内なる音を奏でてみませんか

Naadでは、トートタロットや西洋占星術、フラワーエッセンスを使ったカウンセリングを行っています。また、心理学や分子栄養学などの観点からもお話し、身体・心・魂のホリスティックな視点でご相談にのっています。食事・生活習慣の影響や、ハーブやサプリメントによる生活の改善法についてもお伝えしています。あなたの内なる音を聴き、からだ・こころ・魂のバランスを整えてよりよい人生を歩んでみませんか。発達障害・HSPのご相談(栄養療法中心)もお受けしています。

 

Naad(ナード)」とは、ヒンディー語で「内なる音」という意味です。

なぜヒンディー語?と思うかもしれませんね。実は、私は長い間、インドの古典音楽に魅せられて、現地に通っていました。そんなあるとき、ある奏者に言われたことがありました。「自分の心を見つめて、その音を表現すれば、絶対に音が外れることはないし、どんなに遠くからでも誰かが君の演奏を聴きにやってくるよ。」

これは音楽に限らず、人生のどんなことにも通用するのではないでしょうか。私たちは人生を生きていく中で、さまざまなことを学び、いろんな影響を受けます。それを表現していくときに、人の心を動かすものは、他人からの借りものではなく、結局は元々もっているものや自分自身の血肉となったものだと思うのです。つまり、自分自身の奥底からくるオリジナルな深い音を表現できれば、それに共鳴してくれる人が現れるのですね。

内なる音を奏でるなんて、聞こえはいいですが、実際にはさまざまなノイズがあるために聴くことはなかなかできません。奏でるとなるとなおさらのこと。それができるようになるには、心身ともに健康であることが必要です。それで初めて、魂の欲するものを軽やかに追求していけるのです。私たちは身体をもった存在ですから、スピリチュアリティだけを追い求めて肉体を無視するわけにはいきません。


カウンセリングでは身体面にも焦点を当てます。心や魂に焦点を合わせて、進む方向がわかり、やる気になっても、身体が伴わなければ実現は難しいからです。やる気さえあれば、本気であれば、身体は後からついてくる、という考え方もできますが、実際には身体にも同時にアプローチした方が変化は早くなります。スピリチュアル好きな方は特に極端な食生活をしている場合が多く、栄養の偏りから心身の不調をきたしていることがあります。また、身体面の問題にだけ取り組んでいても、考え方のクセなどからストレスが多く、エネルギーの無駄遣いをしていると、食事の改善やサプリメント摂取をしてもプラマイゼロで変化がみられないことになりかねません。

これは私自身の経験からきています。私は子どものころから体力がなく、疲れやすい体質でした。子宮内膜症や過敏性腸症候群にずっと悩まされ、30代半ばには発達障害と診断されています。そうした数々の問題に対処するために、これまでいろいろな試みをしてきました。大学では心理学を学び、長年にわたって菜食をしてヴィパッサナー瞑想に取り組んできました。ブッシュフラワーエッセンスとの出会いも大きな助けとなりました。それでも、精神的には強くなったけれど、まだ心身ともに多くの問題を抱えていました。それが数年前に、栄養面での問題に気づき、分子栄養学の考えを取り入れるようになってから、大幅に改善したのです。

そのため、カウンセリングでは食生活や生活習慣の見直しや、ハーブやサプリメントを使った心身の改善についてもお話します。場合によって、フォーカシング、タッピング、ダウジング、マインドフルネス瞑想などの手法も取り入れています。

花の波動を写し取ったフラワーエッセンスは、海外では医療従事者のあいだで定評のあるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスを使用しています。オーストラリアはアボリジニが自然を守ってきたことから植物のエネルギーが強く、からだ・こころ・魂の3つのレベルで働きかけます。

カウンセリングでタロットカードや占星術を使うのは、ただ話を聞くよりも、状況が短時間でわかるからです。日本人は特に、自分のことを率直に話すのがあまり得意でないように思います。本音が出る前に何回ものセッションが必要になることもあります。

それが、タロットではカードを並べただけでそこに問題が表されるので、出たカードを基に、カウンセリングを進めていきます。自分の悩みを言葉で表現するのが苦手な人でも、タロットはきちんと汲み取ってくれますし、自分でも気づいていなかったことを指摘してくれることもあるのです。人間関係をみる場合、相手の生年月日がわからなくても問題ありません。私が使っているトートタロットは、クリエイティブに未来を切り拓くためのツールです。

一方、占星術のホロスコープは地図のようなものです。その人の生まれながらの資質や問題になりやすい点、今後のチャンスやその具体的な時期をみるのに適しています。心理占星術の視点を取り入れているため、親との関係や幼少期に形成された行動パターンなども読み解けます。ホロスコープが表すものは、あくまでも「可能性」。種のようなものです。それが良い種であれば順調に育つように、悪い種であれば芽が出ないようにすることが大切です。

占星術では特に、出生時間が分かる場合には、同じ生年月日の人とも違う、あなただけの運勢を知ることができます。また、母子手帳に記載された出生時間でも正確でない可能性があるため、できる限り事前に修正を試みます。これまでの人生で起こった重要な出来事とその時期をお知らせいただき、その時期にその出来事を表す天体の配置があるかどうかを確認します。これを行うのは、出生時間が4分ずれていると、未来予測で1年のずれが生じるためです。また、人によっては、少しのズレで感受点の星座が変わり、ホロスコープの解釈が大きく変わってしまう場合もあります。

人生とは運命ですべて決まるものではなく、自由意思によって変わるものだと私は考えています。ホロスコープで潜在的な可能性などを探りつつ、タロットや手相で現状や気持ち、問題がある場合にはその対処法などをみていきます。

 

また、私は十数年前に自ら発達障害(アスペルガー症候群)を疑って受診し、各種検査の結果、正式に診断されています。社会に適応しているため、現在の診断基準では、グレーゾーンになるのかもしれません。特に薬物療法を要するほどの二次障害になったこともありませんし、支援を必要とすることもありませんでしたが、それなりに大変でしたし、そうした人たちの生きづらさはわかるつもりです。ですので、成人で発達障害(診断済みか未診断かを問いません)のある方やHSP(Highly Sensitive Person:人一倍繊細な人)の方のご相談にも乗っています。主に、栄養面や生活習慣の改善を中心にお話していますが、占星術やタロットを使っての人生の総合的なカウンセリングも行っています。診断を受けたけれど戸惑っているような場合もぜひご相談ください。当事者ではなく、ご家族にそうした傾向が見られる場合のご相談もお受けしています。その場合は、ご自身とその方との関係を見るために占星術やタロットを使用しますので、ホリスティックカウンセリングセッションにお申し込みください。

なお、医療従事者ではありませんので、病気や発達障害の診断はできないことをご了承ください。お話を聞いたうえで、正式に医療機関を受診されることをお勧めする場合もあります。

あさぎ真那 プロフィールはこちら

セッションのお申込みはこちら