下弦の月のメッセージ

今日は双子座で下弦の月を迎えました。月は水瓶座にいる土星とトライン。引き続き、おうち時間が長くなって、ネットの見過ぎで情報がいろいろ入ってくると思います。鵜吞みにせずに、現実と照らし合わせて、自分の頭で判断する自律性を養ういい機会。そうすれば、多様な情報に振り回されて気持ちが不安定になることもありません。

今日のトートタロットの一枚は「カップの6」。

人生に何か生き生きした感じが欠けているような気がするなら、新しいことを初めて見ましょう。それを通じて、新しい人間関係も生まれるはずです。そうすれば、沈んだ太陽が再び顔を出すように、人生に明るさが戻ってきます。ただし、始めたことを、今度は深めていくことも大切。そうすれば長くじっくり楽しむことができます。

何かを始めようと思っても、大変そうだからと、すぐに諦めてしまったりしていないでしょうか。そんなときには、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのケイポック・ブッシュがおススメ。

このエッセンスは、物事をすぐに諦めがちで、最後までやり通せない人に向いています。また、最初から挑戦しようともしない人にも適しています。

何もするにも、長く続ければ必ず壁にぶち当たります。そんなときに、ケイポック・ブッシュのエッセンスは、粘り強く課題に取り組むのを助けてくれます。

このエッセンスを摂ると、人生に問題が生じたときに、投げやりになるのではなく、自分で人生を望ましい方向に変えようと前向きに対処できるようになります。それが、自分で人生の舵を取ることにつながるのです。

こころ, フラワーエッセンス, 人間関係

負の感情って取り扱いが難しいことがあります。特に、できるだけいい人間であろうと努力している人ほど、無意識のうちにそうした感情を抑圧してしまっていることがあります。

自分でも気づかないうちに怒りが溜まっていて、恨みや憤りにまで膨れ上がってしまうこともしばしばです。そうした感情は、どうでもいい相手ではなく、家族やパートナーを含め、とりわけ親しい間柄の相手に抱きやすいものです。

「相手をゆるしましょう」ということは簡単に言われていますが、そんなに簡単にできれば苦労はしません。でも、そのままにしていては、未来の人間関係にも影響が出てきます。

そんなときには、フラワーエッセンスの助けを借りてみましょう。親しい相手に対する恨みや憤りの感情を解放するには、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのダガー・ハキアが使えます。

このエッセンスを少なくとも1週間(朝晩7滴ずつ)摂った後に行うワークがあります。「ゆるしのプロセス」と呼ばれるものです。

①時間を取って、邪魔が入らない静かな場所でひとりになります。

②楽な姿勢で座り、目を閉じて深呼吸をし、意識を内に向けます。横になってもかまいませんが、寝てしまわないようにしてください。

③自分が恨みや怒りを感じている人に、イメージの中で出てきてもらいます。1度に1人ずつにしてください。解決すべき問題がいちばん多い相手が登場するはずです(父親か母親のことが多いそうです)。

④相手の姿が目に浮かぶか、存在を感じたら、その人のおへそと、自分のおへそから、それぞれ1本のコードが出ていることを想像します。そして、その2本のコードを結んでください。そして、相手の名前を声に出して呼び、「私があなたを恨んでいるのは○○に対してです」と、具体的な事柄を入れて、すべて述べていきます。

⑤すべて述べ終わったら、また相手の名前を呼び、「私があなたに対して抱いている恨みを私は解放します。私はあなたを愛しています」と言ってから、手をハサミの形にして、「あなたをゆるします」と言いながら、自分と相手を結んでいた想像上のコードを切ります。

⑥このプロセスを再度2回繰り返します。1回目に言い忘れた事柄があれば、それも付け足してください。

⑦合計で3回のプロセスが終わったら、今度は、相手に自分に対しての恨みを言ってもらいます。最初と同じく、自分と相手を想像上のコードで結んでから、相手の名前を呼び、今度は「あなたが私を恨んでいるのは○○に対してです」というように、相手が自分に恨みを感じていると思われる事柄を言います。

⑧終わったら、また相手の名前を呼んでから、「あなたが私に対して恨みを感じているすべてのことについて、私はあなたをゆるします。私はあなたを愛しています。あなたを解放します」と言って、ここでもハサミの形にした手でコードを切ります。

⑨このプロセスをさらに2回、合計3回行います。

⑩これで1人目とのプロセスは終わりです。まだ時間と気力があれば、次の人に出てきてもらいましょう。

以上です。この後さらに数日間エッセンスを摂ると効果が増します。

このワークはかなり時間がかかるので、一度に1人だけにして、何回かに分けて行っても大丈夫です。

実際にやってみるとわかりますが、こちらにばかり言い分があるように思っていても、相手の側にも恨みつらみが何かしらあったりするものです。相手の視点に立つのが難しいと感じられたら、相手の着ぐるみがあると想像して、その中に入ってみるのも一つのやり方です。

このワークをやった後に、今まで身体が重くて歩くことすらしんどかったのが、スタスタと歩けるようになった、という人もいました。

親やパートナーなど、具体的な相手との感情的な問題を解消したい場合は、ダガー・ハキアに加えて、ほかのエッセンスをプラスするのも効果的です。その場合は、ぜひご相談くださいね。セッションについてはこちらから。

未分類, 満月のメッセージ

今日は水瓶座で満月を迎えました。水瓶座の満月は今年2回目です。土星・金星・ドラゴンヘッドが風のサインでグランドトラインを形成していて、風の時代を感じさせます。月は木星とコンジャンクションですが、乙女座の火星・水星とクインデチレ。自由を謳歌したいときには、ありがたいはずの家族の保護はうっとうしいもの。辛辣な言葉でやり返さないように注意。

今日のトートタロットの一枚は「#6 The Lovers」です。

人づきあいの幅を広げましょう。気の合う人とばかり一緒にいないでしょうか?年齢や性別を問わずに多くの人と交わって、相手を理解するように努めることが大切です。アフガニスタンの状況などをニュースで見ると、同族意識が分断を生んでいることがわかりますが、私たちの中にも、「この人は仲間だから」「この人は仲間じゃないから」といった意識は働いていないでしょうか。

普遍的な人間意識を育んでくれるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスと言えば、シドニー・ローズ。

このピンク色の花は、知性のレベルでなく、ハートのレベルで、人類がみんな、ひとつの存在としてつながっていることに気づかせてくれます。そうして初めて、他人の痛みを自分のものとして感じることができるようになります。聖者になるのは程遠くても、周囲の人たちに対する自分の意識から少しずつ変えていくことが平和への近道なのかもしれません。

お知らせ

今月も無料Zoomセッションを1名様にさせていただきます。先月応募してくださった方は、栄養の問題が大きかったので、アドバイスがメインになりましたが、もちろんホロスコープも事前に出生時間のレクティフィケーションもして、セッションは2時間近くになりました。セッションに興味はあるけれど、金銭的な余裕がないという方は、この機会にぜひどうぞ。

申し込み条件は次の通りです。

・これまでにNaadのセッションを受けたことがない方。

・フラワーエッセンスを2週間~4週間朝晩毎日摂って、その経過を詳細にご報告いただける方。

・生年月日(できれば出生時間と出生地も)をお知らせいただける方。

・セッションのご感想をいただける方(匿名にしてウェブサイトでご紹介させていただくことがあります)。

通常のセッションと同じく、事前にホロスコープを作成し、出生時間がわかる方は、レクティフィケーション(出生時間の修正:母子手帳に書いてある時間でも正確でない場合があります)も行います。

フラワーエッセンスは、状態に応じて、1種類または数種類のエッセンスからなるトリートメントボトル(保存料としてブランデーが少量入っています)を後日郵送いたします。エッセンスは、世界中で医療従事者からも定評のあるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスを使用します。

セッション時間は内容によりますが、通常1時間ほどです。

ご希望の方は、こちらからお申し込みください。先着1名様で締め切らせていただきますが、ご応募がない場合にも、24日(火)22時で締め切ります。←締め切りました。

次回は9月です。この企画はいつまで続けるかわからないので、興味のある方はお早めにご応募くださいね。

上弦の月のメッセージ

今日は蠍座で上弦の月を迎えました。月は魚座にある海王星とトライン。その間には山羊座に冥王星がいて、小三角形を形成しています。自分の内面を探って得たインスピレーションを現実にするための地道な計画を立ててみましょう。一方、海王星は乙女座の金星と緩やかにオポジション、水星・火星とクインデチレ。人間関係では妄想にとらわれて辛辣な物言いをしないように気をつけること。

今日のトートタロットの一枚は「#14 Art」です。

寛大になることが大切です。相手の嫌なところが目についても、それは自分の中にもあるかもしれません。相手を許すことで自分自身を許すことにもなります。自分を正当化して相手を非難するのではなく、事態から一歩距離を置いて眺めてみましょう。物事が違って見えてくるはずです。

ついつい人の批判ばかりしてしまうという場合は、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのイエロー・カウスリップ・オーキッドがおススメ。

このエッセンスは、過剰に批判的・断定的で、警戒心が強く、物事を受け入れたがらない人に適しています。やたらと細かいことが気になったり、あら捜しをしたり。そんな人がイエロー・カウスリップ・オーキッドを摂ると、人や物事を無批判に受け入れられるようになり、人類愛的な関心が目覚めるそうです。

からだ, ホリスティック

ここのところ、身体の不調についてのご相談が続きました。私は日頃、占いのお店で占い師としてもご相談を受けることがありますが、その人の見た目や話し方によっては、食事内容をお聞きすることもあります。

たとえば、仕事を探しているけれどなかなか見つからない、という場合、もちろんタロットカードを展開したり、ホロスコープを作ったりもします。ただ、見た目にあまりにしんどそうだとか、覇気がなさすぎるようなときには、いつもどんな食事をしているか聞くのです。

そうすると案の定、朝はトーストとコーヒー、昼抜き、夜はおそばとサラダ、いつもだいたいそんな感じ、 というような答えが返ってきます。

それじゃあ…エネルギー出ませんよね、って思うんです。いくら運気のいい時期だったとしても、いくらいい仕事の話があっても、その体力じゃ、週5日働けないのでは…。

なので、そういう人には、占いの結果とは別に、食事についてのアドバイスもちょっとします。副腎疲労気味の人も多いので、カフェイン摂取を控えた方がいい理由とか、補食が必要だということも、時間の許す限りお伝えします。

「私、運が悪いんです」とか「何かが憑いているんです」と言い張る人もごくたまにいるんですが、その前に栄養バランスをちゃんとすることが大事かなと。

いくら運が良くても、開運法でツキを呼んだとしても、エネルギー不足でそれをつかみ取れなければ運は開けません。

グダグダなんだけれど、食生活や生活習慣を変える気はない、という場合は、グダグダなままでいることで得していることが何かあるのかもしれません。何かをしなくてすむとか、誰かに優しくしてもらえるとか。元気になって、いろんなことが上手くいったら、誰かから嫉まれるとか、自分が幸せになったら誰かに悪い、とか。そうした背後に隠れているものに気づくことが大切です。

そんなわけで、全部ひっくるめて、占いだけでも栄養だけでもなく、ホリスティックカウンセリングという形を取っています。ご興味のある方はぜひセッションを試してみてください。

新月のメッセージ

今日は獅子座で新月を迎えます。ちょうどライオンズゲートの位置。同じく不動宮の真ん中にある天王星と土星とTスクエアを形成しています。自分らしさの核となるものを探してみましょう。周囲の状況に流されずに、それをしっかり保って表現していくことが大切です。

今日のトートタロットの一枚は「ワンドの7」。

今日の新月にぴったりな獅子座のカード。

これまでに成し遂げたことに満足せずに、さらに次のものへと一歩足を踏み出して、人生を創造していきましょう。周りからあれこれ言われるかもしれませんが、屈せずに意志を貫いてください。限界を超えて前に進むことが大事。

前に進むのを阻もうとするのは、ときには血を分けた家族だということもあります。親が心配性だったり保守的だったりすると、新たな挑戦をしようとしても、応援してくれるどころか、いい顔をされない場合もあります。

ときには、そうしたネガティブな部分を親から引き継いでいることもあります。子どもの頃から、「あなたには無理でしょ」と言われ続けてきた結果、自分は大したことはできないと思い込んでしまうのです。

そうした、家族に背負わされたネガティブな感情的お荷物や思い込みを解消するには、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのボアブが役立つかもしれません。

ボアブはバオバブのことです。この木は、面白いことに、木の周りに若い木が育ち、若い木は最終的に古い木に取り込まれて一体となるそうです。この特徴は、子どもが家族に飲み込まれる様子をよく表しています。

この花のエッセンスは、家系的に引き継がれてきたネガティブな感情や考え方を手放し、家族から求められているようにではなく、自分が望む人生を生きられるように手助けしてくれます。とても強力なエッセンスです。

からだ, 日々の工夫

暑い日が続いていますが、体調が今ひとつ、という人も少なくないのではないでしょうか。

夏は自律神経のバランスが崩れやすい季節でもあります。室内と室外の気温差が激しく、冷房で外から身体が冷え、冷たいものを飲んだり食べたりしては中からも身体が冷えます。

「夏季うつ」という言葉も数年前から聞かれるようになりましたが、そうした自律神経のバランスの崩れから、気分の落ち込みやだるさなど、うつのような症状が出るそうです。

そういえば、毎年この季節になると夏季うつのことを記事にしていました。

詳しい対処法など書いてあるので、ぜひご参考に。