フラワーエッセンス

気がつけば春がやってきています。暖かな日差しの中で気持ちよさそうに咲き始めた花々を見ると、重いコートはしまって、軽やかに表を歩きたくなりますね。

我が家の庭でも、ユキヤナギが可愛らしく咲き始め、クリスマスローズも花開いています。

そんな変化の季節の、変化の時期を乗り切るためのフラワーエッセンス第二弾。

変化の時期にあるのにかかわらず、将来の見通しが暗く、楽観的に物事を考えられない場合にはサンシャイン・ワトル。過去の苦労や否定的な出来事にいつまでも捉われていて、この先も変わるとは思えないようなとき、このエッセンスを摂ると過去から脱け出して、現在を楽しめるようになり、未来についても楽観視できるようになります。お金の心配や金銭面が悪化していると感じるような場合にも使えます。

心配も変化を妨げるもの。心配症に使えるエッセンスと言えば、ほかにはクロウェアがあります。悲観的というほどではないけれど、絶えず何かが心配になるようなときに、平穏と落ち着きを取り戻させてくれます。

変化の時期には大きな決断をしなければならないこともあります。その重圧感に押しつぶされそうなときにはポー・ポー。このエッセンスは、問題解決ができるように直感力を高めるのを助けてくれます。

変化の時期に内面的な混乱や葛藤がある場合は、ミント・ブッシュ。これは、どちらかというと、現実レベルの変化というよりも、スピリチュアルレベルの内的な変化の時期に、落ち着きを取り戻し、古い信念を手放すのに使えます。

ブラック・アイド・スーザンは、変化を起こそうと焦って頑張りすぎ、かえって空回りしているようなときに使えます。先を急いで、同時進行でいくつもの物事をこなそうとしている場合に、スピードを緩めて自分の内に静けさを見つけられるようにしてくれます。

フラワーエッセンスは状況に応じていろんな使い方ができます。アボリジニが自然を守っているオーストリアのブッシュ・フラワー・エッセンスは、特にエネルギーが強いと言われています。試してみたい方は、ただいま、初めての方のみ、その後の経過をお知らせいただける場合には、無料でトリートメントボトルをプレゼントしています(セッションへのお申し込みが必要です)。この機会に試してみませんか。