手座…Silica(シリカ)
・山羊座…Calc Phos(リン酸カルシウム)
・水瓶座…Nat Mur(塩化ナトリウム)
・魚座…Ferr Phos(リン酸鉄)

それぞれのティッシュソルトの適応はいろいろあって、星座との対応が、なるほどと思うものもあれば、今ひとつピンとこないものもあるのですが、『シュスラー ティッシュソルトで体内ミネラルのバランスを整える』などの本を参照しながら、ホロスコープと一緒に考えるといいと思います。

星座は、必ずしも太陽星座ではなくて、オーバーロードなどの強調されている星座や、1ハウスや6ハウスがらみの星座と、実際の健康問題を併せて考えてみましょう。

私の場合、太陽・月・火星が獅子座でオーバーロード。そうすると、Mag Phos(リン酸マグネシウム)なのですが、これがピッタリ。獅子座と関連のある臓器は心臓ですが、マグネシウムが不足すると不整脈などの問題が起こることがあるので、この対応はしっくりきます。

そのほか、前述の本には、Mag Phosには自律神経をコントロールする働きもあると書いてありました。はい、自律神経、おかしくなりやすいです。ほかにも、あがり症、チョコレート中毒、無意識に起こる痙攣、月経痛、片頭痛、急激に起きる痛み、のどがつかえる感じ、睡眠障害などなど。うむ、思い当たる節も。すでに解消した問題がほとんどですが。

とりあえず、今年に入ってから定期的にMag Phosを摂っていますが、背中のこわばりが少なくなったような気がします。もともと、胃酸の出も悪くて、マグネシウムがあまり吸収されていなかったので、しばらく続けて様子を見てみようと思います。Mag Phosは、神経過敏による消化機能減退にも使われるので、胃酸の出が悪い私にはやはりピッタリなのかも。

ミネラル不足でサプリメントを摂っているのに今ひとつ調子が悪い、という人は、食事やサプリメントを見直すと同時に、ティッシュソルトを試してみるのもいいかもしれませんよ。Naadのセッションもぜひご活用くださいね。