ハーブ, 植物, 雑記

昨日は久しぶりにお能を観に行ってきました。演目は『羽衣』。羽衣を漁師に取られた天女が、返してもらうのと引きかえに舞を舞って月に帰っていくという幻想的な内容です。夢幻能と呼ばれるお能では、この世のものではない存在が必ず出てきます。お能に特徴的な舞台の橋の部分は、あの世とこの世の架け橋なんだそう。

お能の前にはたいてい狂言が演じられます。厳かな雰囲気のお能と違ってコミカルです。今回の演目は『附子(ぶす)』でした。猛毒の附子の入った容器を絶対に開けないように、と主人に言われて留守番をさせられた家来二人が、好奇心に負けて開けてしまうどころか、味見までしたところ、なんと美味。それは当時貴重だった砂糖なのでした。すっかり平らげてしまった二人。どうしようかと考えた挙句、主人の大切な掛け軸やら茶碗やらを壊して、そのお詫びに毒を口にして死のうと思った、と言い訳するというオチ。

さて、この「附子」って何でしょう。


「ぶし」とも呼ばれる、猛毒の植物、トリカブトのことです。附子にはアコニチンという毒性の成分(アルカロイド)が含まれ、呼吸困難や心臓発作を引き起こしますが、修治という特別な処理を施すことで生薬としても使われます。「麻黄附子細辛湯」のように、漢方薬の名前の一部に入っています。附子は、鎮痛、抗リウマチ、強心などを目的として使われるようです。

歌舞伎では、『東海道四谷怪談』でお岩さんが飲まされたのも附子ということになっています(だからあんな顔になってしまったといういきさつは、歌舞伎を見て初めて知りました)。

「ブス」という言葉も、附子によって神経が麻痺して無表情になることに由来するという説もあります。

英語ではmonkshood。僧侶の (monk’s)かぶりもの(hood)という意味ですが、そう言われてみると、花の形は修道士のかぶりものみたいにも見えてきますね。

ギリシャ神話では、3つの頭をもつ冥界の番犬、ケルベロスのよだれから生まれたということになっています。ケルベロスはトートタロットでは「#9 The Hermit」に描かれています。

ホメオパシーでもアコナイトという名前でレメディが作られています。よく使われるレメディで、不安や恐怖、風邪の初期症状に使われるそうです。

では、フラワーエッセンスはあるのかというと、FESフラワーエッセンスにmonkshoodの名前でありました。霊的な能力が開花するのを恐れてそうした能力を抑圧したり、トラウマや虐待によって霊的能力が麻痺した状態に用いるそうで、ポジティブなスピリチュアリティが育つようです。

トリカブトって、そのまま使えば猛毒ですが、そのエネルギーは深いものなんですね。ハーバルアストロロジーでの対応はやっぱり冥王星なのかな?と想像が広がっちゃいます。

ハーブ, 植物, 雑記

ここ数年、6月になるとリンデンの花を見に行くのが年中行事のようになりました。

今年もそろそろ咲く頃かと思って、飯能の薬香草園に見に行ってきました。ちょうど満開。

リンデンは精油も手に入りますが、やはりフレッシュの香りがいちばん。とても優しい香りです。

先月の終わりに行ったときはまだつぼみでした。

不眠によいとされるリンデン。ドライハーブも手に入るので、寝つきが悪いときにはぜひお試しを。カモミールやオレンジフラワーとのブレンドもおすすめです。

薬香草園のガーデンではエキナセアもちょうど見頃でした。


薬香草園はハーブガーデンが見事なほか、めずらしいハーブの苗も買えるし、レストランもあります。ラベンダーのソフトクリームも。ぜひ一度足を運んでみてください。

植物

春になったら植物園に行きたいと思っていたのだけれど、あいにくどこも閉まっています。その代わりに散歩のときによそ様のお宅の花々を楽しんだりするのですが、猫の額ほどの我が家の庭にも目を楽しませてくれる花たちがいます。

ちょっと前に読んだ『まちの植物のせかい』という本に触発されて、植物のミクロな世界に少し注目してみることにしました。この本では、ソテツの葉っぱのくるくるだとか、ネジバナの花の中にある花粉塊だとか、ミクロな視点で植物を観察しています。

私はだいぶ近くが見えにくくなってしまったので(^^;)、そこまでつぶさに観察しないんですが、確かに、細かい部分に注目すると、同じ花でも違って見えてきます。たとえば、ラベンダー。

これは、品種はフリンジドラベンダーだったかなと思いますが、よく見ると小さい花がたくさんついていて可愛いですよね。上のふさふさの部分と色のきれいさしか気にしていませんでしたが。

でもこういう視点って、フラワーエッセンスについて考えるときには大切です。フラワーエッセンスでは、Doctrine of Signature(外徴理論)と呼ばれるものがあって、その花の色や形や生育環境などがその花の持つ癒しのエネルギーを表すと考えます。

そうした視点で考えると、ほかのラベンダーの品種では、こんな風に小さい花はついていないと思うので、フリンジドラベンダーには何か違ったエネルギーがありそうですね。小さい花がたくさん‥‥何でしょうね。

ちょっと調べてみたら、ラベンダーのフラワーエッセンスもいくつかあるみたいですね。敏感すぎる人によさそうです。メーカーによって違いがあるようですが、それが品種の違いからくるのかは不明です。というのは、写真はフリンジドラベンダー(学名:Lavandula dentata)なのに、学名がイングリッシュ・ラベンダーのものになっていたり。

つい話がマニアックになってしまいました。ほかにも庭を見渡して(見渡すほどの広さじゃないけど)みると、雑草もなかなか面白い。

毎年咲いて、可愛いので取らずにほったらかしているのがこちら。

その中に紛れて、今年から登場したのがこの子。

何ていう名前なんだろうと思って、画像検索してみたけれど、ランタナと間違えられてしまってわからずじまい。

もうひとつ、やはり今年から登場したのが、前から可愛いなと思っていたこの子。

ケシの一種なのだろうというのはわかるのだけれど、正式な名前を知らなかったので、画像でググってみたら、ナガミヒナゲシという名前だということがわかりました。

けれども、実はこの花、異常繁殖している外来植物で、アレロパシー作用があって、ほかの植物に悪影響を与えるのだそうです…。1個体から15万個の種子ができるとか(こちらを参照)。可愛いと思っていただけに、なかなかショッキングです。ご覧の通り、結構フォトジェニックなんですけどね。

そして、今年もクレマチスがたくさん花をつけてくれそうです。相変わらず、剪定をほとんどしていないので、みっともない形になっていますが。楽しみだなあ。

フラワーエッセンス, 植物, 発達障害

花の植え替えをしようと思い、今日は花屋さんに行ってきました。

この時期には春まで咲いてくれるビオラやアリッサムの苗がたくさん。

そんな中に見つけて、おやっと思ったのが、フランネルフラワー。

大好きな花で、いつも春に買うのですが、こんな時期に売っているのを見たのは初めてです。春に見かけるのはフェアリー・ホワイトという品種で、これは、エンジェル・スターという四季咲きの品種だとか。

フランネルフラワーといえば、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスにもあります。触られるのが苦手、という人に向いています。フランネルフラワーの花びらは、写真を見ればわかるように、先がうっすらと緑色になっていて、まるで爪のようです。その名の通り、花びらの触り心地はフランネルのようにフワフワで、気持ちいい触り心地。このエッセンスは、触られることを心地よいことに変えてくれるのですね。

そんなことから、触られるのが苦手な自閉スペクトラム症の人にもピッタリなエッセンスです。茎がフニャフニャとしているので、水やり不足で元気がないのか、それとも元気なのか、判断に苦しむことがあるのですが、見た目で元気かどうかがわかりにくいというところも自閉スペクトラム症っぽいと私は思うんですよね。

オーストラリアンブッシュ/シングルエッセンス[フランネルフラワー] 3,564円 Amazon

ところで、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのプラクティショナー資格取得のためのケーススタディにご協力いただける方を数名募集します。セッション+エッセンス代は無料です。

・メンタルの不調や発達障害的な症状にお悩みの方。

・所沢市内のセッションルームまでお越しいただける方、またはSkypeでのセッションが可能な方。対面の場合、交通費はご負担ください。

・毎日朝晩エッセンスを摂取して、詳しい経過をメールでお知らせいただける方。1時間前後のセッションの後、お悩みに合わせてシングルエッセンス、またはコンビネーションエッセンスを郵送にてお送りします。

ご興味のある方は、こちらからご連絡ください。

植物

先日、偶然ウコンの花が咲いているのを見つけたことを書きましたが、その後、近所の無人直売所で花が売られていたので買ってみました。

手に取って間近で見ると、どういう構造になっているのかよくわかります。

これ全体が花のように見えますが、実は花穂(かすい)と呼ばれるもので、花びらのように見えるのは苞葉(ほうよう)と言うのだそうです。

実は、その苞葉のあいだから顔を出している黄色くて小さいのが花。これじゃあ、やっぱり、フラワーエッセンスをつくるなんて、なおさら無理そう。

花言葉は「あなたの姿に酔いしれる」だそうです。確かに、うっとり。

フラワーエッセンス, 植物

先日、初めてウコンの花を見ました。

ひょっとしたら、以前にも咲いていたのに気づかなかっただけなのかもしれません。なぜかというと、とても不思議な花の付き方をしているからです。

最初、ウコンの葉っぱが青々としているなと思って、通り過ぎようとしたのですが、隙間からチラリと見える白いものが気になったので足を止めました。葉っぱをかき分けてみると、なんと、こんなにきれいな花が。

写真では見たことがあったのですが、実際に見るととても不思議。

花は根元近くについている感じです。なので、葉っぱで隠れてしまって見えない。この写真は葉っぱを手でかき分けて撮ったのですが、ひっそりと隠れていた大事なものを見てしまったかのようで、なんだかドキドキしました。

こんなにきれいな花を見ると、この花からフラワーエッセンスをつくるとどんな効果があるんだろう?と想像してしまいます。ウコン(ターメリック)の花のフラワーエッセンスって聞いたことがないなと思ったけれど、調べてみたところやっぱりなさそうです。

フラワーエッセンスには外徴理論というものがあって、その花のもつエネルギーにはその花の咲き方や外観や咲いている環境など、外から見てわかる特徴が反映されるそうです。

それを考えると、もしウコンの花からエッセンスをつくったとしたら、どうでしょうね。根元に近い所に咲いているので、グラウンディングとか、葉っぱに隠れてひっそりと咲いているところから、人の陰に隠れて表に出ようとしない、とか。奥に秘めたその人ならではの魅力も引き出してくれそう。

なんて、空想にふけってしまいました。

でもフラワーエッセンスって、花をつくるときに人のエネルギーが入ってはいけないので、葉や枝などを使って花を採らなければなりません。葉っぱをかきわけながら手を使わずにそうやって採るのはちょっと無理そう。フラワーエッセンスがないわけですね。

ハーブ, 植物

先日、トゥルシー(ホーリーバジル)の苗を手に入れました。去年、種取に失敗したので。クリシュナトゥルシーが欲しかったのですが、今年は残念ながらなくて、代わりに「カプーアトゥルシー」ならあるとお店の人に言われて買ったのがこちら。

「カプーアトゥルシー」って初めて聞く妙な名前…と思って調べてみたら、「Kapoor tulsi」のことでした。「Kapoor」を英語読みしてしまうと「カプーア」なのですが、発音は正しくは「カプールトゥルシー」です。

トゥルシーは万能ハーブと言われています。抗ストレス力を高めてくれるアダプトゲンハーブでもあります。

シニアハーバルセラピストの資格を取ったときの卒論のテーマがトゥルシーだったのでその時にいろいろ調べたのですが、「比類なきもの」を意味するその名の通り、実にさまざまな効能があるんです。

現代科学の新しい知見では、抗ストレス作用(アダプトゲン作用)、抗結核菌作用、水銀毒の中和、オゾンの放出(空気の清浄化)、鎮痛作用、胃潰瘍の改善、虫歯や歯周病の予防効果、骨の治癒促進、喫煙による酸化ストレスの緩和、抗インフルエンザ作用、肺・肝臓の保護、抗糖尿病、抗菌作用、糖尿病合併症の予防、抗アテローム硬化作用、中性脂肪・脂質・コレステロールの低下、抗がん作用、抗遺伝毒性作用、白内障予防、抗酸化作用、放射能防御作用などなど。

中でも意外だったのが、血糖調節作用でした。トゥルシーにそんな作用があるなんて、聞いたことがなかったので。トゥルシーの血糖調節作用については、アミノ酸であるリシンのε-アミンに結合して終末糖化産物(AGE)の形成を阻害する作用やαグルコシダーゼ阻害作用が精油成分のオイゲノールにあるという説があります。

オイゲノールって、クローブなどにも含まれていますが、クローブに血糖調節作用があるなんて話も聞いたことがありません。比較的新しい知見でまだ研究が進んでいないのかもしれませんが(論文はこちら)。    

インドにはギムネマやサラシアなど、糖質の消化吸収抑制作用をもつ植物はほかにもたくさんあるので、あまり注目されないのでしょうかね。確かに、よくよく考えると、インドの植物にはその手の作用がある植物がたくさんありますが、実際、私がインドにいたときには、周りに糖尿病を患っている人が結構いました。まあ、砂糖たっぷりのチャイを1日に何杯を飲んでいることを考えると無理もないような。よくよく考えると、暑い国ってスイーツがやたらと甘いけれど、そういう国では血糖調節に役立つような植物が育つように上手くできているんですかね。    

ところで、ヒンドゥー教ではトゥルシーは女神であるラクシュミーやシーターの化身と考えられていて、宗教儀式には欠かせません。面白いのが、Tulsi Vivahというお祭りがあって、トゥルシーの苗をラクシュミーやシーターに見立ててヴィシュヌ神やクリシュナ神の像との結婚式を行うんです。You Tubeに動画があるので、おヒマな方はこちらを。

植物

春になると植物が生き生きしてきます。
冬のあいだに死んだようになっていても、復活して芽を出します。
春は再生の季節だなあとしみじみ感じる今日この頃。

3年前に植えたクレマチス。枯れてしまったかと思ったけれど、元気に青々とした蔓が伸び始めています。

こちらはちょっと前に植えたクレマチス。支柱が1本しか手元になかったので、とりあえず片方にだけ差してみたら、同じ背丈だったのに、そちらだけぐんぐん育っています。やっぱり方向性を与えてやると伸びるのね。もうちょっとしたらフェンスに絡みつけるぞ。がんばれ。

植物から学ぶことは多いのです。

植物たちは、自分に合った環境であれば、自分のペースで必要な時期に勝手に育っていきます。毎年は花を咲かせない植物だってあるけれど、毎年派手に咲いている花をうらやんだりはしない。パンジーって人気があってうらやましいなとか思ったりすることもなく、名前も知られずひっそりと咲いている花もあって、それを楽しみにしている人もいたりします。

みんなそれぞれ、人目を惹こうが惹くまいが、与えられた命を与えられた時間で輝かせているだけ。潔いですね。

なんだか疲れちゃったときには、植物に波長を合わせてみるのもいいものですよ。

植物

もう桜も咲こうかという時期に、猫の額ほどのうちの庭(と呼べるほどのものでもない)には、ひっそりとクリスマスローズが咲いています。

クリスマスローズにはたくさんの品種があって、毎年池袋サンシャインで開催される「クリスマスローズの世界展」を楽しみにしていたのだけれど、うっかりと逃してしまいました。

実は、クリスマスローズという名称はHelleborus Niger(ヘレボルス・ニゲル)というひとつの品種だけを指すらしく、ヨーロッパではそのほかは「ヘレボルス」と呼んでいるそうです。日本ではどの品種もすべてひっくるめて「クリスマスローズ」と呼んでいますが。

3年前に今の家に越してきたときに植えたのですが、その後、裏の空き地に家が建ってしまい、日当たりが悪くなって、夏のあいだもハーブすらあまり育たなくなってしまったのに、クリスマスローズだけはすくすくと育って年々増えています。ズボラな私でも育てられるほど、手がかからず、何もしなくても勝手に増えてくれます。

クリスマスローズってだいたい、うなだれた姿をしてますよね。せっかく花が咲いてもうつむき加減で、ちょっと、お顔見せてって。

クリスマスローズのフラワーエッセンスって聞いたことがないのだけれど、つくるとしたら、どんな効果があるのでしょうね。やっぱりうなだれ系のドッグローズに近いのかな、なんて想像していたら、ペガサスプロダクツのエッセンスにありました。年を取るプロセスを受け入れやすくしてくれるみたいですね。あとは、ハートチャクラに影響するとか、失恋から立ち直れるようになるとか。

こんな本も見つけました。タイトルや内容紹介からははっきりしませんが、著者の経歴からすると、ホメオパシーレメディとしてのクリスマスローズの効果についての本のようです。アルツハイマーやADDなんかにも効果があるみたいです。

ところで、我が家のクリスマスローズ、今年は堂々とまっすぐ前を見てくれています。まさに怖れ知らず。