満月のメッセージ

今日は満月です。蠍座で迎えた満月。蠍座は死と再生、変容の星です。この機会に余分な荷物を捨てて身軽になって歩いていきましょう。


5月19日のトートタロットの1枚は、「ソードの10」です。

何かひとつ、終わりを迎えようとしているものがあるようです。そのことで、何もかもがダメになったように感じるかもしれません。でも、このカードの剣の中で、折れているのは実は1本だけです。そのほかは、これまでと変わりなく無事なのです。手放すことになって少なからず傷つくと思いますが、それは本当は自分が思っているほど大したことではないかもしれません。何かを失えば新しいものが人生にやってきます。新しくやってくるもののことを考えて、前を向いて歩いていきましょう。

そうはいっても、心が折れてしまうとなかなか立ち直れないもの。そんなときに助けになるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがワラタ。

このワラタはブッシュフラワーエッセンスの中ではスタート・デザート・ピーとならんで強力なエッセンスで、エマージェンシー・エッセンスにも入っています。深い絶望感に打ちひしがれて、困難を乗り越えられないように感じているときに役立ちます。「魂の闇夜」を通り抜けるのを助けてくれます。

ワラタの花は血のように真っ赤ですが、白いワラタもあるのだとか。昔は白しかなかったワラタの花が赤くなったのには、次のような言い伝えがあるそうです。

行方不明になったつがいの雄を雌が探し回っているときに、鷹に襲われてケガをしてしまいました。雌鳥はワラタの花の中に身を隠し、休み休み飛び続けました。そのたびに白いワラタを自らの血で染めたためにワラタは赤くなったのです。

闇夜もいずれは光が射します。開けない夜はないのです。