からだ, ハーブ, 日々の工夫

暑い日が続きますが、マスクをするとさらに暑いですね。

先日、メディカルハーブ協会主催の「免疫とハーブ」というテーマのオンラインシンポジウムがありました。

そのときに、理事長の林先生のお話の中で、感染制御のための精油がいくつか挙げられていました。当然、ユーカリなどの抗ウイルス作用のあるハーブが挙げられていたのですが、その中に青森ヒバもありました。なんと、青森ヒバは抗ウイルス作用があるだけじゃなくて、IgA(免疫グロブリンA)の分泌誘導作用もあるのだとか。調べてみたら、動物実験のレベルですが、確かに論文がありました。

免疫グロブリンにはIgM、IgD、IgG、IgE、IgAの5種類あって、IgAによる免疫応答誘導が起こるのは、経鼻~鼻腔・扁桃・上気道だそうです。つまり、オイルマッサージによる経皮吸収ではあんまり意味がなくて、鼻から吸い込まないといけないわけですね。

青森ヒバに含まれるヒノキチオールという成分がIgAを分泌を誘導するのですが、亜鉛イオンが細胞に流れ込むことを可能にすることによって、RNAウイルスの複製機構を阻止してウイルス増幅を阻害するのだそうです。COVID-19ではまだ研究論文はありませんが、同じくRNAウイルスであるSARSでは有効性が検証されています。ちなみに、ヒノキチオールという名前でも、国産ヒノキにはヒノキチオールは少ししか含まれていませんのでご注意を。

ここでふと思ったのですが、亜鉛イオンが細胞に流れ込んで、ということなので、そもそも亜鉛不足であれば、あまり意味がないのかも。現代人は亜鉛が不足しがちです。免疫グロブリンはタンパク質だから、タンパク不足でもダメ(IgA抗体の材料はグルタミンとビタミンA)。上皮細胞の奥にあるコラーゲンもウイルスの侵入を防ぐのに役立っているそうで、コラーゲンもタンパク質でできていて、つくるにはビタミンCと鉄が必要。結局は、小手先でどんな対策をしようが、栄養状態が整ってないとね、ということなのだなあと。やっぱり栄養状態は大切なのだと、いつものごとく思ってしまうわけです。

ところで、ペストが流行った中世ヨーロッパでは、医師は鳥みたいなマスクをつけていたそうですね。

なんで先がとがっているのかというと、先の部分に薬草などを詰めていたようです。

さすがに現代ではこの格好は…ですが、マスクに青森ヒバの精油のスプレーをするのはよいかなーと思います。万人に受け入れられやすいさわやかな香り。真夏にマスクをする鬱陶しさも軽減。ぜひお試しを。

下弦の月のメッセージ

今日は牡牛座で下弦の月を迎えました。MCに乗っている海王星とセクスタイル。山羊座にいる木星とはトラインで小三角形を作っていました。夢は夢で終わってしまうことが多いですが、それを社会で実現するチャンスがあるかもしれません。空想を広げながら、日常の中に繰り返し落とし込んでいくことです。

今日のトートタロットの一枚は、「#14 Art」。

他人といて、その違いを受け入れられるでしょうか。自分と同じような考えや習慣をもつ人と仲良くするのはたやすいこと。「同じ」であることに共感はできるけれど、「違う」ことには共感できません。でも、違うことについて相手を責めてみても、自分が正しいことを証明しようとしても、何も新しいものは生まれません。白黒つけるのではなく、どちらの在り方、考え方も認めるところから、何かが生まれる可能性が出てきます。それは、錬金術のようなもの。

自分の中をのぞいてみれば、嫌だと思っていた相手の性質は自分の中にもあったりもするのです。それに気づいて白黒つけなくなれば、自分も他人も、同じだということがわかります。

他人と自分は切り離されたまったく別々の存在ではなく、すべてひとつ。そのことに気づかせてくれるのが、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのシドニー・ローズ。

このエッセンスは、切り離されたような感覚を解消し、他者への深い思いやりや愛を感じさせてくれます。他人に対する行いは、自分自身に対して行っているのと同じこと。このご時世での不安から心ない言動が行われるのを耳にする今日この頃ですが、身内だけではなく、広く思いやりをもてるようになりたいですね。

ハーブ, 占星術,

現代でもインドのアーユルヴェーダなどでは占星術を取り入れているようですが、西洋でもかつては占星術は医学の一部でした。医学と占星術との関連は、エジプトのヘルメス思想の「As above, so below(上なるものは下なるもののごとし)」という考えに基づいていて、人間は宇宙(大宇宙)の縮図(小宇宙)とみなすことによるそうです。

昔は薬草を使っていたわけですが、ハーブ自体も天体や星座に対応させていました。一日の時間も1時間ごとに天体と対応づけていたのですが、そのハーブに対応する天体が支配する時間帯に採取するのがよいとされていたそうです。その植物の力が最も高まると考えられていたんですね。

ハーブを天体に関連づけるって、いったいどうやって?と不思議に思いますが、その植物の性質や生育環境などに基づくようです。たとえば、17世紀のイギリスの占星術師、ウィリアム・リリーによると、赤みを帯びていて、葉の先端が細くとがっているハーブは火星に対応するとか。ネトルなどがこれに当たります。辛味のあるハーブも火星対応で、マスタードシードなどがあります。金星に対応するのはいい香りがするハーブ。金星といえば、美と愛の女神ヴィーナスやアフロディーテが司っているので、ドクダミなんかは金星対応ではなさそうですよね(笑)。

土星に対応するものは毒性のあるものが多いようです。以前に記事に書いたトリカブトは、同じく17世紀のイギリスのハーバリストで占星術師でもあったカルペパーによる分類には見当たらなかったのですが、ウィリアム・リリーは土星に分類していました。

でも、昔は土星までしか使わなかったので、天王星、海王星、冥王星とは対応づけられていなかったわけです。この3つのトランスサタニアンの天体も考慮に入れれば、ケルベロスのよだれからできたとされるトリカブトはやっぱり冥王星の方が相応しいんじゃないかとも思うのだけれど。そう考えると、ケシも土星に分類されているんですが、幻覚作用があるから、海王星の方がしっくりきます。

ハーバリスト、カルペパーの名前は、ハーブやアロマを勉強している人なら、歴史のところで必ず出てくるので、聞いたことがあるかと思います。どういう人物なのかはあまりよく知られていませんが、37歳で幕を閉じたその短い生涯は波乱万丈で、「赤ひげ」のような魅力的な人物だったようです。短命だったにもかかわらず、数多くの著書や翻訳書を残し、数百年経った今でも読み継がれている本もあるわけだから、偉業を成し遂げたわけです。当時ラテン語で書かれていた薬局方を英語に訳して誰でも読めるようにして一般人が自分で薬草を使えるようにしたのも、大きな功績ですよね。興味がある方は『占星医術とハーブ学の世界』をぜひ読んでみてください。ハーブに興味がある人にも、占星術に興味がある人にも、どちらにとっても奥深い本です。西洋医学って、そもそもはホリスティックだったんだなあとしみじみ思った一冊です。

満月のメッセージ

今日は水瓶座で満月を迎えました。何か勉強を始めたいなという気持ちがあるなら、オンラインの講座などに参加して仲間をつくるとはかどるでしょう。

今日のトートタロットの一枚は、「ソードの6」。

この時期、いろいろな情報が飛び交っています。SNSでは得た情報をすぐにリツイートできますが、なぜそうするのでしょうか。何のためにそうするのでしょうか。それは本当に信頼できる情報でしょうか。 そうした情報に考えなしに飛びついたりせず、物事はさまざまな角度から客観的に考えることが大切です。

あまりにも情報量が多すぎて、圧倒されてしまうときに役立つフラワーエッセンスは、以前にも紹介したオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのポーポー。

このエッセンスは、新しい情報の理解が難しいときに加えて、さまざまな情報を統合するときにも役立ってくれます。情報の消化不良、そんな状態にぴったりのエッセンスです。

からだ

もうすぐ人生半世紀を迎えようとしています。けれども、実は、今がいちばん人生で気力も体力もあったりするんです。慢性的な病気を若いころから抱えていたし、今思えばかなりの副腎疲労もあったのではないかと思うので、分子栄養学を学ぶようになって栄養状態がかなり良くなった今では、メンタルも強くなりました。

でも、体力がついたと言うと、「すごいね、じゃあ徹夜なんかもできるんだ」と言われることがたびたびあります。

徹夜はできないですよ、というか、徹夜をしないから、つまり、規則正しい生活をしているから体力がついたというのが本当のところです。けれども、一般的には「体力がある=徹夜ができる」なのでしょうかね。

この歳になると、同世代の人はだいたい、身体がしんどいのを歳のせいだと思っていることが多いですが、話を聞いてみると、ろくなものを食べていなくて栄養状態が悪そう、寝不足、ということが多いようです。

栄養状態の過不足をなくして睡眠を十分に摂り、運動をする、というごく当たり前のことをするだけでも、歳のせいだと思っていた不調はだいぶ良くなりますよ。

上弦の月のメッセージ

今日は蠍座での上弦の月。対人関係を表す7ハウスでの上弦でした。人と会うこともままならず、疎遠になりがちな今日この頃。メールや電話を通じて、関係を深めてみましょう。直に会って話すより、意外と深い話ができるかも。

今日のトートタロットの一枚は、「#3 The Empress」です。

自分が前へ前へと出ようとするのではなく、人と人とをつなぐ立ち位置に立ってみましょう。そのためには、あの人は好きだけれど、この人は嫌い、というように、好き嫌いで選り好みをしてはなりません。温かい眼差しをもって、相手の良いところを引き出すようにすることです。

このカードは母性も表しています。相手を受け入れ、愛するには、受け入れられて愛された経験がないとできません。子どもの頃に親との愛着が上手く築けないと、大人になってから他人との愛着を上手く築けないと言われています。

母親との関係や愛着の問題を解決するには、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのボトルブラシが助けになるかもしれません。

これは母親と子どもの絆を強めてくれるエッセンスで、母親が子どもに対して否定的な感情をもっている場合や、逆に、子どもが母親に対してわだかまりを抱えている場合に使えます。これは、大人になってからでも使うことができます。

その名の通り、ボトルブラシのようなこの花は、日本では「ブラシノキ」と呼ばれています。ボトルにこびりついた古い汚れもブラシを使うときれいに取れるように、年月が経ってしまった母子の古いわだかまりを、この花のエネルギーは取ってくれるのですね。

ハーブ, 植物, 雑記

昨日は久しぶりにお能を観に行ってきました。演目は『羽衣』。羽衣を漁師に取られた天女が、返してもらうのと引きかえに舞を舞って月に帰っていくという幻想的な内容です。夢幻能と呼ばれるお能では、この世のものではない存在が必ず出てきます。お能に特徴的な舞台の橋の部分は、あの世とこの世の架け橋なんだそう。

お能の前にはたいてい狂言が演じられます。厳かな雰囲気のお能と違ってコミカルです。今回の演目は『附子(ぶす)』でした。猛毒の附子の入った容器を絶対に開けないように、と主人に言われて留守番をさせられた家来二人が、好奇心に負けて開けてしまうどころか、味見までしたところ、なんと美味。それは当時貴重だった砂糖なのでした。すっかり平らげてしまった二人。どうしようかと考えた挙句、主人の大切な掛け軸やら茶碗やらを壊して、そのお詫びに毒を口にして死のうと思った、と言い訳するというオチ。

さて、この「附子」って何でしょう。


「ぶし」とも呼ばれる、猛毒の植物、トリカブトのことです。附子にはアコニチンという毒性の成分(アルカロイド)が含まれ、呼吸困難や心臓発作を引き起こしますが、修治という特別な処理を施すことで生薬としても使われます。「麻黄附子細辛湯」のように、漢方薬の名前の一部に入っています。附子は、鎮痛、抗リウマチ、強心などを目的として使われるようです。

歌舞伎では、『東海道四谷怪談』でお岩さんが飲まされたのも附子ということになっています(だからあんな顔になってしまったといういきさつは、歌舞伎を見て初めて知りました)。

「ブス」という言葉も、附子によって神経が麻痺して無表情になることに由来するという説もあります。

英語ではmonkshood。僧侶の (monk’s)かぶりもの(hood)という意味ですが、そう言われてみると、花の形は修道士のかぶりものみたいにも見えてきますね。

ギリシャ神話では、3つの頭をもつ冥界の番犬、ケルベロスのよだれから生まれたということになっています。ケルベロスはトートタロットでは「#9 The Hermit」に描かれています。

ホメオパシーでもアコナイトという名前でレメディが作られています。よく使われるレメディで、不安や恐怖、風邪の初期症状に使われるそうです。

では、フラワーエッセンスはあるのかというと、FESフラワーエッセンスにmonkshoodの名前でありました。霊的な能力が開花するのを恐れてそうした能力を抑圧したり、トラウマや虐待によって霊的能力が麻痺した状態に用いるそうで、ポジティブなスピリチュアリティが育つようです。

トリカブトって、そのまま使えば猛毒ですが、そのエネルギーは深いものなんですね。ハーバルアストロロジーでの対応はやっぱり冥王星なのかな?と想像が広がっちゃいます。

新月のメッセージ

今日は先月に続いて蟹座の新月。今回は2ハウスに入っています。真向かいの8ハウスには土星が。社会の中で、他人と自分を比べてしまって自信がなくなることってあります。でもこれからは獅子座の季節。人と比べず、自分らしさを発揮しましょう。

今日のトートタロットの一枚は「ワンドのクイーン」。

人には誰でも弱点や欠点があります。目をそらしたくなるけれど、あえてしっかりと見つめてみましょう。自信がもてるのは、自分の弱さから目を背けてポジティブなことにだけ集中するからではありません。心の暗い部分に気づいても、動じずにいられるようになることから、揺るぎない自信は生まれます。闇を知っているからこそ、人の悩みが理解でき、優しくなれるのです。

恐怖心の強い人は、そうした心の暗い部分に降りていきたがらないかもしれません。パニックになりそうなほどの、自分自身を失う恐怖。そんな恐怖心がある場合には、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのグレイ・スパイダー・フラワーが役立ちます。

この花はクモが集まったかのような、ちょっと不気味な形にも見えます。口を大きく開いたムンクの「叫び」も思い出しますね。

恐怖心を和らげるエッセンスは、ほかにもドッグ・ローズがありますが、ドッグ・ローズが忍び寄るようなささいな恐怖に効くのに対して、グレイ・スパイダー・フラワーは、もっと強い、動けなくなるほどの恐怖に効きます。

このエッセンスが強い恐怖を取り除いてもたらしてくれるのは、信頼、落ち着き、勇気です。「○○恐怖症」や、強いトラウマがもとで身動きが取れなくなっているような状態にもぴったりではないかと思います。

暗い地下室に降りていくのは怖いけれど、隠れた宝が見つかるかもしれませんよ。

からだ, こころ

私はだいぶ以前に子宮内膜症を患っていたことがありました。その病巣がなぜか突然消えてしまったことは過去の記事で書いた通りです(こちらを参照)。

MRIでもエコーでも病巣が見当たらないと言われたときには耳を疑いましたが、もちろん嬉しかったと同時に、ちらりと頭をかすめたことがありました。それは、「困った、内膜症を言い訳にできなくなってしまった」というものでした。

では、私は子宮内膜症があることを何の言い訳にしていたんでしょう。当時私は、とある団体でボランティアをやっていました。すべてボランティアで成り立っている団体だったので、人手は少なく、私はかなりの量の仕事を引き受けていました。最初は、皆大変そうだし、ほんのちょっとだけ、という気持ちでしたが、「ちょっと手伝いましょうか?」と言ってみたら、あれもこれもと次々と頼まれ、それ以上頼まれるのはイヤだったので、集まりには顔を出さずにいたのです。

そのときの言い訳が「私には子宮内膜症がある」というもの。実際には、症状はだいぶ治まっていたので、それを口に出したわけではありませんが、自分自身の後ろめたさに対しての言い訳として使っていたのです。だから、病巣が消えたと言われたときに、そんな想いがよぎったのでした。

内膜症は消えたものの、子宮筋腫はいくつかあるということだったので、引き続き、無意識のうちに、それを心のどこかで言い訳にしていました。

それでも、すでに引き受けていた分も、私にはいっぱいいっぱいだったようです。それに気づいたのは、便秘が1ヵ月も続いたとき。どう考えてもおかしい、と病院へ行き、大腸内視鏡検査を受けました。診断は過敏性腸症候群。要は、ストレスです。それでようやく、ボランティアを離れることにしたのです。

「ストレスが原因」というのは、便利な言葉ですが、実はそれだけでは何の解決にもなりません。いったい何がストレスになっていて、どうしてそれがストレスになることを自分は許したのか。私はただ、やりたくない、と言えばよかっただけのことです。今考えると、その頃の私は、自分はダメな人間だから、せめてボランティアで人の役に立たなくては、と思っていたのだと思います。当時はそんなことにはまったく気づかなかった。

そんなふうに、すべてではありませんが、病気の陰には、隠された意図が潜んでいることがあります。何かをやりたくない、家族の愛情が得られる、注目される、やりたいことはあるけれど、失敗するのが怖いから実は挑戦したくない、など。ホリスティックな見方では、肝臓は怒り、腎臓は怖れというように感情と関連づけられることがありますが、抑圧された感情が信号を発している場合もあるかもしれません。

病気という形でそうした心の声に気づくことにならないように、日頃から自分の中の隠れた小さな声にも耳を傾けましょう。

下弦の月のメッセージ

今日は牡羊座で下弦の月を迎えました。死と再生の8ハウスでの下弦の月。不完全燃焼で満たされない想いがあるのなら、新月を迎える前に、心の底にたまった澱(おり)のようなものはきれいに掃除していきましょう。

今日のトートタロットの一枚は、「#5 The Hierophant」です。

新しいことに目を向けて、世界を広げていきましょう。何か習い事や勉強を始めるのもひとつの方法です。その場合は、最近流行のものではなく、伝統的なものや古くからあるものを学ぶことで、今までにない視点が得られます。学んだ知識は、単に受け売りのものにならないように、社会生活を通じて体得することが大事。その積み重ねが、後に創造につながっていきます。

最近はオンラインで手軽に受けられる講座も増えて、勉強意欲も高まります。ただ、問題なのは、勉強することそのものが目的となってしまうこと。次から次へといろんな講座を受けてみても、それが結局何になるのか、その先のビジョンがなければ単なる知識中毒、資格オタクです。また、自信のなさから、知識を溜め込むことで、他人より優れていると思おうとしている場合もあります。

そんな場合に摂るといいオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスは、ハイバーシア。

そうした人は、知識を得ても「頭だけ」で終わってしまいます。頭と心がつながっていないので、得た知識が「身」 にはつかないのです。

ハイバーシアの花びらはハートの形をしています。黄色は知性の象徴。このエッセンスは、頭と心をつなげてくれ、ハートの重要性を思い出させてくれます。また、外にばかり知識を求めるのではなく、内なる知恵を受け入れて統合できるようにしてくれます。