フラワーエッセンス, 占星術

変化の時期って気持ちが追いついていかないことがあります。以前にも、そんな時期を乗り越えるためのフラワーエッセンスをご紹介したことがありました。

ホロスコープからも、変化の時期を読み取ることができるのですが、そのひとつがソーラーアークの太陽のサイン移動です。

ソーラーアーク法という未来予測法がありまして、簡単に言うと、出生図のホロスコープをそのまま反時計回りに、年齢と同じ度数進めるものです。それを出生図やトランジット(現在の天体の配置)と重ね合わせて読みます。

そうすると、ソーラーアークの天体はそれぞれ星座を移動していくわけですが、30年に1度、星座のサインが変わることになります。特に太陽のサイン移動は重要なので、大きな変化の時期と考えることができるのです。

実は私、昨日ちょうどソーラーアークの太陽が乙女座から天秤座に移動したばかりです。30年の乙女座修業時代が終わったような感じですが、考えてみれば、乙女座的なことをずいぶんとやってきたように思います。「乙女座修了証」とかほしいくらい(笑)。

獅子座の生まれなので、そもそもはワガママなのですが、周りに合わせることをずいぶん覚えました。手に職もつけたし、持病もあったので健康管理も学んで、代替療法や栄養のことも勉強するようになりました。医薬分野の翻訳なんて、乙女座っぽい。一時期は、なぜだかボランティアばかりやっていました。

水星をはじめ、ほかにも乙女座にいくつか天体が入っているから乙女座的なことを身に着けやすかったというのもあるかもしれません。今では、自分は乙女座ではないかとたまに錯覚するくらい。

これからの30年は天秤座修業時代(たぶんこれで終わりでしょうけど)。一対一のセッションや個人鑑定を始めるようになったのも、その準備段階だったのかも。

乙女座時代が終わりに近づくにつれ、もー十分にがんばったよー、変わんなくていいよーっていう、変化を嫌がる最後のイヤイヤ感が出てきていました。ゆるやかな地の星座グランドトラインもあるので、保守的な最後のしがみつき。対人めんどくさいとか(笑)。

サインが切り替わったからと言って、スイッチオン・オフみたいに切り替わるわけでもありません。30年かけて天秤座的なことを学んでいくんですから。でも、太陽の旅は続いていて、新しい世界に乗り出さざるを得ません。

そんなときには、やっぱりオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスの助けを借りちゃいます。今回は、そのものズバリのトランジション・エッセンス。
中身は、オータムリーブス、ボウヒニア、ボトルブラシ、ブッシュ・アイリス、ライケン、ミント・ブッシュ、レッド・グレヴィレア、シルバー・プリンセス。

明日からは、連休を利用して年に1度のセルフ・リトリート。何をするかっていうと、20代半ばからほぼ年に1度参加していたヴィパッサナー瞑想のコースに行かなくなったので、代わりに3日間のセルフコースをするのです。セルフは今年で5年目。心のデトックス、情報離れして頭もデトックス、そして、ベジタリアンをやめた私もこの3日間は菜食するので、身体も多少デトックス。

すっきりして、新たな旅を続けます。

からだ, 占星術


ミネラルって不足しがちです。でも、摂れば摂るほどいいかというと、そうではないのが難しいところ。過ぎたるは猶及ばざるが如しで、バランスが大切です。

たとえば、カルシウムの摂り過ぎで結石ができることもあるし、最近よく重要性が言われている鉄も、摂り過ぎればカンジダ菌のエサとなって腸内環境を悪化させます。銅と亜鉛はバランスが必要なので、どちらかが増えると、もう一方が減ります。マグネシウムは摂り過ぎるとお腹が緩くなりますが、そもそも吸収されにくい(特に、胃酸が少ない場合は)ミネラルです。

そんな難しいミネラルの匙加減を上手く調節してくれるかもしれないと最近興味を持っているのが、ティッシュソルトです。

ティッシュソルトはシュスラー塩とも呼ばれますが、19世紀にヴィルヘルム・ハインリヒ・シュスラー博士によって作られました。シュスラー博士は医師ですが、ホメオパスでもあったので、シュスラー塩もホメオパシー薬のように希釈してあります。食事で摂るミネラルの代わりになるものではなく、ホメオパシー薬のように、ちょっと刺激を与えることで、細胞の内外のミネラルバランスを整えて過不足を調整するのだそうです。

ティッシュソルトにはいくつかメーカーがありますが、AllisOneのものは、12種類のベーシックなティッシュソルトを次のように12星座に対応させています。

・牡羊座…Kali Phos(リン酸カリウム)
・牡牛座…Nat Sulph(硫酸カリウム)
・双子座…Kali Mur(塩化カリウム)
・蟹座…Calc Flour(フッ化カルシウム)
・獅子座…Mag Phos(リン酸マグネシウム)
・乙女座…Kali Sulh(硫酸カリウム)
・天秤座…Nat Phos(リン酸ナトリウム)
・蠍座…Calc Sulph(硫酸カルシウム)
・射手座…Silica(シリカ)
・山羊座…Calc Phos(リン酸カルシウム)
・水瓶座…Nat Mur(塩化ナトリウム)
・魚座…Ferr Phos(リン酸鉄)

それぞれのティッシュソルトの適応はいろいろあって、星座との対応が、なるほどと思うものもあれば、今ひとつピンとこないものもあるのですが、『シュスラー ティッシュソルトで体内ミネラルのバランスを整える』などの本を参照しながら、ホロスコープと一緒に考えるといいと思います。

星座は、必ずしも太陽星座ではなくて、オーバーロードなどの強調されている星座や、1ハウスや6ハウスがらみの星座と、実際の健康問題を併せて考えてみましょう。

私の場合、太陽・月・火星が獅子座でオーバーロード。そうすると、Mag Phos(リン酸マグネシウム)なのですが、これがピッタリ。獅子座と関連のある臓器は心臓ですが、マグネシウムが不足すると不整脈などの問題が起こることがあるので、この対応はしっくりきます。

そのほか、前述の本には、Mag Phosには自律神経をコントロールする働きもあると書いてありました。はい、自律神経、おかしくなりやすいです。ほかにも、あがり症、チョコレート中毒、無意識に起こる痙攣、月経痛、片頭痛、急激に起きる痛み、のどがつかえる感じ、睡眠障害などなど。うむ、思い当たる節も。すでに解消した問題がほとんどですが。

とりあえず、今年に入ってから定期的にMag Phosを摂っていますが、背中のこわばりが少なくなったような気がします。もともと、胃酸の出も悪くて、マグネシウムがあまり吸収されていなかったので、しばらく続けて様子を見てみようと思います。Mag Phosは、神経過敏による消化機能減退にも使われるので、胃酸の出が悪い私にはやはりピッタリなのかも。

ミネラル不足でサプリメントを摂っているのに今ひとつ調子が悪い、という人は、食事やサプリメントを見直すと同時に、ティッシュソルトを試してみるのもいいかもしれませんよ。Naadのセッションもぜひご活用くださいね。

占星術

今ちょうど、土星と天王星がぴったりとスクエア(90度)になっています。土星は水瓶座の13度、天王星は牡牛座の13度。今月の13日から18日までです。

このぴったりスクエアになるアスペクトは今年3回起こり、今年に起こるトランジットのアスペクトで大きく注目されているものです。

スクエアは葛藤を表すアスペクト。風の時代になったというけれど、そうそう簡単に古いものがなくなるわけではなく、古いものが壊れて新しいものへと移る過渡期が必ずあります。この土星と天王星のスクエアは、まさにそれを表しているようにも思えます。

葛藤というと、いい響きではないかもしれませんが、必ずしも悪いことではないんです。天王星が象徴する、新しいものへ、新しいものへとホイホイと一足飛びに進んでしまうのは、危うい面もあるのです。それに土星が待ったをかけている、そんな感じかもしれません。それが現実的かどうか、しっかりと検証することで、新しいことも地に足の着いたものとなります。

このアスペクトの影響を受けるかどうかは、不動宮(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)の13度付近に天体があるかどうかで個人差が出てくると思うのですが、今年に入ってから、不動宮の前半あたりに太陽星座のある人の鑑定をすることが多く、数えてみたら、3人に1人の割合でした(確率的には6人に1人のはず)。

振り返ってみると、今年に入ってから、上司の圧力が耐えられないとか、会社の古いやり方にうんざりだとか、土星が象徴するようなものに対する葛藤のお悩みが多いような。

かくいう私(獅子座10度) も、身に覚えがあったり…。でも、そうやって葛藤しつつも、乗り越えれば大きく成長できるんだろうと思って、今年を乗り切りましょう。乗り切ったら、来年はどんな景色になっているでしょうかね。

占星術

今ちょうど、水瓶座にある土星と牡牛座にある天王星がそれぞれの星座の7度にあって、ぴったりスクエア(90度)になっています。今年はあと2回、6月半ばには13度、12月下旬には11度でぴったりスクエアになります。緊張感のあるアスペクトですが、不動宮(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)の前半生まれの人は、特に大きな影響が感じられるかもしれませんね。ここ最近、週1回出ている占いのお店のお客さんに3人ほどこのあたりの生まれの方がいらっしゃいましたが、「ものすごくしんどい」とおっしゃっている方もいました。

確かに、大変に感じられるのかもしれませんが、この機会を利用して、自ら進んで大きな変化の時期にすることもできます。たとえば、台風が直撃するとあらかじめわかっていたら、壊れそうなボロ家に住んでいた場合、何もせずに「大変だ、大変だ」と不安がっていたってしょうがないわけです。考えようによっては、補強して台風が来ても大丈夫なように頑丈にする機会でもあるし、いっそのこと、引っ越しして新天地で新たに生活をスタートさせてもいいわけです。結局は自分次第。

でも土星と天王星のスクエアなので、思い切って変化しようと思っても、そう簡単にはいかないかもしれません。「そう、変化の時!」と息巻いても、今までどれだけちゃんとやってきたかが問われそうです。「この機会に転職!」と思っても、それまでいい加減にしか仕事をしてこなかったら、大した仕事は見つかりません。変化を起こしたとしても、それをどれくらい長続きさせられるか、どれだけ地道にやっていく気があるかが問われそうです。

土星がいるのは革新的な水瓶座、天王星がいるのは保守的な牡牛座。しんどいながらも時間をかけてじりじりと動いていくことで、気がついたら状況が大きく変わっていたというような感じなのかもしれません。

かくいう私も獅子座の10度台生まれ。今は天王星がネイタルのICに乗っかっています。今のところのほほんとしていますが、年末がいちばん影響があるのかも。今年はいろいろ予定もあって、ハードワークが必要そうだけれど、それをこなしたら大きな変化が待っていそうな予感もします。しんどい、しんどいと泣きを見ないように(笑)、フラワーエッセンスを上手く使ってこの時期を乗り切るつもりです。フラワーエッセンスを使った変化の時期の乗り切り方については、また今度ご紹介しますね。

占星術

12月22日は、木星と土星が水瓶座0度で会合する、グレートコンジャンクションという一大イベントが起こります。これを境に、240年続いた土の時代が終わり、風の時代になると言われています。風の時代の最初の会合は、風のエレメントの水瓶座で起こります。

グレートコンジャンクション!と巷では盛り上がっていますが、みなさん、新しい時代を生きる準備はできているでしょうか。

思えば、このコロナ禍ってその予行練習みたいな感じがします。山羊座的なものが崩れつつあります。大企業に勤めたって、安定が保障されるわけではなくなりました。長い物には巻かれろ的な姿勢では、これからの時代、やっていけないかもしれません。組織や常識にとらわれずに、軽やかにフリーで新しい発想をどんどん出している人たちが、この状況を乗り切っています。ITを活用している人が多いのも水瓶座的ですね。

テレワークが増えたようですが、zoom会議のギャラリービューでどの位置が上座だとか、部下は上司より先に入っていなくてはいけないだとか、そんな山羊座的な価値観をまだ持ち込んでいるような企業(あるらしいんですよね)は、この先どうなんでしょうね。これからの時代は、そんなことに目くじらを立てるよりも、会議を開いてみんな集まったら、どんなビジョンを打ち出して、それを社会でどう役立てていくのかという方が大切。

これまでの社会構造に息苦しい想いをしていた人は、やっとこれで息ができる!と思うかもしれません。その一方、今まで何も考えずに、強い人に黙ってついていけば大丈夫、と思っていた人は、行き詰まるかもしれませんね。

あなたは風の時代をどう生きますか?

占星術

西洋占星術のホロスコープにはアスペクトというものがあります。天体同士が意味のある角度を取っていることです。60度、90度などのソフトアスペクトを良いものと解釈し、90度や180度などのハードアスペクトを悪いものと解釈する場合もあうようですが、必ずしもそう言えるわけではありません。

たとえば、心理占星術ではハードアスペクトは成長のための緊張と考えます。ソフトアスペクトばかりでは、人生はスムーズにいくかもしれませんが、ただ安穏とした日々に満足してしまいがち。

ハードアスペクトの多い出生図なんて、嫌だと思うかもしれないけれど、ある意味、磨けば光る原石のようなもの。苦難を上手く乗り越えれば、人の痛みもわかり、器が広がって人間的にも深みが出ます。のほほんと生きてきたお坊ちゃま育ちより、波瀾万丈の人生を生きてきた人の話を聴く方が面白い。

「万事塞翁が馬」のように、人生、何が幸いするか、ずいぶん後になってみないとわからないことだってあります。一見、不幸に見えたことが、後から振り返ってみると実は幸いしていた、なんてことも。

結局は、自分次第なのだと思います。転ぶことはあるかもしれないけれど、そこから何を学ぶか。一見悪いと思われる時期にどう過ごすかが肝心。

だから、ホロスコープに示されているハードアスペクトは、ポテンシャルの高さ、「伸びしろ」を示していると捉えた方が、クリエイティブな人生を送れますよ。何が幸せかを決めるのは、ほかでもない自分自身なのだから。

タロット, 占星術

私は運勢をみてほしいと言われたときには、タロットと占星術の両方を使います。数秘術も補助的に使います。占星術や数秘術で運気をみて、タロットで実状をみるのです。

たまに、運気と実状が一致していないことがあります。たとえば、結婚したいんだけれど運勢をみてほしい、というような場合に、ホロスコープではまさに今結婚にいい時期なのに、タロットではそんな気配は全然感じられないのです。このままではちょっと難しそう、と思えてしまう。

そういうときに、話をよく聞いてみると、「結婚したい」という動機がそもそも曖昧だったりします。今の仕事は面白くないし、特にやりたいこともない、だから結婚でもしようかな、とか、周りがみんな結婚していっているから、そろそろ私も結婚したい、だとか。

「結婚=幸せ」と思っている人はまだまだ多いようです。残念ながら、この図式が必ずしも成り立たないことは、世の中を見渡せばわかること。結婚はゴールではなく、スタートでしかありません。

自分はいったい人生で何をしたいのか、そのためにどんなパートナーと人生を歩みたいのか。いい運気なのに、タロットでみるとパッとしないという人は、その辺が全然見えていないような気がします。退屈な人生から連れ出してくれる王子様が現れるのをただ待つのではなく、まずは自分で人生を面白くする努力をしてみましょう。そうすれば、運気を上手く活かせますよ。

こころ, タロット, ホリスティック, 占星術

日頃、さまざまな人生を垣間見させていただいていると、まさにこの人は人生の岐路に立っているんだなとタロットやホロスコープからわかることがあります。

人生を左右するような大きな選択。それを目の前にするのは怖いことに違いありません。

ちょうど山登りをしていて、自分の登る山はこれじゃなかったと気づくようなもの。

ずいぶん高くまで登ってしまっていれば、降りるのは勇気がいるし、登山仲間がいようものなら、みんな口を揃えてこう言うでしょう。「せっかくここまで来たのに。あの山を登るのは危険だよ。自分も登りたいと思っていたけど、あきらめたんだ。怖い目に遭ったって話も聞くしね。この山なら仲間だっているんだし、一緒にがんばろうよ。」
本当に心配してくれているのかもしれないし、抑圧した昔の自分の影を見て、無意識に潰そうとしているのかもしれない。でも、そのアドバイスに従ったら、10年後には自分も同じことを口にしているでしょう。

そんなときに、違う山を登ろうと一歩を踏み出す決意をするのは、バンジージャンプをするような気分かもしれません。

バンジージャンプって、必ず背中を押してくれる人がいるそうですね。やっぱり自分ひとりじゃ、飛び降りるのは難しい。

タロットでGOサインが出たら、私が背中を押してあげます。とても光栄なお役目。

がんばれ。

Naadのセッションをご希望の方はこちらを。

占星術

以前から心理占星術に興味があって、本や単発の講座で勉強してきました。心理占星術とは、文字通り、心理的な側面に重点を置いた占星術で、親との関係などもホロスコープから読み解いていきます。最近、本格的に勉強を始めたのですが、自分のホロスコープを掘り下げて考えてみることで、今まで気づかなかったことがどんどんわかってきて、深いなーとしみじみ思います。

私は太陽星座も月星座も獅子座。しかも、火星が太陽とコンジャンクション(同じ位置)なので、獅子座色はさらに強まります。獅子座というと、たいてい、「華やか」とか「注目を浴びる」なんてキーワードが出てきますよね。これだけ獅子座が強いと、どれだけ目立ちたがりなんだと思われそうですが、実は私、あんまり目立つのは好きじゃないんです。大勢の中にいると、なおさら、借りてきた猫みたいに大人しくなるし。アセンダントが山羊座なので、一見地味に見られることが多く、獅子座にはあんまり見えないと言われることもあります。

この矛盾は、ホロスコープ全体を見てみるとよくわかるんですよね。
月に対しては土星が90度、太陽・火星に対しては冥王星が45度(太陽とはオーブ0.01度!)になっていて、抑制がかかっているんです。

母親との関係で月と土星のスクエアを考えてみると、私は子どもの頃、泣き虫でしょっちゅうメソメソしていたんですが、母からよく「泣くんじゃないの!」と怒られていました。そのせいで、自分の負の感情をあまり表に出さなくなったのかもしれません。中学でいじめにあったときも誰にも言わなかったし、今でも愚痴を言うのはあんまり好きじゃないんです。そういえば、母が愚痴を言っているのもほとんど聞いたことがないような気がします。獅子といえば百獣の王。王様は人前でメソメソしたり、愚痴ったりしませんもんね。そんなことしたくない、それが、私の獅子座の月の欲求だと考えるとしっくりきます。

父親との関係で太陽・火星と冥王星のセミスクエアを考えてみると、父とはあまり接点がなかったようでいて、受け継いだところがあるんだと気づきます。父は田舎の農家の三男坊で、働きながら夜間大学に通ったらしいのですが、苦労話などはまったく聞いたことがありません。ほとんど会話らしい会話をしなかったので、いったいどういう人なのか、よくわからなかったんです。でも、こうして考えてみると、自分で人生を切り拓いた人といえるんでしょうね。私も、母が亡くなり父が再婚してからは家族とは疎遠で、ほとんど頼ることなく自力でやってきたので、その点は父に似たのかもしれません。太陽にぴったりくっついている火星(行動力)がそれを表しています。

こうして、両親との関係をホロスコープの太陽・月から読み取るというのは面白いですね。土星と冥王星で抑えられて、のびのびと育たなかったおかげ(?)で、獅子座全開の「オレオレ」キャラにならずに、集団の中ではそれなりに自分を抑制してやっていけるようになったんでしょうね。

それにしても、マイナーアスペクトで一見目立たないながらも実は太陽・火星にピタッと関係している冥王星(大勢の中で大人しくなってしまうというのを表しているのはこれかね)。しかも金星とコンジャンクションで、全体的に見てアスペクトがいちばん多く、私のホロスコープでいちばん力を放っています。 きっと 、この8ハウス冥王星の力をどう使っていくかがカギなのですね、私。目指せ、地下世界の水先案内人。

Naadのセッションでは、ホロスコープを事前に作成してお話を伺っていきます。ご興味のある方はこちらを。

ハーブ, 占星術,

現代でもインドのアーユルヴェーダなどでは占星術を取り入れているようですが、西洋でもかつては占星術は医学の一部でした。医学と占星術との関連は、エジプトのヘルメス思想の「As above, so below(上なるものは下なるもののごとし)」という考えに基づいていて、人間は宇宙(大宇宙)の縮図(小宇宙)とみなすことによるそうです。

昔は薬草を使っていたわけですが、ハーブ自体も天体や星座に対応させていました。一日の時間も1時間ごとに天体と対応づけていたのですが、そのハーブに対応する天体が支配する時間帯に採取するのがよいとされていたそうです。その植物の力が最も高まると考えられていたんですね。

ハーブを天体に関連づけるって、いったいどうやって?と不思議に思いますが、その植物の性質や生育環境などに基づくようです。たとえば、17世紀のイギリスの占星術師、ウィリアム・リリーによると、赤みを帯びていて、葉の先端が細くとがっているハーブは火星に対応するとか。ネトルなどがこれに当たります。辛味のあるハーブも火星対応で、マスタードシードなどがあります。金星に対応するのはいい香りがするハーブ。金星といえば、美と愛の女神ヴィーナスやアフロディーテが司っているので、ドクダミなんかは金星対応ではなさそうですよね(笑)。

土星に対応するものは毒性のあるものが多いようです。以前に記事に書いたトリカブトは、同じく17世紀のイギリスのハーバリストで占星術師でもあったカルペパーによる分類には見当たらなかったのですが、ウィリアム・リリーは土星に分類していました。

でも、昔は土星までしか使わなかったので、天王星、海王星、冥王星とは対応づけられていなかったわけです。この3つのトランスサタニアンの天体も考慮に入れれば、ケルベロスのよだれからできたとされるトリカブトはやっぱり冥王星の方が相応しいんじゃないかとも思うのだけれど。そう考えると、ケシも土星に分類されているんですが、幻覚作用があるから、海王星の方がしっくりきます。

ハーバリスト、カルペパーの名前は、ハーブやアロマを勉強している人なら、歴史のところで必ず出てくるので、聞いたことがあるかと思います。どういう人物なのかはあまりよく知られていませんが、37歳で幕を閉じたその短い生涯は波乱万丈で、「赤ひげ」のような魅力的な人物だったようです。短命だったにもかかわらず、数多くの著書や翻訳書を残し、数百年経った今でも読み継がれている本もあるわけだから、偉業を成し遂げたわけです。当時ラテン語で書かれていた薬局方を英語に訳して誰でも読めるようにして一般人が自分で薬草を使えるようにしたのも、大きな功績ですよね。興味がある方は『占星医術とハーブ学の世界』をぜひ読んでみてください。ハーブに興味がある人にも、占星術に興味がある人にも、どちらにとっても奥深い本です。西洋医学って、そもそもはホリスティックだったんだなあとしみじみ思った一冊です。