からだ, こころ, タロット, ホリスティック, 占星術, 栄養療法, 発達障害

日頃、さまざまな人生を垣間見させていただいていると、まさにこの人は人生の岐路に立っているんだなとタロットやホロスコープからわかることがあります。

人生を左右するような大きな選択。それを目の前にするのは怖いことに違いありません。

ちょうど山登りをしていて、自分の登る山はこれじゃなかったと気づくようなもの。

ずいぶん高くまで登ってしまっていれば、降りるのは勇気がいるし、登山仲間がいようものなら、みんな口を揃えてこう言うでしょう。「せっかくここまで来たのに。あの山を登るのは危険だよ。自分も登りたいと思っていたけど、あきらめたんだ。怖い目に遭ったって話も聞くしね。この山なら仲間だっているんだし、一緒にがんばろうよ。」
本当に心配してくれているのかもしれないし、抑圧した昔の自分の影を見て、無意識に潰そうとしているのかもしれない。でも、そのアドバイスに従ったら、10年後には自分も同じことを口にしているでしょう。

そんなときに、違う山を登ろうと一歩を踏み出す決意をするのは、バンジージャンプをするような気分かもしれません。

バンジージャンプって、必ず背中を押してくれる人がいるそうですね。やっぱり自分ひとりじゃ、飛び降りるのは難しい。

タロットでGOサインが出たら、私が背中を押してあげます。とても光栄なお役目。

がんばれ。

Naadのセッションをご希望の方はこちらを。

こころ, 雑記

昨日は久しぶりに文楽を観てきました。人形浄瑠璃というやつです。私は伝統芸能好きなので、文楽も年に数回は観に行くのですが、今年は中止ばかりでようやく観に行けました。

演目は『壺坂観音霊験記』。慎ましい暮らしを送る夫婦のお話です。かつて疱瘡(天然痘)にかかって目が見えなくなった夫を妻が内職をして支えながら生計を立てています。毎晩明け方にこっそり出掛ける妻に、誰かほかの男と逢引きでもしているんじゃないかと夫は心を痛めていました。自分は目も見えないし、疱瘡の跡のあばたで顔も醜くなってしまった。好きな男ができたなら、正直に打ち明けてほしい。夫にそう言われて妻は泣き出します。実は、明け方に毎日出掛けていたのは、夫の目が治るよう観音様にお祈りしに行っていたのでした。

話はここで終わりではないのですが、ネタバレになるのでこの辺にしておきます。

勝手な憶測が生み出すすれ違い。そんな話、よくあるなあと思うのです。
現在、週に1回、占いのお店で鑑定をしていますが、最近恋愛のご相談をよく受けます。相談者の方たちは「相手はきっとこう思っているに違いない」と言うのですが、タロットやホロスコープで見てみると、違んじゃないかなあということがほとんどです。

日本人は特に、「以心伝心」を求めがちなので、想いを言葉にすることが少なくなりがちです。でも、たとえそれが思いやりからであったとしても、実際話し合うことなく、憶測だけで相手の気持ちを推し量ることが続くと、小さなズレが積もり積もって取り返しのつかないことになったりするんですよね。

きっとこうに違いない、という目で物事を見ると、都合のいいように現実を切り取ってしまうので、実際には事実とは違っても事実のように思えてしまいます。

なぜそんなふうに物事を見てしまうのかというのは、この話に出てくる夫のように、自信のなさから来ることがあります。やっぱりまずは、自分を愛することって大切なんですよね。

Naadのカウンセリングセッションはこちらから。

からだ, こころ

私はだいぶ以前に子宮内膜症を患っていたことがありました。その病巣がなぜか突然消えてしまったことは過去の記事で書いた通りです(こちらを参照)。

MRIでもエコーでも病巣が見当たらないと言われたときには耳を疑いましたが、もちろん嬉しかったと同時に、ちらりと頭をかすめたことがありました。それは、「困った、内膜症を言い訳にできなくなってしまった」というものでした。

では、私は子宮内膜症があることを何の言い訳にしていたんでしょう。当時私は、とある団体でボランティアをやっていました。すべてボランティアで成り立っている団体だったので、人手は少なく、私はかなりの量の仕事を引き受けていました。最初は、皆大変そうだし、ほんのちょっとだけ、という気持ちでしたが、「ちょっと手伝いましょうか?」と言ってみたら、あれもこれもと次々と頼まれ、それ以上頼まれるのはイヤだったので、集まりには顔を出さずにいたのです。

そのときの言い訳が「私には子宮内膜症がある」というもの。実際には、症状はだいぶ治まっていたので、それを口に出したわけではありませんが、自分自身の後ろめたさに対しての言い訳として使っていたのです。だから、病巣が消えたと言われたときに、そんな想いがよぎったのでした。

内膜症は消えたものの、子宮筋腫はいくつかあるということだったので、引き続き、無意識のうちに、それを心のどこかで言い訳にしていました。

それでも、すでに引き受けていた分も、私にはいっぱいいっぱいだったようです。それに気づいたのは、便秘が1ヵ月も続いたとき。どう考えてもおかしい、と病院へ行き、大腸内視鏡検査を受けました。診断は過敏性腸症候群。要は、ストレスです。それでようやく、ボランティアを離れることにしたのです。

「ストレスが原因」というのは、便利な言葉ですが、実はそれだけでは何の解決にもなりません。いったい何がストレスになっていて、どうしてそれがストレスになることを自分は許したのか。私はただ、やりたくない、と言えばよかっただけのことです。今考えると、その頃の私は、自分はダメな人間だから、せめてボランティアで人の役に立たなくては、と思っていたのだと思います。当時はそんなことにはまったく気づかなかった。

そんなふうに、すべてではありませんが、病気の陰には、隠された意図が潜んでいることがあります。何かをやりたくない、家族の愛情が得られる、注目される、やりたいことはあるけれど、失敗するのが怖いから実は挑戦したくない、など。ホリスティックな見方では、肝臓は怒り、腎臓は怖れというように感情と関連づけられることがありますが、抑圧された感情が信号を発している場合もあるかもしれません。

病気という形でそうした心の声に気づくことにならないように、日頃から自分の中の隠れた小さな声にも耳を傾けましょう。

こころ

ノーと言うことがなかなかできない人っています。自尊心が低くて、人の顔色ばかり窺ってしまうような場合とか。

それとは違って、ノーと言おうと思えば言えるのに、あえて言わない人もいます。人の重荷を引き受けることが自分の使命かのように思っている場合です。立派にも見えますが、他人の問題を引き受けることに自分の存在価値を見出してしまうとなると、共依存的と言ってもいいかもしれません。副腎疲労のもとでもあります。

ミヒャエル・エンデの『鏡の中の鏡』という本にこんな一説があります。

ある青年が迷宮の都市を去ろうとしていました。その迷宮の掟は、「迷宮を去る者だけが幸福になれる。だが、幸福な者だけが迷宮から抜け出せる」というもの。

脱出するには試験を受けなければなりません。試験の課題が何かはわかりません。わかっているのは、課題は受験者の特性にぴったり合ったものということだけ。つまり、課題は受験者によって異なります。自分を正しく認識して、そもそも何が課題なのかを発見すること、まさにそれが課題でした。

試験が始まると、青年はどこに行っても不幸な者に会いました。ある片足の乞食に、「あんたは幸せだから、ほんのちょっとでいいから、おれの不幸をもって都市を出て行ってくれ」と頼まれ、その松葉杖を引き受けて、引きずっていた網に入れました。

その後、出会う人は次々といろんなものを彼の網に絡ませてきます。網はどんどん重くなるけれど、青年は自分の課題が何であるか確信していたので、試験に合格するものと希望に満ち溢れていました。

けれども、最終的に、青年が試験に合格することはなかったのです。彼の課題は服従しないことだったのだから。

からだ, こころ

ここのところ、真夏のような暑さが続いていますね。冷房を入れたり、冷たい飲み物をがぶ飲みしている人も少なくないと思います。マスクをしていれば、なおさら暑さはこたえます。でも、今からあまり極度に身体を冷やし過ぎないようにご注意を。

去年くらいから、「夏季うつ」という言葉を聞くようになりました。「冬季うつ」はよく耳にすると思いますが、「夏季うつ」も同じく季節性感情障害で、夏のあいだだけ、うつっぽい症状が現れます。夏バテ+精神的な不調というような感じだそうです。

女性は男性の3倍、夏季うつになりやすいのだとか。女性の方が冷房に弱いですが、身体が冷えると血流も悪くなり、精神的にも影響します。

また、冷たいものばかり飲んでいると胃が冷えるので、消化力も落ちて食欲がなくなります。そうめんのようなものばかり食べていれば、タンパク質が不足するので、セロトニンなどの神経伝達物質も作られにくくなります。

夏は日照時間が長く、朝明るくなるのが早いので、雨戸や遮光カーテンで外からの光をしっかり遮らないと、明け方に目が覚めたり、眠りが浅くなったりして、睡眠不足になりがちです。睡眠不足もうつっぽさを招きます。

予防するには、冷房で身体が冷えたら、夏でもシャワーで済ませずに湯船につかったり、軽く運動をして汗を流したりすることも大切です。

食欲が落ちてしまったら、ボーンブロスなどでタンパク質を補給するのがおススメ。

こうしたことは、夏場に限らず、普段からやっておくほうがいいのですが、夏は特に自律神経をおかしくしないように注意が必要です。熱中症対策も重要ですが、タンパク質をしっかり摂って、しっかり汗をかけるようにするのは、熱中症対策としても有効です。夏はこれから。長丁場に備えておきましょう。

こころ, フラワーエッセンス

このコロナ騒動の中、医療関係者や介護職の方々、そして、家族のケアをしている方々はとても苦労されていることと思います。

実際に手間が増えて忙しくなって肉体的に疲弊する以外に、気疲れすることがこれまで以上に増えたんじゃないかと思います。

オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスには、アルパイン・ミント・ブッシュという、ケアラーのためのフラワーエッセンスがあります。

このエッセンスは、他人の世話をしたり、他人への責任を負っている人たちのためのもので、燃え尽きを防いでくれます。こうした人たちは、共感力が高く、責任感が強いことも多いので、自分よりも他人を優先しがちです。また、責任を負っている誰かに対して下した決断が良かったのだろうかと絶えず悩んでしまうこともあります。

そういった場合には、休みが取れたとしても、仕事のことを考えてしまって、存分に気持ちが休まらないこともあります。このエッセンスは、燃え尽きる前に予防的に使うことが必要です。早い段階で、少しでも休みが取れれば、その間は仕事から自分を切り離して、リフレッシュすることが大切。そうすれば、仕事に対しても喜びや情熱を取り戻すことができます。

最近、ブッシュフラワーエッセンスの「Carers」というコンビネーションエッセンスが出たようです。7種類のエッセンスのコンビネーションエッセンスで、アルパイン・ミント・ブッシュのほかには次の6つが入っています。

・クロウェア…心配しすぎなときに(特に、大切な人について)

・フリンジドバイオレット…他人のネガティブな感情に影響されないように

・グリーンスパイダーオーキッド…世話をしている相手のニーズを直観的に理解できるように(特に、乳児や幼児、認知症の人など)

・マクロカーパ…ヘトヘトになったときに活力を取り戻せるように

・ポーポー…アップアップしているときに、しっかり判断できるように

・サンシャインワトル…大変な時期に楽観的になれるように

特に今の時期は、多くの人がピリピリしていて、心ない言葉をかけられることもあるようですから、フリンジドバイオレットが入っているのはありがたいですね。

日本ではまだ発売されていないようですが、こちらでオーストラリアから買うことはできます。また、キットを持っていれば、自分で調合するといいでしょう。

人の面倒を看るのはすばらしいことですが、自分自身のエネルギーが枯渇してしまっては続けられません。ちょっとした時間を見つけてリフレッシュしたり、手を抜けるところは抜いちゃいましょう。手抜きをした自分を絶対に責めないこと。自分で自分にダメ出しすることが、実はいちばん応えたりしますから。

こころ, タロット, フラワーエッセンス, ホリスティック, 占星術

今回のコロナ騒動で生活が一変してしまった人も多いと思います。感染についての不安だけではなく、経済的な不安や、家族との問題、先の見えなさなどが起こっていることもあります。メンタル面の不調が出ている人も少なくないでしょう。

そこで、5名の方に無料でフラワーエッセンスのトリートメントボトル付きの60分前後のオンラインセッションを行うことにしました。メンタルや感情の問題に対処するのはフラワーエッセンスの得意とするところです。そうした問題は、精神科や心療内科のお世話になるほど重症化する前に、早めに対処するのが望ましいのです。

セッションでは、通常のセッションと同じく、必要に応じてタロットや占星術も使います。栄養面についてお話することもあります。今回出てきた問題は、実は以前から潜在的にあったという場合も少なくないと思います。そもそもの原因が別のところにあるかどうかも見極めが必要です。

セッションは、Skypeかzoomのどちらかをお選びいただけます。どちらも難しいという方はメールでも受け付けますが、何度も長文でのやり取りをすることになりますので、それが面倒でない方に限定させていただきます。

申し込み条件は次の通りです。

・今回のコロナ騒動に関連してメンタルに不調をきたしている方、またはその他の問題が生じている方。

・フラワーエッセンスを2週間~4週間朝晩毎日摂って、その経過を詳細にご報告いただける方(経過は後日、匿名にしてオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスの現地本部に提出させていただくことがあります)。

・生年月日(できれば出生時間と出生地も)をお知らせいただける方。

・セッションのご感想をいただける方(匿名にしてウェブサイトでご紹介させていただくことがあります)。

フラワーエッセンスは、状態に応じて、1種類または数種類のエッセンスからなるトリートメントボトル(保存料としてブランデーが少量入っています)を後日郵送いたします。エッセンスは、世界中で医療従事者から定評のあるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスを使用します。

フラワーエッセンスの代金と送料はこちらで負担いたしますので、冷やかしの方はご遠慮ください。

ご希望の方は、こちらから、お名前とセッションをご希望される理由を簡単に記載してお申し込みください。また、ご質問もこちらからお願いします。24時間以内にご返信いたします。

こころ, フラワーエッセンス

緊急事態宣言が出されて、先の見えない状況が続いています。私も3月から始めた週1回のお店での鑑定のお仕事(お店の規定でこちらでは宣伝できないので、私の名前でググってください)も当面お休みのようで、いつ再開できるのかわかりません。

そんな中、不安が大きくなっている人も多いと思います。今回は、フラワーエッセンスを使った対処法をお伝えします。「不安との上手なつきあい方(1)」もご参考に。

感情の取り扱いは、フラワーエッセンスが最も得意とするところです。敏感な人ほど効きやすいと感じています。子どもも効きやすいです。

フラワーエッセンスってそもそも何?と思う人もいるかと思いますが、自然界の花のエネルギーを水に転写したもので、ネガティブな感情を中和してバランスのとれた状態にしてくれます。

エネルギーを転写するなんていうと怪しげに聞こえるかもしれませんが、イギリスの医師、エドワード・バッチが作ったのは1936年だそうで、80年以上の歴史があります。何にも効果がないものであれば、とっくに消えているはずです。

バッチフラワーエッセンスが有名ですが、今では世界各地の花からフラワーエッセンスが作られていて、私はその中でもオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスを使っています。オーストラリアはアボリジニが自然を守ってきたので、野生の花(フラワーエッセンスには人工栽培した花は使いません)のエネルギーが強いのだそうです。そのためか、即効性があり、パワーも強いので、世界中の医療従事者からも定評があります。私自身、バッチフラワーよりもずっと強力だと感じるので、今ではもっぱらブッシュフラワーエッセンスを使っています。

さて、本題です。
不安と言ってもいろいろな種類があります。今回のコロナ騒動に関連して使えるものを考えてみました。

エッセンスはAmazonや楽天などで原液ボトルが購入できます(エッセンス名にリンクを付けておきます)。それとは別のドロッパー付きのボトルを用意して、それに蒸留水かミネラルウォーターを4分の3、保存料としてブランデーを4分の1、原液ボトルから7滴を入れ、ボトルを軽く揺すってよく混ぜます。それを朝晩7滴ずつ、舌下に垂らすか、飲み物に入れてください。アルコールがダメな人は、熱湯に入れると蒸発します。少なくとも2週間は続けることが必要です。「フラワーエッセンスが効く人・効かない人」の記事も参考にしてください。

まずは今後の状況や経済的なことなど、心配で仕方がなく、胃が痛くなっちゃうような場合で、もともと心配性な人にはクロウェア

それほど強くない不安にはドッグ・ローズ。新型コロナウイルスに関するニュースや番組などを観た後にちょっと不安になってきたというときにも使えます。

不安がもっと強まって、不安に飲み込まれて自分を見失いそうになっているときにはドッグ・ローズ・オブ・ザ・ワイルド・フォーシズを使うと、感情をコントロールして落ち着きを取り戻せるようになります。

さらに不安が高まって、不安と言うよりも恐怖と言った方がいいような場合はグレイ・スパイダー・フラワーです。たとえば、コロナに感染して死ぬんじゃないかというような、死への恐怖がある場合や、悪夢を見るような場合。

それから、メディアの情報や周りの人の不安に影響されすぎて不安が募った場合には、フリンジド・バイオレット

クロウェアとドッグ・ローズ・オブ・ザ・ワイルド・フォーシズとフリンジド・バイオレットは、エマージェンシーエッセンスというコンビネーションエッセンス(こちらは原液ではなくトリートメントボトルなので、希釈しないでください)に入っていますが、パニックを起こしそうなときには、エマージェンシーエッセンスを朝晩だけでなく、頓服的に、症状が収まるまで摂取してください。起こってほしくないことですが、万が一、身近な人が感染して亡くなったような場合にも、そのショックに対して使えます。

また、自分は感染するんじゃないかと心配で仕方がなく、特に、普段から自分は病気になるんじゃないかと健康ばかり気にしているような人には、ピーチフラワード・ティートリー

あとは、日常生活が変わってしまって、落ち着きや冷静さを取り戻したい場合は、カーム&クリア。こちらもコンビネーションエッセンスなので、希釈は必要ありません。

ざっとこんな感じですが、改めて書いてみると、フラワーエッセンスを使った対処法にもいろいろバリエーションがありますね。エッセンスは1種類だけではなく数種類組み合わせることもできますが、あまり数が多いと効き目が弱くなることもあります。

自分ではよくわからない、1回しか使わないかもしれないのに原液ボトルやトリートメント用の空ボトルを買うのはちょっと、という人はご相談ください。今回の新型コロナウイルスにまつわる感情的な問題に限り、メールかSkype・Zoomにて、3000円(トリートメントボトル、送料込み)でご相談をお受けします。こちらよりお問い合わせください。

不安や心配は免疫力を低下させます。フラワーエッセンスを使って上手にケアしましょう。

こころ

先週に続き、今週も外出自粛で街中から人が減っています。

連日の報道で、自分もコロナウイルスに感染するんじゃないかとか、今後の生活はどうなるんだろうかと不安に思う人も少なくないと思います。

不安や心配は免疫力を低下させるので、この状況では特にできるだけないに越したことはありません。

とはいえ、「楽観的にいきましょう」といってもなかなかそうなれるものでもないので、不安や心配との上手なつきあい方を覚えましょう。

まずは、できる限りの対策をすること。手洗いうがいはもちろんのこと、栄養や睡眠をたっぷり摂ることも必要です。買い占めにならない程度に日頃から食料を備蓄しておくのも大切ですが、インスタント食品など、栄養のないものは避けましょう。加工食品にはリンが多く含まれているので、ただでさえストレス下で排泄されやすいマグネシウムの吸収が阻害されます。インスタント麺を備蓄しておくより、サバ缶とお米のほうがずっといい。

備えても憂いあり、という場合は、いろんな手法を試してみましょう。

仁神術の「指にぎり」という方法があって、心配には親指を反対の手の親指以外の4本の指で5分から10分ほど軽く握るといいそうです。その際には、できるだけリラックスして深呼吸をしながらやってください。

また、マインドフルネス系の瞑想法を応用して、不安や心配が起こったときに、呼吸や身体の感覚を観察する方法もあります。たとえば、息を詰めていたり、呼吸が荒くなったりするのに気づくかもしれません。身体の感覚としては、おへその辺りがきゅっとなったり、肩がパーンと張っていたりするかもしれません。それを、反応せずにただひたすら観察します。呼吸や感覚を自力で変えようとする必要はありません。どこからどこまでその感覚がどの程度あるかなどを単に観察するだけです。そして、呼吸やその感覚がどのように変わっていくかも観察します。そうすると、同じ状態が永遠に続くことはなく、そのうちに過ぎていくのがわかります。観察している間に、気づけば不安や心配も薄らいでいるはずです。いきなりやろうとしても難しいかもしれないので、日頃から練習しておきましょう。

タッピングと呼ばれる手法も覚えておくと便利です。これはツボを指でトントンと叩く方法で、どこでもできるし、簡単です。こちらに簡単なやり方が載っています。もうちょっときちんと知りたいという場合は、『タッピング入門』という本がおススメ。

不安や心配があると、脳の扁桃体の活動が過剰になっているそうです。息が弾む程度の有酸素運動をすると、延髄が扁桃体の興奮を自律神経に伝えにくくなるのだとか。だから、不安を感じたら、じっとしていないで、身体を動かすことも大事。

また今度、フラワーエッセンスを使った対処法をお知らせします。

こころ

現状を変えたい!という人は少なくないと思います。でもなかなか変わらないことが多いですよね。

変わりたいと思っても、いくら現状が嫌だと思っても、実際に変えるべく行動を起こさずに先延ばしにしがちです。

それはなぜかというと、変化というのは脳にとってはすごく負担になるのです。たとえば、引っ越しをするというのは、環境が新しくなるので嬉しい反面、ものすごく億劫で、エネルギーが要りますよね。どんなに喜ばしいことでも、大きな変化を目の前にすると憂鬱になることもあります。マリッジブルーなんかはその典型です。

なので、現状を変えたい、夢に描いている状況がある、と思っても、慣れ親しんだ環境から抜け出すのはとんでもなくストレスフルなことなのです。結局は、近しい人と現状についての愚痴を言い合ったり夢を語り合ったりという、慣れ親しんだ状況を繰り返すだけになってしまいます。

その繰り返しから抜け出すには、日常で慣れ親しんだ習慣を変えてみることです。どんなに小さなことでもかまいません。たとえば、いつもコーヒーを飲んでいるなら紅茶に変えてみるとか、いつもとは違う道を通って駅まで行ってみるとか。

そんなふうに、突然の大きな変化に脳が拒否反応を示さないように、毎日ちょっとした変化を起こして脳を変化に慣れさせてみましょう。