上弦の月のメッセージ

今日は山羊座1ハウスで上弦の月を迎えました。木星・土星・冥王星もまだ山羊座に入っています。 社会での自分の立ち位置をしっかりつかむこと。 海王星がMCとオポジションなので、ぼんやりして仕事に支障が出ないようにしましょう。

今日のトートタロットの一枚は、「ディスクの5」。

心配事は尽きないかもしれません。特に今は、コロナ禍の影響もあって、金銭的な悩みが生じ、人との連絡も上手く取れず、物事が思うように進まない。そんな状況だと、気持ちばかりが焦って、精神的にも参ってしまいます。

そんな中でも、目先の心配にとらわれすぎて、遠くに見える光を決して見失わないこと。現実的な問題は、根本から見直してやり方を変えることで解決していきます。ただし、それを目標にしてはいけません。問題解決は、その先にあるもっと大きな目標のための手段にすぎないのだから。

心配性の人には、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのクロウェアがおススメです。

このエッセンスは、ひっきりなしに心配ばかりしている人が、落ち着きを取り戻して自分軸で生きられるように助けてくれます。

心配ばかりしている人は胃が弱いことがよくあります。クロウェアのエッセンスは、身体レベルでは胃に働きかけるエネルギーをもっています。なんと、胃酸の調節にも役立つのだとか。あくまでエネルギー的に、ですが、心配をすることが少なくなれば、自律神経が安定して、胃酸の出具合も正常になると考えれば、納得ですね。

Naadのセッションをご希望の方はこちらを。

上弦の月のメッセージ

今日は4ハウスの射手座で上弦の月を迎えました。このとき月は12ハウスの支配星となっています。家でゆっくり冒険ものの映画を観るのもいいかも。

今日のトートタロットの一枚は、「ソードのエース」。

目先のことではなく、もっと大きなことに目を向けて考えをまとめましょう。疑心暗鬼になって、あれこれ考えてしまう場合には、判断材料になる情報をきちんと集めて、答えを出すことです。心のもやもやが晴れないうちは、行動するのは待った方がいいでしょう。感情に振り回されず、理性を働かせてください。

このソードのエースのように、すっと一本筋が通った状態からは程遠く、頭の中がぐるぐると落ち着かない場合には、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのジャカランダがおススメ。

このタイプの人は、考えがしょっちゅう変わったり、物事が中途半端になってしまったりと、とても不安定。自分が下した決断も、正しかったのかどうか自信がもてません。単にぼんやりしていて考えがまとまらない(その場合はサンデュー)のとは違って、考えや行動がコロコロ変わるので、空回りしがちです。

そうした人がジャカランダのエッセンスを摂ると、落ち着いて頭が冴え、あれこれ迷うことなく決断を下せるようになります。

テレワークをしているのに、どうにも気が散って集中できないようなときにも、試してみる価値はあるかも(まずは環境を整えてからだけれど)。

上弦の月のメッセージ

今日は蠍座での上弦の月。対人関係を表す7ハウスでの上弦でした。人と会うこともままならず、疎遠になりがちな今日この頃。メールや電話を通じて、関係を深めてみましょう。直に会って話すより、意外と深い話ができるかも。

今日のトートタロットの一枚は、「#3 The Empress」です。

自分が前へ前へと出ようとするのではなく、人と人とをつなぐ立ち位置に立ってみましょう。そのためには、あの人は好きだけれど、この人は嫌い、というように、好き嫌いで選り好みをしてはなりません。温かい眼差しをもって、相手の良いところを引き出すようにすることです。

このカードは母性も表しています。相手を受け入れ、愛するには、受け入れられて愛された経験がないとできません。子どもの頃に親との愛着が上手く築けないと、大人になってから他人との愛着を上手く築けないと言われています。

母親との関係や愛着の問題を解決するには、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのボトルブラシが助けになるかもしれません。

これは母親と子どもの絆を強めてくれるエッセンスで、母親が子どもに対して否定的な感情をもっている場合や、逆に、子どもが母親に対してわだかまりを抱えている場合に使えます。これは、大人になってからでも使うことができます。

その名の通り、ボトルブラシのようなこの花は、日本では「ブラシノキ」と呼ばれています。ボトルにこびりついた古い汚れもブラシを使うときれいに取れるように、年月が経ってしまった母子の古いわだかまりを、この花のエネルギーは取ってくれるのですね。

上弦の月のメッセージ

今日は天秤座での上弦の月。そして、火星は今日、自らが支配する牡羊座に入り、半年ほど滞在します。まずは人生に調和を取り戻して、バランスのとれた視線でこれからのことを考えましょう。進む方向を定めたら、火星の力を活用して行動あるのみ。

今日のトートタロットの一枚は、「ディスクの7」です。

ああなりたい、こうなりたい、と思って努力をしてきたつもりでも、人は慣れ親しんだ環境から離れたがろうとしません。どこかで手を抜いていて、現状に対する不満を口にする日々に慣れっこになっています。成功を夢見ていても、それは大きな変化を意味します。変化には大きなエネルギーがいるのです。脳にも大きなストレスがかかります。そのため、心のどこかで現状維持を望んでしまうのです。

今は見通しが立たなくても、あきらめないでください。人生は山あり谷あり。物事は希望通りに進まないこともあります。明けない夜はありません。まずは一日一日を大切に過ごしましょう。

将来の見通しが暗く、これから先も同じことの繰り返しなんじゃないかと、未来の可能性を信じられない時におススメなのは、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのサンシャイン・ワトル。

このエッセンスは、人生はつらく厳しいものだと信じ、過去の不快な経験から抜け出せない人が、同じ状況を別の視点で見られるようにしてくれます。

サンシャイン・ワトルは、お金の心配をしていたり、金銭面で状況がよくないと感じている人が楽観的になるのも助けてくれます。

いつまでも過去にとらわれていてはいけません。物事は変わるのが常。これからやってくる未来の可能性を信じながら、今できることを楽しんで行いましょう。

上弦の月のメッセージ

今日は乙女座で上弦の月を迎えました。魚座にある火星とオポジション。感情的にカッとなって批判的にならないようにしましょう。

上弦の月のトートタロットの一枚は、「#20 The Aeon」です。

物事を違う角度からも考えましょう。円錐は、上から見ると丸に見えますが、横から見ると三角です。全体像をとらえるには、いろいろな角度から見ることが大切です。

そのためには、さまざまな情報を取り入れることも大切かもしれませんが、鵜吞みにせずに、しっかりと噛み砕くことです。そうでないと、全体像をまとめ上げることができません。

オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのポーポーは、情報を咀嚼して吸収し、統合できるようにしてくれます。

ポーポーっていうと、聞きなれない名前ですが、パパイアのことです。こんなに可愛らしい花が咲くのですね。

パパイアと言えば、未熟果に含まれるパパインは、タンパク質消化酵素です。フラワーエッセンスも同じように消化を助けるというのは面白いですね。物質レベルでも、エネルギーレベルでも、消化・吸収を促進するわけです。もちろん、フラワーエッセンスにタンパク質消化作用があるわけではありませんが、消化関連の不調にもエネルギーレベルで有用なようです。試験前でアップアップしていて胃腸の調子が悪くなっているときとか、精神的なものが影響している場合にはいいかもしれません。

ポーポーの木はまっすぐで、そこからたくさんの枝が出ています。このたくさんの枝というのが、たくさんの情報や選択肢を表していて、ポーポーのエッセンスは、それに圧倒されずに、きちんと消化して自分のものにできるように助けてくれるのですね。

上弦の月のメッセージ


今日は獅子座で迎えた上弦の月。トートタロットの一枚は、「ワンドの3」です。

緊急事態宣言が延長されることが決まりました。これまでになかった事態に戸惑っている人も多いかもしれません。不安や不満や問題が一気に噴き出したのなら、それはこれまで隠れていて見えなかっただけで、ずっと存在していたのです。平和な日常で誤魔化していたものが露呈しただけのこと。

これを機会に、問題を解決する手段や、不安や不満の根本原因を探ってみましょう。アフターコロナということも話され始めていますが、あなたの人生は、今回の騒動をきっかけに変わるでしょうか。それとも同じままでしょうか。

有名人が亡くなったりしたことに皆少なからずショックを受けましたが、いつ何があってもおかしくないのは、今回の件に限りません。けれども、こんなことでもないと、命は限りあるもので、人生もいつまでも続くわけではないということを忘れてしまうのですね。

時間はたっぷりあります。じっくり考えて、自分の考えと気持ちと意志を一致させること。この3つがバラバラな状態では、どこに進んだらいいのかわかりません。

そんな行き詰った状態にあるときにおススメなのは、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのレッド・グレヴィレア。

このエッセンスは、不快な状況にあるのはわかっているのにどうしたらいいのかわからず、そこから脱け出せない人に適しています。蜘蛛の巣のようなごちゃごちゃしたこの花の形は、窮地に陥っている状態を連想させます。そうした人は、他人の顔色をうかがいすぎたり、他人に頼りすぎたりして、自分の能力を出し切っていないことがありますが、このエッセンスは自分の殻を破って、人生を前に進めるのを手伝ってくれるのです。このエッセンスを摂ると、現実が変化するような偶然が起こることもあるそうです。

この花の色は鮮やかな赤。くすぶったままでいないで、命を燃やしてみましょう。あなたにとって本当に大切なこと、生き生きとできることは何ですか?

上弦の月のメッセージ

今日は蟹座の上弦の月。月は我が家に戻ってホッとひと息。そういう私たちも、家にいることが増えた今日この頃。家にいても楽しめることはたくさんあります(私は家にいるのが大好き!)。不安にばかり焦点を合わせずに、この機会に、家にこもってしかできないことを楽しみましょう。

上弦の月のトートタロットの一枚は、「カップの9」。

コロナ騒ぎの中、気になるのは世の中の不安。確かに、いつ感染するかわからない、先がどうなるのかわからない。不安になるのも無理はありません。

でも、必要な対策をしてしまえば、あとは天に任せるしかないのです。考えてみれば、私たちは常に死と背中合わせ。コロナウイルスに感染しなくたって、いつ交通事故に遭ったり、重い病を宣告されたりしてもおかしくないわけです。

けれども、普段はそんなこと絶えず心配したりはしません。それは、人生というものをある程度信頼しているからです。

それに、日本は検査が十分に行われていないとはいえ、医療は充実しています。日頃から医療設備の整っていない国々はどうなるでしょう。手を洗う水すら十分に得られないのです。そう考えれば、日本はどれだけ恵まれていることか。そういう視点をもつことも、冷静になるひとつの手段。そうした国は日頃から感染症と闘っているのに、先進国は大した関心をもたないのですよね。

新型ウイルスはこれからも現れるはず。そのたびに不安になってばかりいられません。日頃から健康に気をつけて免疫力を上げること。そして、人生を信頼することです。

人生を信頼できずに不安になり、欠乏への恐怖が出た結果が、買い占めなどの行動です。他人のことはどうでもよくなり、我先にと買い占めます。

そんな人におススメなのは、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのブルーベル。

これは、ハートを開いてくれるエッセンスです。買い占めをするような人たちは、必要なものを買っておかなければ、自分は生き残れないのではないかという恐怖を感じています。このエッセンスは、豊かさを信じ、他人と物を分かち合うことができるようにしてくれるのです。

上弦の月のメッセージ

今日は双子座の上弦の月です。気分にムラが出やすいとき。魚座にある海王星とスクエアなので、空想にふけって、気がついたらもうこんな時間、なんてことにならないようにしましょう。

さて、上弦の月のトートタロットの一枚は、「カップの1」です。



他人といい関係をつくりたいと思っても、自分に余裕がないといい関係は築けません。いい関係を築くには、お互いにエネルギーの交換ができないと上手くいきません。そのためには、このカップのエースのカードのように、まずは自分が溢れるほどのエネルギーをもっていることがいちばんです。そうすれば、その広がるエネルギーに人は惹きつけられるのです。

まずは自分で自分を満たすことが大切。誰かが何かを与えてくれるのを期待するのではなく、自分が置かれた環境に美しさを見出してみましょう。

日々同じことの繰り返しだと、目の前にあるものが当然のことだと思ってしまいます。でも、それは失って初めて、文字通り「有難い」ものだったのだと、大切さがわかるのかもしれません。

そんなふうに、現状に退屈して生きる喜びを失っているときに助けになるのが、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのピンク・フランネル・フラワー。

このエッセンスは、ブッシュフラワーエッセンスの3種類のフランネルフラワーのうちの1つです。リトル・フランネル・フラワーほどではありませんが、小ぶりな花です。

ピンク色のこの花のエネルギーはハートに働きかけます。ハートのIQを高めてくれ、ハートを開いてあらゆる物事に感謝できるようにしてくれます。人生の些細なことにも喜びを見出せるようになり、今ここにこうして生きている奇跡に気づかせてくれるのです。

ブッシュフラワーエッセンスには「アバンド」という豊かさを感じられるようになるコンビネーション・エッセンスがあるのですが、それにはどういうわけか入っていません。でも、アバンドに足したらすごくいいんじゃないかな。

上弦の月のメッセージ

寒い日が続いていますね。コタツでぬくぬくするのも心地良いものです。気心の知れた少人数でワイワイやるのもいいですね。

今日は牡牛座での上弦の月。牡牛座は変化を嫌います。現状がずっと続いてほしい。そんな執着も生まれがちです。

そんな上弦の日のトートタロットの一枚は、「カップの4」。

身近な仲間だけで集まるのは、楽しく、安心安全です。でも、ともすると、それは閉鎖的になりがちです。カップから水がこぼれていないように、身内には分け与えるけれど、それ以外の人には与えないというような排他性も生まれます。このカードの絵は一見明るいですが、空はグレーがかっていて、水面も波打ち始めています。

仲間なら仲良くするけれど、そうでないなら仲良くしない。そうした姿勢から世の中の不和が生まれます。

オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのスレンダー・ライス・フラワーは、偏見や心の狭さをなくし、人類がすべてつながっていることを思い出させてくれます。

この花は小さな白い花がたくさん集まってできています。よく見てみると、そのひとつひとつに4つの花弁がついていて、美しい形をしています。このエッセンスは、そんなふうに、人間一人ひとりの美しさに気づかせてくれるのです。

上弦の月のメッセージ

今年も引き続き、月に4回はこうしてカードを引いていこうと思います。

さて、今年の1回目。今日は上弦の月です。牡羊座での上弦ということで、1年のスタートっぽくていいですね。

1月3日の上弦の月のトートタロットの1枚は、「ディスクのクイーン」です。

どっしり構えて、今まで通り着実に物事を進めましょう。昨日も書きましたが、今は山羊座の力が強い時期。地道に一歩一歩進んでいくことが大切です。誤魔化したり、ズルしたりしちゃいけません。そうすれば、ディスクのクイーンのように、堂々として落ち着いていられるのです。

そして、魂の宿る神殿としての身体を大切にすること。お正月に食べ過ぎて調子が悪くなった人もいるかと思います。栄養の偏りは心身ともにバランスを崩します。必要な栄養素を知って、自分の健康は自分で守りましょう。

私自身、昔から身体が弱かったので、健康には人一倍気を遣ってきました。今でも分子栄養学をはじめ、いろいろ勉強しています。ただ、健康オタク的になってくると、逆に気をつけなきゃいけないのは、健康を気にしすぎること。

過ぎたるは及ばざるが如し、で、健康への気遣いが行き過ぎると、「調子が悪いのはさっき食べたあれがよくないのかも」とか、「これを食べたら具合が悪くなるのでは」なんていう風に、四六時中、身体のことばかり気にしてしまいます。病気を怖れて考えすぎることで、逆に病気を作り出してしまうということもあるのです。

そんな場合には、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのピーチフラワード・ティートリーがピッタリ。

オーストラリアンブッシュ/シングルエッセンス[ピーチフラワードティーツリー]

オーストラリアンブッシュ/シングルエッセンス[ピーチフラワードティーツリー]

このエッセンスは、健康を心配しすぎる人が適度に健康に気を配れるようにしてくれます。また、気分屋で飽きっぽく、物事を完遂できない人にも適しています。「ディスクのクイーン」の要素が欠けている人にはピッタリのエッセンスですね。