親子の絆を深めるフラワーエッセンスがよく効いたセッション例

タロット, フラワーエッセンス, ホリスティック, 分子栄養学, 占星術

少し前にセッションをした方からその後のご報告がありました。詳細は書けませんが、フラワーエッセンスがよく効いたNaadのセッションの例としてご参考までに。

この方は、お母さんとの間に確執があって、メンタルの問題や体力のなさにも悩んでいらっしゃいました。

お食事内容を聞いたところ、かなり改善の余地があり、メンタルや体調の不調は栄養の過不足の影響が大きいように思えたので、セッションは食事に関することが大半となり、タロットや占星術を通して今後についてのお話もしました。

フラワーエッセンスは、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスの次の4種類でトリートメントボトルを作成。
・ボアブ(家族のネガティブな思考の影響を解消する)
・ボトルブラシ(母親との関係を改善する)
・ダガーハキア(怒りの感情を解消する)
・スタートデザートローズ(罪悪感を解消する)

その後、コロナに感染したとのご連絡があったのですが、軽症で済んだとのことで、先日その後の経過をお知らせくださったのでした。

コロナ感染によって職場でゴタゴタが起こって、結果的に不本意ながらも退職してご実家に戻られたとのことでした。それで、お母さんと向き合わざるを得なくなった結果、今まで抑圧していた怒りなどの感情を直接お母さんにぶつけることになったそうです。そうすることで、期待に沿えなかった罪悪感も放たれていったのだとか。

常々、反抗期のなかった人ほど親子関係を遅くまで引きずっているような気がしていたので、どんなに遅くなろうと、親と対峙して反抗期をしっかり通過するというのは大切だなと、このお話を聴いてあらためて思います。自分の正直な想いを、直接相手に伝えられるのであれば、それに越したことはありません。すでに亡くなっていて、伝えられない場合もあるのですから。

一触即発の状態だったのが、今ではお母さんに対するわだかまりも消え、お母さんの立場や想いも理解できるようになったとのことです。正直言って、お話を聴いた限りでは母子問題は解決に時間がかかりそうだなと思ったのですが、やっぱりブッシュ・エッセンスはすごいですね。ボトルブラシは母子の問題の解消に役立つエッセンスですが、それがよく効いたようです。ちなみに、父子の問題にはレッド・ヘルメット・オーキッドが使えます。

今回の方は、フラワーエッセンスが劇的な効き方をしたようですが、ブッシュ・エッセンスではそうしたことがたまにあるような気がします。バッチフラワーエッセンスでは、こうした急激な変化はあんまり起こりにくいかもしれません。そうした意味で、ブッシュ・エッセンスは効き方が強烈すぎて、バッチの方がいいという方もいらっしゃるようです。でも、フラワーエッセンスには自動調節機能のようなものがあり、本人の手に負える程度にしか変化を起こさないので、安心して使えます。

本当は、エッセンスを摂った後に、怒りの解消ワークをやっていただこうと思っていたんですが、コロナに感染したとのことで、お伝えできずにいました。なので、ワークを通じて徐々に解消されていくというよりも、こうした形で出たのかもしれません。

この方はご自分でHSPではないかとおっしゃっていましたが、敏感な人ほどフラワーエッセンスはよく効くと思います。

ちなみに、私自身の体験からは、栄養療法で身体面の問題が整うほど、フラワーエッセンスの効き方はマイルドになってくるような気がします。

この方のように、フラワーエッセンスを摂った後に、退職や転居など、大きな変化が起こることがたまにあるのですが、内面の変化に外界が呼応した結果と言えるのではないでしょうか。

今回、事前に出生時間のレクティフィケーション(修正)を行いました。出生時間は母子手帳に書いてあるものでも、数分ずれていることがあり、4分ずれると未来予測が1年ずれます。これまでの人生で起こった大きな出来事とそれが起こった年と月を教えていただき、それを基に3分ずらしました。修正後の出生時間に基づいたソーラーアーク法のチャートでは2020年12月から2年間、ソーラーアークのMCがネイタルの天王星とオーブ1度でコンジャンクションになるので、近いうちに転職か転居があるのではないかとお話したんですが、その通りになりましたね。急激な変化を表す天王星が刺激されている時期だからこそ、フラワーエッセンスで劇的な変化が起こりやすかったとも言えるかもしれません。

(追記)天王星はICとオポジションとなり、4ハウスは住居のほかに母親も表すので、母親との関係の劇的な変化とも捉えられます。

タロットでは、未来に進む方向も暗示されていたので、今後が楽しみです。コロナ感染や不本意な退職など、一見とても大変な出来事も、軌道修正して新たな道に進むきっかけにすぎなかったのかもしれませんね。

セッションはこんな感じでやっています。ご興味のある方はぜひどうぞ。
この方のセッションのご感想はこちらで読めます。
セッションメニューはこちらを。