壮年期の発達障害

この頃は、大人の発達障害についてテレビでも取り上げられるようになりましたが、壮年期の発達障害についてはまだそれほど注目されていません。

発達障害という概念ができたのはここ最近のことなので、自分に発達障害があることに気づかずに大人になったケースは実は少なくありません。

そうした場合、一見、普通に社会生活を送っているように見えますが、本人としてはいっぱいいっぱいだったりします。能力の凸凹の凹の部分を、通常とは違ったやり方で補っていたり、普通は直観的にできる対人関係でのふるまいも、大量のデータを入れて頭の中で処理することで乗り切っていたりすることもあります。知的能力が高いほど、そうした形で補って、一見ごく普通に見えるようにふるまっている、ということを示した研究もあります。

また、自分の子どもに発達障害があることがわかったことから、自分自身も発達障害的な問題を抱えていたことに気づく人もいます。

多くの人はこう思うと思います。「社会で普通にやっているのなら、発達障害なんて言わなくていいのでは?」

実際には、発達障害というのは社会的な行動面に問題があるだけではなく、代謝などにも異常がある場合が多いのです。そういった問題を理解して対策を立てることで、生きるのがずっと楽になる可能性があります。「『障害』じゃなくて『個性』でいいのでは?」と思う人は、「障害」は劣位的なものではないかという、うっすらとした差別意識がないか、自らに問いかけてみてほしいと思います。弱者に手を差し伸べるような人の中にも、上に立って手を差し伸べるのはいいけれど、自分や身近な人間に発達障害の可能性があるということになると、目を背けたがる人は意外といます。

かくいう私も、実は十数年前にアスペルガー症候群の診断を受けています。めったにそう見られることはないし、言ってもまず理解されないので、人に言うことはほとんどありませんが。

人生を何十年も過ぎてから診断を受けるというのは、実は結構ショックなことです。そこからそれを受け入れて人生を構築していくというのは、楽なことではありません。そういったケースは多くはないでしょうが、一助となればと思い、去年『壮年期のアスペルガー症候群』という翻訳書を出しました。興味のある方は、ぜひ読んでいただけたらと思います。

ガイド 壮年期のアスペルガー症候群:大人になってからの診断は人生をどう変えるか 1,836円 Amazon

以下、訳者あとがきからの引用です。

 
「本書はアイデンティティの面からアスペルガー症候群の診断について論じた初めての本ではないかと思います。日本でも成人の発達障害が広く知られるようになってきましたが、壮年期を過ぎて診断されるケー スはまだあまり取り上げられていません。
 
私自身も著者のフィリップのように、数々の遍歴を経た末に、十数年前に偶然アスペルガー症候群につい ての新聞記事を目にし、「私はこれに違いない!」と直観的に思って自ら診断を求めたところ、各種検査の 結果、三四歳でアスペルガー症候群の診断を受けました。人にそのことを話しても信じてもらえることはほとんどありませんが、診断医いわく「典型的で全然診断に迷わなかった」とのことです。医学的治療を要する二次障害はないので、現在の基準では自閉スペクトラム症の診断はつかないのかもしれません。
 
私も診断の前後を通じて数々の「自己治療」を試み、診断のことを周囲に話しても理解してもらえず、 やっかいな脳をもて余していましたが、私の場合は低血糖と栄養の問題に取り組むことでずいぶんと楽になり、フルタイムの仕事と勉強のかたわらにこうして一冊本を訳せるほどの体力と気力がつきました。
 
発達障害というレッテルを貼るのではなく、「個性」ということでいいんじゃないかと考える人がまだま だ多いのではないかと思います。ではなぜ、そんな「レッテル」を貼られてまで、診断を受けたことにホッとする人間がいるのでしょうか。また、そうした人がなぜ世の中に増えているのでしょうか。簡単に答えの出せる問いではありませんが、「個性」でいいのでは、という人にもその点について本書をきっかけに考えていただければと思います。
 
本書がイギリスで出版されたのは2014年ですが、科学的知見は日々更新されています。今では、発達障害者特有の代謝異常や栄養面の問題など、分子整合栄養医学という分野からも新しい知見が得られて いますし、発達障害者には認知行動療法が有効ということも言われているようです。診断が遅くとも、人生を楽なものにできる余地はまだ十分にあるのです。そうしたことを踏まえると、「個性」で片づけてしま うというのは、見方を変えれば、そうした問題に対処して人生をより良いものにする機会を奪うことにもなりかねないのではないでしょうか。
 
子どもたちの未来のためにも、発達障害に対する世の中の理解が進んでほしいとは思いますが、遅れて診断を受けた当事者は、理解が進むのを待っているあいだにも人生の残り時間はどんどん少なくなっていきます。決して楽な道のりではないかもしれませんが、これまでサポートなしで生き抜いてきたバイタリティーをもってすれば、この先の人生を好転させることも夢ではありません。拙訳がその一助となれば幸いです。」

発達障害が疑われるお子さんには特に栄養管理が必要

最近は発達障害が広く知られるようになってきて、お子さんが発達障害かもしれないと思って心配しているお母さん方も少なくないと思います。

発達障害の子どもは代謝の問題やリーキーガットなどの腸の問題を抱えていることが多く、食事に気を使わなければなりません。また、栄養の不足から発達障害のような症状が出ている場合もあって、栄養療法によって大きく改善し、発達障害の診断が外れることもあるそうです。

オーソモレキュラー療法(分子整合栄養医学)では、栄養療法で発達障害が改善する症例も多くみられるようです。実際、私(十数年前に診断済み)も栄養療法で大きく改善しました。

でも、オーソモレキュラーの治療をきちんと受けようと思うと、やはりお金がかかります。健康保険の効かない血液検査の結果をもとにサプリメント処方や食事指導をするので、どうしたって高くなってしまいます。それに、病院で出しているサプリメントはやはり高額なので、長期的に続けていけるかどうかも不安ですよね。

私もそんなわけで、お金は勉強代につぎ込んでオンライン講座などで勉強して自分で試行錯誤する方を選んだんですけど、できることなら、きちんとオーソモレキュラーのクリニックに通った方がいいのだと思います。

ところで、この間、こんなものがあるのを知りました。

https://ikuji-kodomo.or.jp/

5歳までの子どもをもつお母さんと、発達障害を疑われている12歳までのお子さんに、1年間無料で栄養素補充のためのサプリメントを提供しているそうです。

もちろん、血液検査代や診察代は自己負担だそうですが、血液検査データを見て医師が判断してくれて、医療グレードのサプリメントが1年間タダでもらえるというのは、なかなかないチャンスです。オーソモレキュラー療法って気になるけれど…というお母さんは、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょう。

サプリメントって、どのメーカーでも同じではないのです。海外ではどうなのか知りませんが、日本ではサプリメントの栄養素の含有量は仕込量を表記すればいいことになっているのだとか。でも、仕込量がそのまま実際に含有されているかというとそうではなくて、製造工程でずいぶんと失われるそうです。たとえば、洗浄に水を使うとだいぶ流れ出てしまいます。その代わりに、アルコールを使うわけですが、サプリは食品扱いなので、それに合ったもの(エチルアルコール。薬品にはメチルアルコールを使用)を使うとなると費用がかかり、結果的に値段が高くなるのだそうです。でもその分、含有量は多いわけですから、そんなサプリが1年間もらえるだなんて、羨ましい。

栄養療法って、単に栄養を補充すればいいってだけじゃなく、いろんな要素を考慮しなければならないので、とっても複雑だということが勉強を始めてわかりました。

私もだいぶ前に血液検査を受けたことがあるので、そのデータを見ながら勉強してるのですが、たとえば、鉄が足りているかどうかは、貯蔵鉄の指標であるフェリチンの値も見なければいけないというのはわりと知られているかと思います。私のそのときのフェリチン値は73.4 ng/mLで、検査シートに記載されている女性の基準値は5~157 ng/mLってことなので、ちょうど真ん中くらいで正常値ということになります。きっと、普通の病院へ行っても問題ないと言われるでしょう。

ところが、オーソモレキュラー的には100くらいが理想的ということです。実は、この基準値というのが曲者なのです。基準値ってどうやって設定しているんだと思いますか?なんと、その検査会社が社員を対象に測定して割り出した値なのだそうです。え~~~~!!って感じですよね。そういう算出方法なので、検査会社によって基準値はバラバラです。特にフェリチンはばらつきが大きく、別の検査会社の基準値は4~64.2 ng/mLとなっています。もちろん、男女別になっているけれど、閉経前と閉経後の女性ではだいぶ違うということも考慮されていません。つまり、社員に閉経前の女性が多ければ、月経で鉄分は失われるので基準値は低くなるってことです。そうなると、閉経後の女性の場合はそれを参照値としていいのかどうか。

また、フェリチン値は炎症の指標でもあるそうで、アレルギーなどがあって体内に炎症が起きていると値が上昇します。つまり、貯蔵鉄の量が少なくても炎症があれば、値は高くなり、不足はマスクされてしまうのです。私も遅発性アレルギーの検査を受けたら、だいぶいろんな食べ物に反応していたので、少なからず炎症は起きていると思います。なので、やっぱり100くらいは必要なのかも。

もちろん、鉄不足の判断はこれだけではできません。ヘモグロビンや網状赤血球なんかも見なければいけないし、脱水状態も考慮しなければなりません。本当に複雑なので、こうした機会をぜひ利用してほしいと思います。お子さんが早いうちに良くなれば、無駄に苦しまなくてすむし、お母さんだって手がかからずに楽になるはずです。

余談ですけど、血液検査のデータを読むって、ホロスコープを読むのと共通するところがあるように思います。どちらも、1ヵ所だけを取り上げて、あなたはこうです、と言うことはできなくて、全体を見なければならないところ。どちらも、勉強していると奥深すぎて、たまに気が遠くなります(笑)。でも面白いですけどね。

発達障害ってレッテル?楽に生きるための指標?


最近はテレビでも発達障害について取り上げられることが多くなったので、発達障害という言葉を耳にしたことのある方は少なくないと思います。

実は私ももう十数年前に、発達障害であるアスペルガー症候群の診断を受けています。うつ病などで診察を受けて発達障害であることが明らかになる場合も多くありますが、私の場合は、新聞でたまたまアスペルガーについての記事を読んで、直観的に「私はこれに違いない!」と思って自ら診断を求めて受診しました。

詳しい経緯は長くなるので省きますが(ご興味のある方はこちら)、最初のクリニックでは、初診時に思いっきり否定されたのに、検査結果を聞きに行ったときには、結果をひた隠しにされました。「社会に適応している人に発達障害のレッテルを貼りたくない」という理由からのようです。

それで、次に行った成人発達障害専門のクリニックでは、ご自身が発達障害がある先生だったので、 「ご自分の特性を知って、より良く生きていきたいってことですよね」と言ってくれたので話が早く、各種検査の結果、アスペルガー症候群という診断名(現在では自閉スペクトラム症)がつきました。「全然診断に迷わなかった」と言われるほど、私の検査結果にはアスペルガー特有の傾向が顕著にみられたそうです。

診断を受けたことで人生の謎が解け、数々の問題が必ずしも自分の努力不足ではないことがわかって、少しは楽になりました。とはいえ、薬物療法を要するような二次障害があったわけではなく、発達障害の診断を受けたことを話しても誰にもまともに聞いてもらえません。現在はその先生は、社会に適応している場合は発達障害の診断は下していないようですし、ご自身も発達障害だとは言っていないようです。

そんなわけで、次第に診断を受けたことは誰にも話さなくなり、診断を受けたことに意味があったのかどうかさえわからなくなりました。

そんなあるとき、吉濱ツトムさんという人の『アスペルガーとして楽しく生きる』という本をたまたま手にしたところ、低血糖と栄養不良について書かれていました。私は低血糖については自覚があったものの(手が震えるほどだったので)、低血糖にならないためにはとにかく血糖値の上がるものを食べなければいけないと勘違いしていたのです。実は、血糖値が急激に上がるもの(糖質)を食べるとインスリンが大量に分泌されて、逆に急激に下がるのだそうです。『発達障害の治療の試み』という本でも発達障害者には血糖調節異常がよくみられると書いてあります。

それで自分なりに糖質制限とサプリメント摂取を試してみたところ、劇的に状態が改善しました。頭のもやは晴れるし、今まで騙されていたのではないかと思うほど。体力もなかったのが、40も半ばを過ぎて人生の中でいちばん体調がよくなり、頭も働くようになったので、仕事もはかどって収入も増えたのです。こんなことなら、もっと早く知りたかった!

糖質制限やサプリメント摂取は加減が難しいので、その後、基礎医学やオーソモレキュラー療法を勉強するようになって、身体の大切さがますますよくわかるようになりました。

私は痩せていて、どちらかというと太りたいほう(っていうと「嫌味~」なんて言われることがあるけれど、ガリガリなのも嫌なものなのよ)なので、発達障害という枠組みがなければ、糖質制限なんて一生試さなかったんじゃないかと思います。なにしろ、糖質大好きでしたから。7、8年菜食をやっていて、もう、糖質ばかり食べていました。今思えば栄養ナシ。過去の健康診断の血液検査のデータを見てみると、いかにタンパク質が足りていなかったかがわかりました。

それで思ったのです。発達障害の診断は無駄じゃなかったって。だって改善できるんですから。

確かに、「障害」という言葉を衝撃的に感じる人も多いのだと思います。私の場合は、身体障害者の介護をしていた経験があることから、すんなりと受け入れられました。だって、障害者の人たちって、大変なことはあるけれど、それ以外はごく普通の人間ですから。別に劣っているわけでもなんでもない。

そうは思っていても、声高に自分に発達障害があることを話すには勇気がいります。やれパラリンピックだのアールブリュットだのとは言っていても、自分の身近な人間から障害があると告白されるのはぎょっとすることのようです。特に、脳と生殖器の問題って、大きな声では言えない雰囲気があります。実際のところ、診断を受けてからずいぶん経ち、自分の限界は認識しているので、それに応じて予定を調整(特に人づきあい)しているし、自営業なので特に誰かに配慮してもらう必要もありません。だから、特に今はそれほど切羽詰まって困っていることもないので、ほとんど口にすることはないのですが。

「発達障害なんて、ただの個性でいいんじゃないの」と思う人は多いと思います。でも、改善する方法があるのであれば、ただの個性で片づけることは人生をよりよく生きるチャンスを奪うことにもなりかねません。診断がつかないグレーゾーンの人たちだって、身体も含めて自分の特性を知ることで、もっと楽になれるのです。

Naad(ナード)では、グレーゾーンも含め、発達障害のご相談についても、私で答えられることであればお受けしています。誰にも相談できずに悩んでいる方は、拙訳書の『壮年期のアスペルガー症候群』もご参照くださいね。