下弦の月のメッセージ

今日は下弦の月です。新月に向かってひとつのサイクルが終わろうとしています。トートタロットからのメッセージを受け取って、新たなサイクルに向けて準備しましょう。

10月21日の下弦の月のカードは、「ソードの9」です。

自分の中の批判者とサヨナラしましょう。

「どうしてこんなこともできないの」「またこんなことして恥ずかしい」

「もっとこうしたらよかったのに」

もしかしたら、かつて誰かに言われたのかもしれません。

でも、それはもう過去のこと。

今あなたを批判しているのは、ほかの誰でもない、あなた自身。

日本では謙遜が美徳と考えられています。でも、それが染みついてしまうと、「私なんて」というのが当たり前になって、自尊心はすっかり低くなってしまいます。そうなると、何を決めるにも自信をもてず、周りばかりキョロキョロして依存的になりがちです。

自尊心の回復と自己受容を助けてくれるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがファイブ・コーナーズ。

自尊心が低いと、くすんだ色のパッとしない服装を好みます。できるだけ目立ちたくないからです。そうした人がファイブ・コーナーズのエッセンスを摂ると、自分を受け入れられるようになり、自分を美しく感じさせてくれる服を好んで着るようになるそうです。

「ソードの9」のカードはカバラでは「イェソド」で基礎や土台を表しますが、自尊心というのは自分自身の土台。土台なくして人生も人間関係も築くことはできません。

自尊心を育てることにじっくりと取り組みたい方には、こちらもおススメ。

自尊心の育て方―あなたの生き方を変えるための,認知療法的戦略 4,180円 Amazon

からだ, こころ, フラワーエッセンス, ホリスティック

忙しいともっともっとペースを上げなくてはと思いがち。

しゃっきりしようとコーヒーや栄養ドリンクを飲んだりして、無理矢理アドレナリンを出していませんか?ストレスが過剰にかかると、コルチゾールも大量に分泌されます。どちらも副腎疲労のもと。そんな状態が続くと、そのうちに慢性疲労になって動きたくても動けなくなります。

忙しいときは、逆に少し落ち着いたほうがいいもの。鎮静系のハーブやアロマを使って、身体と心にひと息入れましょう。

オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスの「カーム&クリア」というコンビネーションエッセンスもおススメです。

ブッシュフラワーエッセンス カーム&クリア30ml 3,564円 Amazon

私はなぜかこれまで使ったことがなかったんですが、最近、あまりに忙しかったので、ふと思い立って使ってみることにしました。キットを持っているので自分で調合して。

しばらく使っていたら、ずいぶん落ち着きました。私は忙しいと、肩が凝るというより背中が凝って仕方がないんですが、いつの間にかそれも解消。

「忙」という字は「心を亡くす」と書きます。心を亡くす前にケアを。

満月のメッセージ

今日の満月は牡羊座で迎えました。牡羊座の支配星は火星。火星は破壊の星です。

そんな10月14日の1枚は、タイムリーなカードが出ました。

「#16 The Tower」です。

いらなくなったもの、自分にそぐわなくなったものをいよいよ捨てるときが来ました。しがみついていても、突然引きはがされるかもしれません。変化は誰にとっても怖いもの。慣れ親しんだ物事や習慣は手放したくありません。でも、それがもう役に立たなければ、手放すしかないのです。虫歯を抜くのは怖いけれど、そのまま放っておけばもっとひどいことになります。家が崩れかけていたら、そのままつぎはぎしても遅かれ早かれ壊れます。家を建て直すには、一度壊さなければならないのです。そうして次に新しく建てるときには、前よりも頑丈なものにしようと心に誓うはずです。

手放さなければならないものは、人間関係かもしれないし、仕事かもしれません。一時的に、みじめに感じるかもしれません。でもそれは、これからやってくる新しいもののためにスペースをつくっているにすぎないのです。その変化は、あなたの人生にとって大きなものとなるはずです。「人生結局こんなもの」とシニカルにならずに人生を信頼しましょう。

そんな嵐の時期を乗り越える助けとなってくれるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがミント・ブッシュ。

この時期はある意味で魂のイニシエーションのようなもの。試練や苦難の最中にいるときはつらく感じます。でもそれをくぐり抜ければ、人生の新たな段階が待っています。ミント・ブッシュのエッセンスは、そんな混乱しがちな時期に明瞭さを与えてくれます。

こころ

ここのところ忙しく、やることが山のように溜まっています。さらに、大きいお仕事の話をいただいたりして、嬉しい反面、プレッシャーでパンパンになっている自分もいます。

もともとストレスに弱い脳のつくりなので、あれもこれもやんなきゃならないとなると、テンパってしまい、身体の緊張が抜けずに、脊柱起立筋がコリコリになるのです。あんまり頑張りすぎ、マジメすぎは副腎疲労のもとにもなります。

いかんいかん、と思い、まずは脳の整理。

詰まっている予定をすべて、まるで今の自分がやらなきゃならないかのように感じてしまうからパンパンになるわけです。

以前に読んだこの本に確かこんなことが書いてありました。

脳と気持ちの整理術 意欲・実行・解決力を高める (生活人新書) 770円 Amazon

自分一人が全部やらなきゃならないと思うからしんどくなるわけで、月曜日の自分、火曜日の自分、というふうに毎日違う自分がやると考えて、今日の自分は今日やる分だけを考えればいい、と。

そう考えて、やるべきことを紙に書き出して整理すると、「今日の私はこれだけやればいいのよね、あとは月曜日の私にやらせよう」
「火曜の私、ヒマそうだからもうちょっとやってくれるかな」
なんていうことになります。まさに分身の術。
これだけで頭も気持ちも負担が減ります。  

ここでひとつ問題になってくるのは、
「日曜のあいつ、いいよね、楽で」
「今日の私ばっかりこんなにやらされて」なんて、ほかの曜日の自分からやっかみが入りかねないことです。  

その対策としては、がんばった曜日の自分にはご褒美を用意しておくこと。
「仕事ちょっと多めに前倒しでがんばったから、美味しいもの食べさせてあげよう」とか「お疲れだから今日のバスソルトは贅沢にローズにしてあげよう」だとか。  

そうすると、日曜の私も羨ましがって、本の整理だとか、ちょっと仕事を引き受けてくれるかもしれません。    

まあ、こんなことは、「明日できることは明日やろう」「風の吹くまま~♪」って人には無縁な悩みだと思いますが(私も昔はそうだったんだけど)、こうやって上手く工夫して、少しでも今日できることをコツコツやっていくと、物事は積みあがって形になっていくのです。

上弦の月のメッセージ

今日は上弦の月です。満月に向かってエネルギーも満ちていきます。トートタロットからのメッセージを受け取って、満月に向けてパワーアップしましょう。  
10月6日の上弦の月のカードは「ソードの2」です。  

言いたいことはいろいろあるかもしれません。でも、まずは相手を理解しましょう。自分の考えに固執していると、相手の言いたいことは理解できません。ものの見方を変えてみることも、ときには大切。それが信頼関係を築く第一歩です。    

他人に歩み寄ることができず、つい批判的なったり決めつけをしがちなときに役立つオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがイェロー・カウスリップ・オーキッド。  

頭の良い思考タイプの人が、知的側面が過剰に強くなりすぎると、そうしたことがおきやすくなります。イェロー・カウスリップ・オーキッドのエッセンスを使うことで調和が取れると、いい意味で知性が活かされ、あらゆることを考慮に入れながら、公平に、共感的に物事を平和裏に解決できるようになります。    

フラワーエッセンス, 発達障害

前回の記事で、フランネルフラワーのエッセンスが自閉スペクトラム症当事者に有効だと書きましたが、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスには、ほかにも発達障害の各症状に役立つとされるエッセンスがいくつかあります。

長くなるのでごく一部ですが、たとえば、

ブッシュ・フューシャは、右脳と左脳の連携を良くするのに役立ち、難読症の改善や発話を促してくれます。発達障害者に残りがちな原始反射を消失させるのにも役立つと言われています。

オーストラリアンブッシュフラワー ブッシュフューシャ 3,564円 Amazon

ワイルド・ポテト・ブッシュやピュリファイング・エッセンスは、重金属の排泄を促してくれます(もちろん、エネルギー的に、です)。自閉症者は特に、解毒機能が弱いと言われています。

オーストラリアンブッシュフラワー ワイルドポテトブッシュ 3,564円 Amazon
オーストラリアンブッシュ ピュリファイング 30ml コンビネーション フラワーエッセンス 日… 3,564円 Amazon

イエロー・カウスリップ・オーキッドは、ルーチンにこだわる場合に。

オーストラリアンブッシュフラワー イエローカウスリップオーキッド 3,564円 Amazon

ボロニアは、同じ服ばかり着たがるなど、同じものに執着する場合に。

オーストラリアンブッシュフラワー ボロニア 3,564円 Amazon

カンガルー・ポーは、他人の気持ちを考えて、社交性を身につけられるように。

オーストラリアンブッシュフラワー カンガルーポー 3,564円 Amazon

ジャカランダは、目の前のことに集中できない場合に。

オーストラリアンブッシュフラワー ジャカランダ 3,564円 Amazon

ざっと挙げるとこんな感じです。そのほかにも、自信のなさや気分の浮き沈みなど、さまざまな症状に対応できます。

ただ、私が大切だと思うのは、フラワーエッセンスだけで解決しようとしないこと。たとえば、栄養の問題が大きければ、フラワーエッセンスはあまり効果がないかもしれませんし、発達障害の諸症状の改善は、生活習慣の改善を含めて多岐にわたって取り組むことが必要です。ADHDのある人は、毎日飲み続けることができない場合があるので、携帯のリマインダーを活用するなどの工夫も必要かもしれません。

また、発達障害の場合は、長期にわたって繰り返し摂取することも必要になります。実は、私自身、当事者なので、「フラワーエッセンス、効きます!」みたいなことを安易に言いたくないんですね。当事者の大変さや藁にもすがりたいような気持もわかりますし、試して何の効果もなかったときの落胆もわかるからです。実際、フラワーエッセンスの効果というのは数値で測れるものではなく、主観でしかないですし、「効くこともあれば効かないこともある」と言うしかありません。

それでも、これまでフラワーエッセンスに助けられてきたことも多々ありました。私が診断(15年ほど前)がつくほどの発達障害がありながら、これまで薬物療法を受けずに済んできたのは、こまめにフラワーエッセンスで感情ケアをしてきたから、というのも理由のひとつだと思っています。もちろん、フラワーエッセンスを一度摂っただけで問題がすべてなくなってしまうわけではないので、一時しのぎに過ぎないと言われればそれまでかもしれないけれど、一時的にでもしのぐっていうのは大切なんです。とにかく泥沼から一歩踏み出して前に進むというのが。

セッションでフラワーエッセンスも使っているのだから、もっと「フラワーエッセンスですべて解決!」的なポジティブなことだけを書いた方がいいのかもしれないけれど(みんな、そういうの好きですよね)、私がやりたいのは、何か特定の手法を広めることではなくて、私のところに来てくれる人が少しでもよい人生を送れるように手助けすること。だから、栄養足りなそうだな、と感じれば、フラワーエッセンスより先に、または同時に食事の見直しをした方がいいと思っています。というか、発達障害的な問題がみられるというのは、少なからず栄養にも問題があるってことですから。

でも、フラワーエッセンスは万単位もするような高額なものではないし、ほかの療法と併用しても問題なく、副作用もなければ、好転反応もほとんどありません。小さい子どもほどよく反応するとも言われています。ダメもとで試してみる価値はあるのでは、と思います。もちろん、ほかの改善法にも取り組みながら。

新月のメッセージ

今日は新月です。新月は浄化のときで、物事を新しく始めるにはよい時期とされています。気持ちを新たに、トートタロットからのメッセージを受け取って、人生に新しい風を吹かせましょう。

9月29日の新月のカードは、「カップの3」です。

今日は天秤座での新月。水星と金星も在住していて、対人的な要素が強くなっています。このカードが表しているのは、心の深い部分からのコミュニケーション。気持ちの通じそうだと思う人たちに、偽りのない感情を伝えてみましょう。

感情を表現するのが苦手な人もいます。男性はそういう場合が多いですし、女性でも言葉で気持ちを表現するのが得意でない人もいます。

そうした人の助けになるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがフランネル・フラワー。人間関係のためのコンビネーションエッセンス、「リレーションシップ・エッセンス」にも入っています。

フランネルフラワーの花びらは、その名の通り、フランネルのようなフワフワとした触り心地で、触れてほしがっているかのようです。花びらの先端は薄い黄緑色で、爪のようにも見えます。そのため、このエッセンスはそのほかに、他人から触られるのが苦手な人にも使用でき、触れ合いを楽しめるようにしてくれます。その意味では、人との接触が苦手な自閉症スペクトラム当事者にも使えます。茎はまっすぐにピンと伸びているわけではなく、フニャっとした感じで、水やりが足りないのか、元気があるのかないのか、見た目からは判断に苦しみます。そんなところもちょっと自閉症者に似ているような気も。

また、フランネルフラワーのエッセンスは、身体を動かすことを楽しめるようにもしてくれます。

フランネルフラワーは日本でも岐阜で生産されているので、最近では街中の花屋さんでも春によく見かけるようになりました。でも、鉢植えで売られているものと、群生しているものとでは、やっぱり雰囲気が違いますね。いつか、風に揺られるフランネルフラワーの大群を生で見てみたい。

からだ, 分子栄養学, 発達障害

発達障害という言葉は最近ではめずらしくなくなったのかもしれません。実は私もその一人で、もう15年ほど前にアスペルガー症候群と診断されています。

アスペルガー症候群は今では「自閉スペクトラム症」と呼ばれていますが、私の診断のきっかけは、新聞でアスペルガー症候群の当事者についての記事を読んだことでした。自ら確信して、診断を受けに行ったんです。知能検査、MRI、脳波検査の結果、「診断に全然迷いませんでした」と言われるほど、典型的な特徴がみられたそうです(詳しい診断経緯に興味のある方はこちらを)。

でも、診断当時も現在も、仕事をしていて、社会に適応できていないわけではないし(「過剰適応」と言われました)、薬物療法が必要となるような精神的な問題を抱えているわけでもないので、医師によっては診断は下されないでしょう。実際、この話を周囲にしても「え~、そんなふうには見えない」と言われるのが通常ですが、実のところ、発達障害者の実物(?)を見たことのある人はほとんどいないと思います(笑)。だいたい、見た目からはわからないものですし、みんな、イメージで言っているだけなのです。

私の場合、知能検査で、ある項目だけ有意差があるほど点が低かったのですが、そうした能力の凸凹の大きさは発達障害特有のものです。「え~、能力のばらつきなんて誰でもあるじゃない」と言う人がいますが、発達障害がない場合は、だいたいどの項目も平均的だそうです。もちろん、発達障害がある場合、どこに凸凹があるかは人によってまったく異なるので、困っていることは発達障害者ならみんな同じ、というわけではありません。

でも、おそらく発達障害当事者が共通して困っているのが「体力のなさ」です。私も若い頃からいろんな健康法を試してきました。そして、4年ほど前に発達障害と栄養の関連性を知って試してから、「どうしてこんなこと、今までの人生で誰も教えてくれなかったの?」というほど元気になったのです。40代後半にして、今人生でいちばん体力があります。

最近出版された『発達障害は食事でよくなる』という本を読んだところ、発達障害者には共通するトラブルがあると書かれていました。低血糖症や腸の炎症などです。私も実際、低血糖症がありますし、腸の問題もあります。なので、血糖値が急激に上がらないような食べ方をする必要がありますし、できるだけ腸の状態を悪化させるグルテンやカゼインを避けるため、大好きだったパン(酵母から起こして作ってたんだけれど)などの小麦製品や乳製品も避けています。

その他に、この本で興味深いのが、自閉スペクトラム症やADHDなどの発達障害の診断名ではなく、各症状と特定の栄養素の不足を結び付けているところです。 今の状態を評価するための「発達障害の特性別栄養チャート」というものがあって、これは、①睡眠、②衝動性・キレる、③不安・ネガティブ、④不注意、⑤こだわり・過敏さ、⑥便通トラブル、⑦チック、⑧運動神経、⑨多動、⑩人間関係・コミュニケーションを0~5点で評価するものです。   たとえば、
「①睡眠、②衝動性・キレる」が高いと「低血糖症タイプ」

「③不安・ネガティブ、④不注意、⑤こだわり・過敏さ」が高いと
「ビタミンB群不足タイプ」

「⑥便通トラブル」が高いと「消化管不良タイプ」

「⑦チック」が高いと「ナイアシン不足タイプ」

「⑧運動神経、⑨多動」が高いと「鉄不足タイプ」

「⑨多動、⑩人間関係・コミュニケーション」が高いと「DHA不足タイプ」  

そう考えると、最近よく問題にされる、過剰診断などは実はそれほど問題ではなくて(問題なのは診断をつけた後にフォローがないこと)、発達障害的な問題があるのであれば、栄養素の過不足を疑った方がいいということなんじゃないでしょうか。

実際に発達障害であろうがなかろうが、敏感すぎるHSPであろうが、はたまた、生きづらい新人類であろうが、上記のような症状があって困っているのなら、栄養素の過不足に気をつけるのが最優先かと思います。特に、糖質の過剰摂取はインスリンが過剰分泌されて低血糖につながるので要注意ですよ。スピリチュアルに頼るのは、その後が正解かと。

発達障害は食事でよくなる 腸から脳を整える最新栄養医学/溝口徹【1000円以上送料無料】 1,036円 楽天

翻訳書出してます。

ガイド 壮年期のアスペルガー症候群:大人になってからの診断は人生をどう変えるか 1,836円 Amazon

発達障害当事者向けのブログはこちら

下弦の月のメッセージ

まだ暑いというのに、明日はもう秋分。今日、道を歩いていたら、ずいぶん落ち葉があるのに気づきました。もうすっかり秋なのですよね。

今日は下弦の月です。新月に向かってひとつのサイクルが終わろうとしています。トートタロットからのメッセージを受け取って、新たなサイクルに向けて準備しましょう。

9月22日の下弦の月のカードは、「#9 The Hermit」です。

今やっていることをこれ以上続けても、単に量が増えるだけにしかならない、あるいは、衣食住を満たすだけでしかないと感じるのであれば、そろそろ新しいことを始める時期かもしれません。

でも、何かを始めるなら慎重に。やり残したことはないか、よく確かめることが大切です。不安を感じるなら、それが何なのか、自らの心をランプで照らしてはっきり認識しましょう。

今は、表面的な人間関係に無理に身を置く必要はありません。深いレベルでつながれる人たちとだけ、時間を過ごしましょう。そうでなければ、独りになって心の声に耳を傾けるべき時です。

独り静かに瞑想するにも良い時期です。オーストラリアン・ブッシュフラワーのメディテーション・エッセンスも助けになります。

メディテーション《オーストラリアン・ブッシュ フラワーエッセンス》30ml[コンビネーション/… 3,564円 楽天

エンジェルソード、ボロニア、ブッシュ・フューシャ、ブッシュ・アイリス、フリンジド・バイオレット、グリーン・スパイダー・オーキッド、レッド・リリーの7種類のエッセンスのコンビネーションです。スピリチュアリティを目覚めさせ、瞑想を深めて、内なる導きが得られるようにしてくれます。

ハーブ

ちょっと前に、メディカルハーブ講座の先生からエルダーベリーをいただいてチンキ剤にしたものができあがりました。

エルダーというと、フラワーの方がよく知られていて、利尿作用や発汗作用に優れていて、「インフルエンザの特効薬」の異名をもちます。アレルギー性の鼻炎や花粉症などのカタル症状などにも効きます。

エルダーベリーの効能については本にもあまり記載がありませんが、同じくインフルエンザや風邪にいいようです。ビタミンCも豊富だとか。

サプリメントではよく売られていて、子ども用のシロップもあります。iherbでは種類も豊富。

あとは、アントシアニンやビタミンAが含まれているので眼精疲労にもいいでしょうね。

チンキ剤は1年くらいはもつのだけれど、インフルエンザの季節はまだまだ先だし、眼精疲労が目下の悩みの種なので、さっそく試してみようかな。