フラワーエッセンス, 植物

1ヵ月ほど前に花屋さんでフランネルフラワーを見つけて買いました。多年草なのだけれど、次の年までもたせるのは難しく、毎年買うハメになります。

先日の強風の次の日、水をやりに表に出てみたら、根元からぽっきり折れていて、近くに転がっていました。残念だけれど、せっかくなので切り花として飾ってみました。

よく出回っているのはフェアリー・ホワイトという品種ですが、今年買ったのは四季咲きのエンジェル・スターという品種。切り花に向いているそうなので、ちょうどよかったのかも。

ところで、苗を買うときに不思議なことに気づいたんです。どの花にも、すぐ下に小さいつぼみがついていて、まるで親子のよう。フェアリー・ホワイトではそうしたものは見たことがなかったので、エンジェル・スターの特徴なのでしょうか。以前に買ったものにはなかったと思うのですが。ネットで調べてみてもわかりませんでした。

どの花も、ちっちゃい子がこっそり隠れています。写真は撮り忘れたけれど、どちらもつぼみのときは、もっと不思議な感じでした。このことについて、どなたか知っている方がいらっしゃいましたら、コメント欄から教えてください。

フランネル・フラワーはオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスにもあります。名前の通り、花びらはフランネルのようにフワフワして触りたくなりますが、この花のエッセンスは、触られることや人との物理的な接触が苦手な人に向いています。その意味では、自閉症スペクトラムの人に使えます。

あとは、人と感情を共有するのが苦手な場合も。性的トラウマがある場合にも使えます。その場合、男性はフリンジド・バイオレットと組み合わせて、女性はそれにさらにウィステリアを加えるとよく効くそうです。

私はこの花をパソコンの脇に置いて、デスク作業にストレスが溜まったら、フワフワした花びらを触って癒されてます(*^_^*)。

(後日追記)エンジェル・スターだと思っていたら、リトル・エンジェルという品種らしいです。同じ「エンジェル」なので間違って覚えていたようです。ネットでリトル・エンジェルの写真を探してみると、みんなこんなふうに花のすぐ下に小さい花芽がついているので、この品種の特徴なのかも。だから「リトル」なのかな?