日々の工夫,

4回目の緊急事態宣言が出されて、マスク生活も1年半にもなってしまいました。ワクチンが接種できるようになったものの、感染しないか心配という方も多いんじゃないでしょうか。

アルコール消毒や手洗いうがい、マスクの着用など、巷ではいろんな感染対策がなされていますが、かねてから、疑問に思っているものもいくつかあります。

たとえば、エアロゾル感染(空気感染)だというのなら、フェイスガードって意味あるの?とか、図書館の本は消毒までしなくちゃいけないもの?だったら宅急便の箱はどうなるの?とか。

そんな疑問に答えてくれる本がありました。先日読んだ『新型コロナの大誤解』という本、著者はウイルスセンター長の肩書きをもつ方なので、説得力は抜群。専門家と言われる人たちが、日々メディアでコメントしていますが、感染症専門家であっても、細菌の専門家とウイルスの専門家では持っている知識が違うようです。この本を読んで、たくさんのことを初めて知りました。

たとえば、ウイルスは細胞内に寄生するので、物の表面では短時間しか生きていられないため、テーブルやいすのアルコール消毒の必要はないとのこと。しかも、消毒するものに汚れがついていれば効果がないので、単なるアルコールの無駄遣いでしかないのだとか。

では、どうやって感染するのかというと、ウイルスとひと口に言っても、種類によって感染ルートが違うのだそうです。結膜から感染するのは、アデノウイルスやエンテロウイルスなどなので、新型コロナウイルスは目から感染しないのです(なので、ゴーグルは無意味)。皮膚や血液や消化器からも感染しません。

新型コロナウイルスやインフルエンザは呼吸器からのみ感染するそうです。ということは、仮に指にウイルスが付着しても、目をこすっても感染しないし、鼻もこすったくらいでは感染しないということです(鼻の穴に指を突っ込んで粘膜を触らない限りは)。なので、手洗いもあまり重視する必要はなく、うがいの方がずっと大切だそうです。鼻うがいも勧められていました。

もちろん、空気感染なので、マスクなしでフェイスガードをしても意味なし。「空気感染」という言葉はなぜかメディアでほとんど使われていませんが、感染力が強そうなイメージがあるので、使わないのではないかということでした。

たまに、公衆トイレに、「感染防止のために蓋をして流しましょう」という貼り紙があって、頭の中にはてなマークが飛び交っていたんですが、やっぱり、感染ルートを考えれば、そんな必要はないってことなのでしょうね。

大は小を兼ねる、で、気をつけるに越したことはないのかもしれないけれど、感染対策のつもりが、危険を高めている場合もあるようです。

パーティションやビニールカーテンは、飛沫を防ぐには効果的だけれど、そもそも空気感染なので完全に防げるわけもなく、すぐ後ろに壁があるなどの狭い空間では、隙間から入ってしまったウイルスがなかなか出ていかないことにもなりかねないのだとか。

ちなみに、ウレタンマスクは効果はほぼゼロだそうです。遺体からウイルスが出る心配もまったくなし。

ここに書ききれないくらい、そのほかにもいろいろありますが、ウイルスの専門家から見るとそういうことなんだ、と目からウロコでした。

情報や恐怖に振り回されずに、正しい知識を入れるのは大切ですね。感染が怖いという方は、ぜひこの本を読んでみてください。もちろん、多少吸い込んでも免疫力でやっつけられるように栄養状態を整えることもお忘れなく。

からだ, こころ, 分子栄養学,

先日、図書館でたまたま見つけて借りた『カフェインの真実―賢く利用するために知っておくべきこと』という本がとても面白かったです。

この本の読みごたえがあるのは、なぜカフェインがポピュラーになったのかという歴史から、デカフェ工場でどのようにカフェインが取り除かれているか、はたまた、合成カフェインがどのように作られているかまで、背景がこと細かに書かれていること。

カフェインというとコーヒーやお茶を連想しますが、コカ・コーラなどの清涼飲料水やエナジードリンクにもたっぷり含まれています。それらに添加するカフェインは、コーヒーやお茶などから抽出されますが、アメリカではそもそも輸入に頼らなければならなかったため、カフェインを合成することを始めたようです。今では、国内ではなく中国などの工場で作られているようですが。ちなみに、日本では食品添加物として使うカフェインは、合成物は使えないことになっているそうです。

私もかつては毎日欠かせないほどのカフェイン好きでした。それが今ではほとんど飲みません。毎日飲んでいると気づきませんが、ごくたまにしか摂取しないと、なるほど、カフェインは単なる嗜好品ではなくて薬効のある薬なんだなと思います。久しぶりにカフェオレを飲むと、心拍数が上がるのです。

カフェインを摂ると、確かに元気が出ます。カフェインは、アデノシンという、疲労を感じさせる物質に構造が似ていて、その受容体にくっつくことで、疲労を感じさせなくなります。

カフェインは実は、電子伝達系という、ATP(アデノシン三リン酸)を作る回路の補酵素としても使われるそうです。このATPは、エネルギーの通貨のようなもの。カフェインを摂ることで、じゃんじゃんエネルギーができるなら、飲んだ方がいいじゃないかと思いますよね?

でも、電子伝達系でATPを作るには、ほかにもビタミンB2やコエンザイムQ10など、多くの補酵素が必要です。なので、カフェインを摂りすぎると、エネルギーができるのはいいけれど、ほかの補酵素を無駄に消費してしまうことになります。補酵素となるビタミンやミネラルは、ほかの代謝経路でも必要とされるので、エネルギーを作ることばかりに使うわけにはいきません。

それに、カフェインはアドレナリンやコルチゾールといったホルモンを副腎から分泌させます。これらのホルモンは肝臓のグリコーゲンを分解して血糖値を上げるので、血糖値が下がってぐったりしてきたときにカフェイン飲料を飲みたくなるのです。でも、やはり、カフェインでアドレナリンやコルチゾールを無駄に分泌させまくっていると、空腹時に使うべきはずのグリコーゲンの蓄えがなくなります。そうすると、やはり血糖値は下がったままなので、甘いもので一気に上げたくなったりしてしまいます。

とまあ、分子栄養学の勉強をしてきて、以上のようなことを知ったことから、カフェインをやめることになったわけですが、今回この本を読んで、ほかにもいろいろ面白いことがわかりました。

カフェインの副作用としては睡眠障害がありますが、個人差も大きいようです。ストレスによる睡眠障害を起こしやすい人の方が、カフェインの影響も受けやすいのだとか。朝にカフェイン200 mgを投与した人の脳波を測ると、就寝時間までその影響が残っていたそうです。確かに、私もカフェインを摂らなくなったら夜9時くらいに眠くなるようになったんですが(さすがに9時には寝ませんが)、日中にカフェインを摂ると、寝る時間まで眠くなりません。アデノシンは眠気を感じさせる作用もあるので、カフェインがその受容体にくっつくことで、眠気を感じにくくなるのでしょう。

あとは、カフェインに弱い人がカフェインを摂ると強い不安感が生じるそうですし、不安障害とカフェインの大量摂取の症状は区別がつかないことから、カフェインの摂りすぎなのに不安障害と診断されてしまうこともあるとか。パニック発作もカフェインによって誘発されやすいようです。パニック発作は低血糖と関連している可能性も言われているので、それも納得です。

ストレスの多い生活を送りながらカフェインを大量に摂っていると、健康な人でも「聞き違い」を起こすことがあるという研究結果もあるそうです。「聞き違い」とか「見間違い」によるミスって、よくあるけれど、睡眠不足だとか疲れているとかのほかに、カフェインによるものもあるかもしれないってことですよね。

そんなわけなので、睡眠が浅い人(日中眠いからカフェインが手放せず、それによって眠りが浅くなるという悪循環に陥りがち)や不安感の強い人は、できるだけカフェインを減らす工夫をしてみましょう。

一気にやめようとすると、頭痛などの離脱症状が出るので、コーヒーから紅茶へと、カフェインの少ないものにしたり、デカフェで割ったりして、段階的に減らしていくのがお勧めです。私はそうやって、数年かかりましたが、今では見事にカフェイン不要になりました。

不安の強い人や睡眠の浅い人は、その解消のためにできることはいろいろあるけれど、まずはやはり、足し算より引き算から。悪影響を及ぼしているものをやめるってことが大切ですよね。

ハーブ, 占星術,

現代でもインドのアーユルヴェーダなどでは占星術を取り入れているようですが、西洋でもかつては占星術は医学の一部でした。医学と占星術との関連は、エジプトのヘルメス思想の「As above, so below(上なるものは下なるもののごとし)」という考えに基づいていて、人間は宇宙(大宇宙)の縮図(小宇宙)とみなすことによるそうです。

昔は薬草を使っていたわけですが、ハーブ自体も天体や星座に対応させていました。一日の時間も1時間ごとに天体と対応づけていたのですが、そのハーブに対応する天体が支配する時間帯に採取するのがよいとされていたそうです。その植物の力が最も高まると考えられていたんですね。

ハーブを天体に関連づけるって、いったいどうやって?と不思議に思いますが、その植物の性質や生育環境などに基づくようです。たとえば、17世紀のイギリスの占星術師、ウィリアム・リリーによると、赤みを帯びていて、葉の先端が細くとがっているハーブは火星に対応するとか。ネトルなどがこれに当たります。辛味のあるハーブも火星対応で、マスタードシードなどがあります。金星に対応するのはいい香りがするハーブ。金星といえば、美と愛の女神ヴィーナスやアフロディーテが司っているので、ドクダミなんかは金星対応ではなさそうですよね(笑)。

土星に対応するものは毒性のあるものが多いようです。以前に記事に書いたトリカブトは、同じく17世紀のイギリスのハーバリストで占星術師でもあったカルペパーによる分類には見当たらなかったのですが、ウィリアム・リリーは土星に分類していました。

でも、昔は土星までしか使わなかったので、天王星、海王星、冥王星とは対応づけられていなかったわけです。この3つのトランスサタニアンの天体も考慮に入れれば、ケルベロスのよだれからできたとされるトリカブトはやっぱり冥王星の方が相応しいんじゃないかとも思うのだけれど。そう考えると、ケシも土星に分類されているんですが、幻覚作用があるから、海王星の方がしっくりきます。

ハーバリスト、カルペパーの名前は、ハーブやアロマを勉強している人なら、歴史のところで必ず出てくるので、聞いたことがあるかと思います。どういう人物なのかはあまりよく知られていませんが、37歳で幕を閉じたその短い生涯は波乱万丈で、「赤ひげ」のような魅力的な人物だったようです。短命だったにもかかわらず、数多くの著書や翻訳書を残し、数百年経った今でも読み継がれている本もあるわけだから、偉業を成し遂げたわけです。当時ラテン語で書かれていた薬局方を英語に訳して誰でも読めるようにして一般人が自分で薬草を使えるようにしたのも、大きな功績ですよね。興味がある方は『占星医術とハーブ学の世界』をぜひ読んでみてください。ハーブに興味がある人にも、占星術に興味がある人にも、どちらにとっても奥深い本です。西洋医学って、そもそもはホリスティックだったんだなあとしみじみ思った一冊です。