こころ, フラワーエッセンス, 人間関係

負の感情って取り扱いが難しいことがあります。特に、できるだけいい人間であろうと努力している人ほど、無意識のうちにそうした感情を抑圧してしまっていることがあります。

自分でも気づかないうちに怒りが溜まっていて、恨みや憤りにまで膨れ上がってしまうこともしばしばです。そうした感情は、どうでもいい相手ではなく、家族やパートナーを含め、とりわけ親しい間柄の相手に抱きやすいものです。

「相手をゆるしましょう」ということは簡単に言われていますが、そんなに簡単にできれば苦労はしません。でも、そのままにしていては、未来の人間関係にも影響が出てきます。

そんなときには、フラワーエッセンスの助けを借りてみましょう。親しい相手に対する恨みや憤りの感情を解放するには、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのダガー・ハキアが使えます。

このエッセンスを少なくとも1週間(朝晩7滴ずつ)摂った後に行うワークがあります。「ゆるしのプロセス」と呼ばれるものです。

①時間を取って、邪魔が入らない静かな場所でひとりになります。

②楽な姿勢で座り、目を閉じて深呼吸をし、意識を内に向けます。横になってもかまいませんが、寝てしまわないようにしてください。

③自分が恨みや怒りを感じている人に、イメージの中で出てきてもらいます。1度に1人ずつにしてください。解決すべき問題がいちばん多い相手が登場するはずです(父親か母親のことが多いそうです)。

④相手の姿が目に浮かぶか、存在を感じたら、その人のおへそと、自分のおへそから、それぞれ1本のコードが出ていることを想像します。そして、その2本のコードを結んでください。そして、相手の名前を声に出して呼び、「私があなたを恨んでいるのは○○に対してです」と、具体的な事柄を入れて、すべて述べていきます。

⑤すべて述べ終わったら、また相手の名前を呼び、「私があなたに対して抱いている恨みを私は解放します。私はあなたを愛しています」と言ってから、手をハサミの形にして、「あなたをゆるします」と言いながら、自分と相手を結んでいた想像上のコードを切ります。

⑥このプロセスを再度2回繰り返します。1回目に言い忘れた事柄があれば、それも付け足してください。

⑦合計で3回のプロセスが終わったら、今度は、相手に自分に対しての恨みを言ってもらいます。最初と同じく、自分と相手を想像上のコードで結んでから、相手の名前を呼び、今度は「あなたが私を恨んでいるのは○○に対してです」というように、相手が自分に恨みを感じていると思われる事柄を言います。

⑧終わったら、また相手の名前を呼んでから、「あなたが私に対して恨みを感じているすべてのことについて、私はあなたをゆるします。私はあなたを愛しています。あなたを解放します」と言って、ここでもハサミの形にした手でコードを切ります。

⑨このプロセスをさらに2回、合計3回行います。

⑩これで1人目とのプロセスは終わりです。まだ時間と気力があれば、次の人に出てきてもらいましょう。

以上です。この後さらに数日間エッセンスを摂ると効果が増します。

このワークはかなり時間がかかるので、一度に1人だけにして、何回かに分けて行っても大丈夫です。

実際にやってみるとわかりますが、こちらにばかり言い分があるように思っていても、相手の側にも恨みつらみが何かしらあったりするものです。相手の視点に立つのが難しいと感じられたら、相手の着ぐるみがあると想像して、その中に入ってみるのも一つのやり方です。

このワークをやった後に、今まで身体が重くて歩くことすらしんどかったのが、スタスタと歩けるようになった、という人もいました。

親やパートナーなど、具体的な相手との感情的な問題を解消したい場合は、ダガー・ハキアに加えて、ほかのエッセンスをプラスするのも効果的です。その場合は、ぜひご相談くださいね。セッションについてはこちらから。

こころ, フラワーエッセンス, 人間関係

最近読んだ本に、関心をもつということには2種類あると書かれていました。相手の気持ちや考え、どういった人間であるかなど、相手の内面そのものに関心を寄せるということ。もうひとつは、相手の気持ちや考えなどが、自分自身にどう影響してくるかということに対する関心です。

たとえば前者は、親であれば、子どもがどういったことを常日頃考え、感じているのかに関心をもつということです。ひとりの人間として理解しようとして、この子はどういう子なんだろうという興味をもつということですね。

それに対して後者は、この子は全然勉強しないけれど、進路についてきちんと考えているんだろうか、というように、一見関心を寄せているように思えるけれど、その裏には、早く独り立ちしてほしい(そうすれば手が離れるから自分のことにエネルギーが注げる)という想いや世間体を気にする気持ちなどがあって、関心があるのは実は相手そのものではなく、相手の行動によって自分自身が今後どうなるのかということ。

この関心の違いはカップルについてもよく見られます。よく受けるご相談に、長い間付き合っている彼がなかなか結婚してくれないので、別れようか迷っているというものがあります。

これも、相手を一人の人間として理解しようという想いがあれば、相手が何を考えているのか、まず話をして理解しようとするのではないかと思います。もしそれをせずに、別れようか迷っているのであれば、すでに相手そのものよりも自分が今後どうなるのかということの方が関心が強いということなのかも。

そこにはもう愛はないようにも思えますが、そもそも本当に相手そのものに関心を寄せたことがあったかどうか。独りだと寂しいから、周りがどんどん結婚しているから、という動機から婚活をする人も少なくありません。きっかけは何であれ、目の前に現れた相手を理解しようとしてきたか。それを振り返ってみて、一人の人間として相手に新たに関心をもてるのであれば、関係は再び息を吹き返すかもしれません。

相手に対して冷めてしまった関心を呼び起こすにはオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのブッシュ・ガーデニアもお勧めですよ。

こころ, 人間関係

最近知って結構ビックリしたのは、ここのところ女性の自殺者が増えていて、その中でも同居人のいる女性の自殺が急増しているということです。コロナ禍で、家族が家にいる時間が増えたりして、家事を手伝ってもらえるどころか、かえって負担が増えていることもあるのでしょう。これまでだったら合間を見つけてしていた息抜きも、思うようにできないのかもしれません。

そういえば、既婚女性より独身女性の方が長生きするというデータもあるようですね。「おひとりさま」より、傍目には幸せそうなのに、なぜでしょう。

実はその手のご相談はよくあります。パートナーの気の利かなさや何もしてくれないことにストレスがつのり、「もう限界!」となってしまうのです。

そういう人たちの話をよく聞いてみると、とても機転の利く人が多く、相手に頼むより自分でやってしまった方が早いとか、相手のやり方ではとても任せられないと思って、結局自分でやるんだけれども、それが当たり前になってしまうと面白くなく、やがて我慢の限界が来る、という感じのようです。「こっちから言わなくても察してほしい」というのが正直なところ。相手は、何も言われないので、不満に思われているなんて気づいてもいないことがほとんど。

察してほしい気持ちはとてもわかるのですが、残念ながら、それが間違いのもと。どんなに近しい人間でも、愛し合った仲であっても、他人は他人。家族であっても人格は別です。それに、「機転が利く」というのは一種の才能であって、誰でもできるわけではありません。

でもきっと、機転が利くように見える人でも、揉まれて揉まれて、機転が利くようになったのかもしれないですよね。だから、周りの人間にもそうなってほしかったら、時間をかけて育ってもらうしかないのです。

そのためには、察してもらうことは期待せず、面倒でもいちいち言葉にすること。具体的に何をしてほしいのか、何をしてくれたら嬉しいのかを、できるだけ冷静に、怒りを交えずに伝えることです。ケンカしたいのなら話は別ですが、相手に動いてもらいたかったら、どう伝えるかは注意すべきところ。反語はやめましょう。「なんで何にもやってくれないのよ⁉」とか「ボケっとしてないで手伝ってくれない⁉」では、相手は進んで手伝おうという気にはならないと思います。

それよりも、具体的に何をどうしてほしいのかを言いましょう。たとえ面倒でも。 自分では当たり前に思えることでも、相手は具体的なやり方がわかっていないこともあり得ます。それで、やってくれたら、自分がこれだけやってるんだからそのくらい当然だと思っても、あえて「ありがとう」と言うことで、相手のやる気は増えます。逆に、ダメ出しをしてしまうと、相手は二度とやりたくないと思うかもしれないので、完璧主義はやめて、多少のヌケは大目に見ることです。

でもそんなこと、今までも試してみたけれど、結局ダメだったから全部自分がやっているんじゃない、と思うかもしれません。大切なのは、全部引き受けることをがんばるんじゃなくて、面倒だから全部自分でやってしまおうとする衝動を抑えて、やらないこと。ついついやってしまいたくなっても、グッとこらえる。相手は、自分がやらなくても結局やってもらえると思っているからやらないわけで、やってもらえなくて困るのであれば、動くしかありません。機転が利く、面倒見がよい、というのは美徳ですが、その美徳が自分の首を絞めていることもあるのです。

特に日本では、気の付く女性というのは高く評価されるので、そうなりがちですが、言葉にしなければ相手に伝わらないというのが本当のところです。ブチっと切れる前に、相手に求めることを丁寧に言葉にしていきましょう。

ところで、来月に2冊目の翻訳書が出ます。アスペルガー症候群をもつ人とのパートナーシップの本で、特殊な感じに思えますが、内容の7割くらいは通常のパートナーシップにも通じるものです。上に挙げたような問題を解決する具体的なワークが満載です。相手とのコミュニケーションが上手くいっていないと悩んでいる方はぜひ一読を。