満月のメッセージ

今日は中秋の名月ですね。8年ぶりに満月と同じ日だとか。しかも関東は天気も良いので、きれいなお月様が見られそうです。今日の満月は魚座で迎えました。蠍座の金星に対して、牡牛座の天王星がオポジション、水瓶座の土星がスクエア。まどろみの中から目覚めるとき。人間関係を一新する必要があるかもしれません。「つきあいが長いから」「社会での必要上のつきあい」など、実は不要な人間関係があることに気づくでしょう。執着はしないこと。ポイントは、その人間関係に身をおくことで、自分がよくなっているかどうか。

今日のトートタロットの一枚は「ワンドの2」です。

人とぶつかることを怖れないで主張しましょう。軋轢が生じないように、ノーと言えず、不満でくすぶっていませんか?自分の意見があれば、思い切って口にしてみることです。意見が食い違っても、話し合う中で新しいものが生まれることもあるはずです。

こうして主張した結果、残念ながら人間関係がダメになってしまうこともあります。

そんなときにはオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのレッド・スーヴァ・フランジパーニ。

長く続く人間関係は理想的ですが、必ずしもそうはなりません。一方が成長していて、もう一方が成長したがらないような場合には、お互いから離れて、それぞれ新たな方向へ進むべきときです。

そんな葛藤を抱えやすい時期にこのエッセンスを使うことができます。そんな人間関係の渦中にあるときに、少し距離を置き、状況に落ち着いて対処できるように助けてくれます。

関係が終わりに入ったときや不安定になったときには誰でも、怒りや悲しみなど、さまざまな感情が湧きおこって混乱しますが、レッド・スーヴァは、そんな関係をそっと手放させてくれるエッセンスです。

フラワーエッセンス, 占星術

変化の時期って気持ちが追いついていかないことがあります。以前にも、そんな時期を乗り越えるためのフラワーエッセンスをご紹介したことがありました。

ホロスコープからも、変化の時期を読み取ることができるのですが、そのひとつがソーラーアークの太陽のサイン移動です。

ソーラーアーク法という未来予測法がありまして、簡単に言うと、出生図のホロスコープをそのまま反時計回りに、年齢と同じ度数進めるものです。それを出生図やトランジット(現在の天体の配置)と重ね合わせて読みます。

そうすると、ソーラーアークの天体はそれぞれ星座を移動していくわけですが、30年に1度、星座のサインが変わることになります。特に太陽のサイン移動は重要なので、大きな変化の時期と考えることができるのです。

実は私、昨日ちょうどソーラーアークの太陽が乙女座から天秤座に移動したばかりです。30年の乙女座修業時代が終わったような感じですが、考えてみれば、乙女座的なことをずいぶんとやってきたように思います。「乙女座修了証」とかほしいくらい(笑)。

獅子座の生まれなので、そもそもはワガママなのですが、周りに合わせることをずいぶん覚えました。手に職もつけたし、持病もあったので健康管理も学んで、代替療法や栄養のことも勉強するようになりました。医薬分野の翻訳なんて、乙女座っぽい。一時期は、なぜだかボランティアばかりやっていました。

水星をはじめ、ほかにも乙女座にいくつか天体が入っているから乙女座的なことを身に着けやすかったというのもあるかもしれません。今では、自分は乙女座ではないかとたまに錯覚するくらい。

これからの30年は天秤座修業時代(たぶんこれで終わりでしょうけど)。一対一のセッションや個人鑑定を始めるようになったのも、その準備段階だったのかも。

乙女座時代が終わりに近づくにつれ、もー十分にがんばったよー、変わんなくていいよーっていう、変化を嫌がる最後のイヤイヤ感が出てきていました。ゆるやかな地の星座グランドトラインもあるので、保守的な最後のしがみつき。対人めんどくさいとか(笑)。

サインが切り替わったからと言って、スイッチオン・オフみたいに切り替わるわけでもありません。30年かけて天秤座的なことを学んでいくんですから。でも、太陽の旅は続いていて、新しい世界に乗り出さざるを得ません。

そんなときには、やっぱりオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスの助けを借りちゃいます。今回は、そのものズバリのトランジション・エッセンス。
中身は、オータムリーブス、ボウヒニア、ボトルブラシ、ブッシュ・アイリス、ライケン、ミント・ブッシュ、レッド・グレヴィレア、シルバー・プリンセス。

明日からは、連休を利用して年に1度のセルフ・リトリート。何をするかっていうと、20代半ばからほぼ年に1度参加していたヴィパッサナー瞑想のコースに行かなくなったので、代わりに3日間のセルフコースをするのです。セルフは今年で5年目。心のデトックス、情報離れして頭もデトックス、そして、ベジタリアンをやめた私もこの3日間は菜食するので、身体も多少デトックス。

すっきりして、新たな旅を続けます。

上弦の月のメッセージ

今日は射手座で上弦の月を迎えました。月はMC-IC軸のIC側に乗っていて、ASC-DSC軸に乗っ太陽-海王星とグランドトライン。仕事の目標は土台をしっかりと固めること。他人に幻想を抱かず、自分をしっかり持ちましょう。

今日のトートタロットの一枚は「#2 The Priestess」。

創造的なサイクルが始まります。あなたの中にはまだ未知の可能性が隠されているのです。それを発見しましょう。そのためには、自分の直観に耳を傾けること。そして、他人の物真似をするのではなく、自分独自の視点を大切にしてください。人の意見を聞くのはいいことですが、頼りすぎず、独立心をもちましょう。そうすれば、たとえ独りでも充足することができます。

直観に耳を傾けるのに助けとなってくれるのは、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのブッシュ・フューシャ。

このエッセンスは、自分の直観を信じられるようにしてくれますが、それと同時に、左脳と右脳のバランスも整えてくれます。直観を軽視して、合理的な思考に偏っている人が直観に耳を傾けるように促してくれる一方、直観に偏りすぎず、バランスよく合理的な思考も行えるようにもしてくれるのです。

ブッシュ・フューシャのエッセンスは、学習障害や難読症にも助けになってくれます。本を読んでもスムーズに頭に入ってこないという人は、ぜひ一度このエッセンスを試してみてください。

また、発言や発音を明瞭にして、自分の思いや考えを表現することにも役立ちます。ブッシュ・フューシャはコグニスという、学習や集中を助けるコンビネーションエッセンスにも入っています。発達障害者には欠かせないエッセンスです。

からだ, ハーブ, 日々の工夫

今日は日本メディカルハーブ協会の学術フォーラムをオンラインで視聴しました。とても興味深かったのは、アスナロ(ひば)精油に抗腫瘍効果があるというお話。

ひば精油には抗ウイルス作用だけではなく、IgA(免疫グロブリンA)の分泌誘導作用もあるという記事を以前に書きました。

ハーブにはポリフェノールなど、抗酸化作用のある成分が多く含まれているので、がん予防にもとてもいいのですが、精油にも抗腫瘍効果があるものがあるのですね。

IgA分泌誘導作用があるのはヒノキチオールという成分ですが、ヒノキチオールの抗腫瘍作用は以前から報告されているものの、ヒノキチオール単独では弱く、ツヨプセンという成分の作用も大きいのではないかということでした。ツヨプセンはシダーウッドにも含まれていますが、ヒノキチオールとプラスした方が効果が高いということです。ちなみに、ヒノキチオールはヒノキの精油には少ししか含まれていません。

今回の研究では、青森ヒバではなく、能登産と飛騨高山産の精油を使用したとのことですが、産地によってやはり若干成分は変わるのだろうと思います。私は青森ヒバしか使ったことがないので、ほかの産地のものもぜひ使ってみたい。

マウスでの実験では腫瘍が縮小したそうですが、まだヒトでの効果は検証されていないので、人間でも同じように実際に腫瘍が小さくなるかどうかはわかりません。でも、がん予防にはなりそうですよね。マスクにスプレーして、コロナ予防とともにがん予防もなるのならいいですね。

新月のメッセージ

今日は乙女座で新月を迎えました。月・太陽は牡牛座にいる天王星とタイトなトラインを形成しています。日常生活を見直して、お金の使い方をガラッと変えてみるといいかもしれませんよ。前衛的なアート作品を飾ってみるのも日常にいい刺激を与えてくれます。

今日のトートタロットの一枚は「#8 Adjustment」です。

バランスを取ること。そう聞くと、このカードのように、2つのものが釣り合ってピタリと動かないように思えるかもしれません。でも実は、絶えず変化し続けることがバランスにつながるのです。1本の線の上を歩くところを想像してください。線からはみ出さないようにするには、細心の注意を払いながら、右へ左へと小刻みに重心を移しながら進まなければなりません。それと同じく、何事にも実は、ある程度の動きが必要なのです。もし、何も変わらない領域が人生にあるなら、それはすでにバランスを失っているのかもしれません。

そうは言っても、慣れ親しんだものを変えたくはないし、新しいものなんて手を出したくない。そんなふうに変化に抵抗があるなら、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのボウヒニアを試してみましょう。

ボウヒニアのエッセンスは、変化への抵抗が強い人に適しています。特に最近は、コロナ禍でこれまでの習慣通りに事を運ばせることができなくなって、新しいやり方に馴染めずに困っている人もいるかと思います。オンラインを活用した手法も当たり前になりつつありますが、そうした新しい技術を試すことに抵抗がある場合にも使えます。食生活を変えなければいけないことはわかっているのにできないようなときにも助けになります。

ボウヒニアは、目まぐるしく変化する世の中に取り残されずに、新しいものや新たな視点を受け入れて人生を豊かにするのを助けてくれるエッセンスです。

からだ, 占星術


ミネラルって不足しがちです。でも、摂れば摂るほどいいかというと、そうではないのが難しいところ。過ぎたるは猶及ばざるが如しで、バランスが大切です。

たとえば、カルシウムの摂り過ぎで結石ができることもあるし、最近よく重要性が言われている鉄も、摂り過ぎればカンジダ菌のエサとなって腸内環境を悪化させます。銅と亜鉛はバランスが必要なので、どちらかが増えると、もう一方が減ります。マグネシウムは摂り過ぎるとお腹が緩くなりますが、そもそも吸収されにくい(特に、胃酸が少ない場合は)ミネラルです。

そんな難しいミネラルの匙加減を上手く調節してくれるかもしれないと最近興味を持っているのが、ティッシュソルトです。

ティッシュソルトはシュスラー塩とも呼ばれますが、19世紀にヴィルヘルム・ハインリヒ・シュスラー博士によって作られました。シュスラー博士は医師ですが、ホメオパスでもあったので、シュスラー塩もホメオパシー薬のように希釈してあります。食事で摂るミネラルの代わりになるものではなく、ホメオパシー薬のように、ちょっと刺激を与えることで、細胞の内外のミネラルバランスを整えて過不足を調整するのだそうです。

ティッシュソルトにはいくつかメーカーがありますが、AllisOneのものは、12種類のベーシックなティッシュソルトを次のように12星座に対応させています。

・牡羊座…Kali Phos(リン酸カリウム)
・牡牛座…Nat Sulph(硫酸カリウム)
・双子座…Kali Mur(塩化カリウム)
・蟹座…Calc Flour(フッ化カルシウム)
・獅子座…Mag Phos(リン酸マグネシウム)
・乙女座…Kali Sulh(硫酸カリウム)
・天秤座…Nat Phos(リン酸ナトリウム)
・蠍座…Calc Sulph(硫酸カルシウム)
・射手座…Silica(シリカ)
・山羊座…Calc Phos(リン酸カルシウム)
・水瓶座…Nat Mur(塩化ナトリウム)
・魚座…Ferr Phos(リン酸鉄)

それぞれのティッシュソルトの適応はいろいろあって、星座との対応が、なるほどと思うものもあれば、今ひとつピンとこないものもあるのですが、『シュスラー ティッシュソルトで体内ミネラルのバランスを整える』などの本を参照しながら、ホロスコープと一緒に考えるといいと思います。

星座は、必ずしも太陽星座ではなくて、オーバーロードなどの強調されている星座や、1ハウスや6ハウスがらみの星座と、実際の健康問題を併せて考えてみましょう。

私の場合、太陽・月・火星が獅子座でオーバーロード。そうすると、Mag Phos(リン酸マグネシウム)なのですが、これがピッタリ。獅子座と関連のある臓器は心臓ですが、マグネシウムが不足すると不整脈などの問題が起こることがあるので、この対応はしっくりきます。

そのほか、前述の本には、Mag Phosには自律神経をコントロールする働きもあると書いてありました。はい、自律神経、おかしくなりやすいです。ほかにも、あがり症、チョコレート中毒、無意識に起こる痙攣、月経痛、片頭痛、急激に起きる痛み、のどがつかえる感じ、睡眠障害などなど。うむ、思い当たる節も。すでに解消した問題がほとんどですが。

とりあえず、今年に入ってから定期的にMag Phosを摂っていますが、背中のこわばりが少なくなったような気がします。もともと、胃酸の出も悪くて、マグネシウムがあまり吸収されていなかったので、しばらく続けて様子を見てみようと思います。Mag Phosは、神経過敏による消化機能減退にも使われるので、胃酸の出が悪い私にはやはりピッタリなのかも。

ミネラル不足でサプリメントを摂っているのに今ひとつ調子が悪い、という人は、食事やサプリメントを見直すと同時に、ティッシュソルトを試してみるのもいいかもしれませんよ。Naadのセッションもぜひご活用くださいね。

下弦の月のメッセージ

今日は双子座で下弦の月を迎えました。月は水瓶座にいる土星とトライン。引き続き、おうち時間が長くなって、ネットの見過ぎで情報がいろいろ入ってくると思います。鵜吞みにせずに、現実と照らし合わせて、自分の頭で判断する自律性を養ういい機会。そうすれば、多様な情報に振り回されて気持ちが不安定になることもありません。

今日のトートタロットの一枚は「カップの6」。

人生に何か生き生きした感じが欠けているような気がするなら、新しいことを初めて見ましょう。それを通じて、新しい人間関係も生まれるはずです。そうすれば、沈んだ太陽が再び顔を出すように、人生に明るさが戻ってきます。ただし、始めたことを、今度は深めていくことも大切。そうすれば長くじっくり楽しむことができます。

何かを始めようと思っても、大変そうだからと、すぐに諦めてしまったりしていないでしょうか。そんなときには、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのケイポック・ブッシュがおススメ。

このエッセンスは、物事をすぐに諦めがちで、最後までやり通せない人に向いています。また、最初から挑戦しようともしない人にも適しています。

何もするにも、長く続ければ必ず壁にぶち当たります。そんなときに、ケイポック・ブッシュのエッセンスは、粘り強く課題に取り組むのを助けてくれます。

このエッセンスを摂ると、人生に問題が生じたときに、投げやりになるのではなく、自分で人生を望ましい方向に変えようと前向きに対処できるようになります。それが、自分で人生の舵を取ることにつながるのです。

こころ, フラワーエッセンス, 人間関係

負の感情って取り扱いが難しいことがあります。特に、できるだけいい人間であろうと努力している人ほど、無意識のうちにそうした感情を抑圧してしまっていることがあります。

自分でも気づかないうちに怒りが溜まっていて、恨みや憤りにまで膨れ上がってしまうこともしばしばです。そうした感情は、どうでもいい相手ではなく、家族やパートナーを含め、とりわけ親しい間柄の相手に抱きやすいものです。

「相手をゆるしましょう」ということは簡単に言われていますが、そんなに簡単にできれば苦労はしません。でも、そのままにしていては、未来の人間関係にも影響が出てきます。

そんなときには、フラワーエッセンスの助けを借りてみましょう。親しい相手に対する恨みや憤りの感情を解放するには、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのダガー・ハキアが使えます。

このエッセンスを少なくとも1週間(朝晩7滴ずつ)摂った後に行うワークがあります。「ゆるしのプロセス」と呼ばれるものです。

①時間を取って、邪魔が入らない静かな場所でひとりになります。

②楽な姿勢で座り、目を閉じて深呼吸をし、意識を内に向けます。横になってもかまいませんが、寝てしまわないようにしてください。

③自分が恨みや怒りを感じている人に、イメージの中で出てきてもらいます。1度に1人ずつにしてください。解決すべき問題がいちばん多い相手が登場するはずです(父親か母親のことが多いそうです)。

④相手の姿が目に浮かぶか、存在を感じたら、その人のおへそと、自分のおへそから、それぞれ1本のコードが出ていることを想像します。そして、その2本のコードを結んでください。そして、相手の名前を声に出して呼び、「私があなたを恨んでいるのは○○に対してです」と、具体的な事柄を入れて、すべて述べていきます。

⑤すべて述べ終わったら、また相手の名前を呼び、「私があなたに対して抱いている恨みを私は解放します。私はあなたを愛しています」と言ってから、手をハサミの形にして、「あなたをゆるします」と言いながら、自分と相手を結んでいた想像上のコードを切ります。

⑥このプロセスを再度2回繰り返します。1回目に言い忘れた事柄があれば、それも付け足してください。

⑦合計で3回のプロセスが終わったら、今度は、相手に自分に対しての恨みを言ってもらいます。最初と同じく、自分と相手を想像上のコードで結んでから、相手の名前を呼び、今度は「あなたが私を恨んでいるのは○○に対してです」というように、相手が自分に恨みを感じていると思われる事柄を言います。

⑧終わったら、また相手の名前を呼んでから、「あなたが私に対して恨みを感じているすべてのことについて、私はあなたをゆるします。私はあなたを愛しています。あなたを解放します」と言って、ここでもハサミの形にした手でコードを切ります。

⑨このプロセスをさらに2回、合計3回行います。

⑩これで1人目とのプロセスは終わりです。まだ時間と気力があれば、次の人に出てきてもらいましょう。

以上です。この後さらに数日間エッセンスを摂ると効果が増します。

このワークはかなり時間がかかるので、一度に1人だけにして、何回かに分けて行っても大丈夫です。

実際にやってみるとわかりますが、こちらにばかり言い分があるように思っていても、相手の側にも恨みつらみが何かしらあったりするものです。相手の視点に立つのが難しいと感じられたら、相手の着ぐるみがあると想像して、その中に入ってみるのも一つのやり方です。

このワークをやった後に、今まで身体が重くて歩くことすらしんどかったのが、スタスタと歩けるようになった、という人もいました。

親やパートナーなど、具体的な相手との感情的な問題を解消したい場合は、ダガー・ハキアに加えて、ほかのエッセンスをプラスするのも効果的です。その場合は、ぜひご相談くださいね。セッションについてはこちらから。

未分類, 満月のメッセージ

今日は水瓶座で満月を迎えました。水瓶座の満月は今年2回目です。土星・金星・ドラゴンヘッドが風のサインでグランドトラインを形成していて、風の時代を感じさせます。月は木星とコンジャンクションですが、乙女座の火星・水星とクインデチレ。自由を謳歌したいときには、ありがたいはずの家族の保護はうっとうしいもの。辛辣な言葉でやり返さないように注意。

今日のトートタロットの一枚は「#6 The Lovers」です。

人づきあいの幅を広げましょう。気の合う人とばかり一緒にいないでしょうか?年齢や性別を問わずに多くの人と交わって、相手を理解するように努めることが大切です。アフガニスタンの状況などをニュースで見ると、同族意識が分断を生んでいることがわかりますが、私たちの中にも、「この人は仲間だから」「この人は仲間じゃないから」といった意識は働いていないでしょうか。

普遍的な人間意識を育んでくれるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスと言えば、シドニー・ローズ。

このピンク色の花は、知性のレベルでなく、ハートのレベルで、人類がみんな、ひとつの存在としてつながっていることに気づかせてくれます。そうして初めて、他人の痛みを自分のものとして感じることができるようになります。聖者になるのは程遠くても、周囲の人たちに対する自分の意識から少しずつ変えていくことが平和への近道なのかもしれません。

お知らせ

今月も無料Zoomセッションを1名様にさせていただきます。先月応募してくださった方は、栄養の問題が大きかったので、アドバイスがメインになりましたが、もちろんホロスコープも事前に出生時間のレクティフィケーションもして、セッションは2時間近くになりました。セッションに興味はあるけれど、金銭的な余裕がないという方は、この機会にぜひどうぞ。

申し込み条件は次の通りです。

・これまでにNaadのセッションを受けたことがない方。

・フラワーエッセンスを2週間~4週間朝晩毎日摂って、その経過を詳細にご報告いただける方。

・生年月日(できれば出生時間と出生地も)をお知らせいただける方。

・セッションのご感想をいただける方(匿名にしてウェブサイトでご紹介させていただくことがあります)。

通常のセッションと同じく、事前にホロスコープを作成し、出生時間がわかる方は、レクティフィケーション(出生時間の修正:母子手帳に書いてある時間でも正確でない場合があります)も行います。

フラワーエッセンスは、状態に応じて、1種類または数種類のエッセンスからなるトリートメントボトル(保存料としてブランデーが少量入っています)を後日郵送いたします。エッセンスは、世界中で医療従事者からも定評のあるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスを使用します。

セッション時間は内容によりますが、通常1時間ほどです。

ご希望の方は、こちらからお申し込みください。先着1名様で締め切らせていただきますが、ご応募がない場合にも、24日(火)22時で締め切ります。←締め切りました。

次回は9月です。この企画はいつまで続けるかわからないので、興味のある方はお早めにご応募くださいね。