発達障害

この頃は、大人の発達障害についてテレビでも取り上げられるようになりましたが、壮年期の発達障害についてはまだそれほど注目されていません。

発達障害という概念ができたのはここ最近のことなので、自分に発達障害があることに気づかずに大人になったケースは実は少なくありません。

そうした場合、一見、普通に社会生活を送っているように見えますが、本人としてはいっぱいいっぱいだったりします。能力の凸凹の凹の部分を、通常とは違ったやり方で補っていたり、普通は直観的にできる対人関係でのふるまいも、大量のデータを入れて頭の中で処理することで乗り切っていたりすることもあります。知的能力が高いほど、そうした形で補って、一見ごく普通に見えるようにふるまっている、ということを示した研究もあります。

また、自分の子どもに発達障害があることがわかったことから、自分自身も発達障害的な問題を抱えていたことに気づく人もいます。

多くの人はこう思うと思います。「社会で普通にやっているのなら、発達障害なんて言わなくていいのでは?」

実際には、発達障害というのは社会的な行動面に問題があるだけではなく、代謝などにも異常がある場合が多いのです。そういった問題を理解して対策を立てることで、生きるのがずっと楽になる可能性があります。「『障害』じゃなくて『個性』でいいのでは?」と思う人は、「障害」は劣位的なものではないかという、うっすらとした差別意識がないか、自らに問いかけてみてほしいと思います。弱者に手を差し伸べるような人の中にも、上に立って手を差し伸べるのはいいけれど、自分や身近な人間に発達障害の可能性があるということになると、目を背けたがる人は意外といます。

かくいう私も、実は十数年前にアスペルガー症候群の診断を受けています。めったにそう見られることはないし、言ってもまず理解されないので、人に言うことはほとんどありませんが。

人生を何十年も過ぎてから診断を受けるというのは、実は結構ショックなことです。そこからそれを受け入れて人生を構築していくというのは、楽なことではありません。そういったケースは多くはないでしょうが、一助となればと思い、去年『壮年期のアスペルガー症候群』という翻訳書を出しました。興味のある方は、ぜひ読んでいただけたらと思います。

ガイド 壮年期のアスペルガー症候群:大人になってからの診断は人生をどう変えるか 1,836円 Amazon

以下、訳者あとがきからの引用です。

 
「本書はアイデンティティの面からアスペルガー症候群の診断について論じた初めての本ではないかと思います。日本でも成人の発達障害が広く知られるようになってきましたが、壮年期を過ぎて診断されるケー スはまだあまり取り上げられていません。
 
私自身も著者のフィリップのように、数々の遍歴を経た末に、十数年前に偶然アスペルガー症候群につい ての新聞記事を目にし、「私はこれに違いない!」と直観的に思って自ら診断を求めたところ、各種検査の 結果、三四歳でアスペルガー症候群の診断を受けました。人にそのことを話しても信じてもらえることはほとんどありませんが、診断医いわく「典型的で全然診断に迷わなかった」とのことです。医学的治療を要する二次障害はないので、現在の基準では自閉スペクトラム症の診断はつかないのかもしれません。
 
私も診断の前後を通じて数々の「自己治療」を試み、診断のことを周囲に話しても理解してもらえず、 やっかいな脳をもて余していましたが、私の場合は低血糖と栄養の問題に取り組むことでずいぶんと楽になり、フルタイムの仕事と勉強のかたわらにこうして一冊本を訳せるほどの体力と気力がつきました。
 
発達障害というレッテルを貼るのではなく、「個性」ということでいいんじゃないかと考える人がまだま だ多いのではないかと思います。ではなぜ、そんな「レッテル」を貼られてまで、診断を受けたことにホッとする人間がいるのでしょうか。また、そうした人がなぜ世の中に増えているのでしょうか。簡単に答えの出せる問いではありませんが、「個性」でいいのでは、という人にもその点について本書をきっかけに考えていただければと思います。
 
本書がイギリスで出版されたのは2014年ですが、科学的知見は日々更新されています。今では、発達障害者特有の代謝異常や栄養面の問題など、分子整合栄養医学という分野からも新しい知見が得られて いますし、発達障害者には認知行動療法が有効ということも言われているようです。診断が遅くとも、人生を楽なものにできる余地はまだ十分にあるのです。そうしたことを踏まえると、「個性」で片づけてしま うというのは、見方を変えれば、そうした問題に対処して人生をより良いものにする機会を奪うことにもなりかねないのではないでしょうか。
 
子どもたちの未来のためにも、発達障害に対する世の中の理解が進んでほしいとは思いますが、遅れて診断を受けた当事者は、理解が進むのを待っているあいだにも人生の残り時間はどんどん少なくなっていきます。決して楽な道のりではないかもしれませんが、これまでサポートなしで生き抜いてきたバイタリティーをもってすれば、この先の人生を好転させることも夢ではありません。拙訳がその一助となれば幸いです。」

タロット, フラワーエッセンス

今日は下弦の月です。新月に向かってひとつのサイクルが終わろうとしています。トートタロットからのメッセージを受け取って、新たなサイクルに向けて準備しましょう。

7月25日の下弦の月のカードは、「ディスクの6」です。

今日は牡牛座で下弦の月を迎えました。偶然にもこのカードも牡牛座の月。あなたが心の奥底に抱いている願望を実現するには、やはり地道に努力をすることです。ただ、自分の求めているものが何なのか、あなたはわかっているでしょうか?「成功」とはあなたにとって何を意味するでしょうか?それは他人が描いた成功ではありませんか?自分が本当に求めているものを見極めないと、行きつく先は、こんなはずじゃなかった、ということにもなりかねません。この機会に、居心地のいい環境でゆっくりと心に問いかけてみましょう。

そして、もうひとつ大切なのは、自分の望む結果が実現するのを受け入れられること。成功とは、見方を変えれば状況が変わることです。成功を夢見ながらも、人間というものは慣れ親しんだ状況が変わることに大きな不安を覚えるものです。大きく変わる状況に対応するには、大きなエネルギーがいります。持てば持つほどいいかというと必ずしもそうではなく、多くを持てば持つほど、その管理も大変になります。

そんなときに、望みが実現するのを受け入れられるように助けてくれるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがクリスマス・ベル。

このエッセンスは、豊かさのコンビネーションエッセンス、アバンド・エッセンスにも入っています。クリスマス・ベルは、物質次元での物事の扱い方をマスターできるようにしてくれます。自分が求めているものを明確にすれば、クリスマス・ベルのエッセンスはそれが具現化するのを助けてくれるのです。

オーソモレキュラー, からだ

ちょっと前に『ラジエーション・ハウス』という医療ドラマをやっていましたが、その中で子どもが「くる病」と診断されるという話がありました。

くる病はビタミンD不足によって骨が柔らかくなる病気で、変形して歩きづらくなったりします。食糧事情の悪い昔はよくあったそうで、そのためか、私が子どもの頃は、子どもは肝油ドロップを食べさせられていました(美味しいのよね、あれ)。ところが、最近になって、くる病が乳幼児に増えているそうなのです。過剰な紫外線対策などがその原因で、ドラマでもそういった設定でした。

ビタミンD不足はアレルギーとも関連すると言われていますが、分子栄養学の講座で、完全母乳で育てている子どもには乳児湿疹が多く、1日1回でいいから粉ミルクを飲ませるとよくなるという話を聞きました。母乳自体にビタミンDが少ないのですね。

ほかにも、脚気は江戸時代に白米が普及して急速に増えた病気で、「江戸患い」と言われていました。ビタミンB1が不足することで起こりますが、これも最近若い人の間で増えているそうです。かつては、純粋にビタミンB1の不足から起こっていましたが、最近は、糖質摂取が過剰になったために、糖質の代謝に必要とされるビタミンB1の量が追い付かずに、結果的に不足してしまっているようです。

こんなふうに、飽食の時代と言われている今でも、実は新型栄養失調が増えていると言われています。丈夫な赤ちゃんを産むためには母体が健康でなくてはなりませんし、家族の健康を守るためには、ちゃんとした栄養の知識を身につけることが必要です。そして何よりも、大切な家族のためにがんばっているお母さんたち自身が疲れていては始まりません。家族の世話でいっぱいいっぱいで、自分ひとりのときにはおにぎりや麺だけで簡単に済ませていませんか?野菜さえ食べていればヘルシー!と思っていませんか?

栄養って大事なんですよ。

マンガ仕立てのわかりやすい本も出ていますから、ぜひ一度、読んでみてくださいね。

まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ― はじめてのオーソモレキ… 1,296円 Amazon

タロット, フラワーエッセンス

今日は満月。今回は部分月食を伴う山羊座での満月でした。山羊座の支配性である土星も引き続き、山羊座にいます。そして冥王星とドラゴンテールも。

山羊座が強調されている、そんな本日のトートタロットの1枚は、「ディスクのクイーン」です。

今年も後半に入りました。これまで何を成し遂げてきたのか、一息ついてゆっくり振り返ってみましょう。成し遂げただなんて、大したことは何もしていないと思うかもしれません。でも、一つ一つの小さな積み重ねが力になっていきます。後半も引き続き、コツコツやっていけばいいのです。

ただ、その前に余分な荷物は片づけましょう。無駄なものを処分すれば、人生の見通しもよくなります。

物質への執着や所有欲が強くてなかなかそれができないときに役立つオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがブルーベル。

手放せないというのは、欠乏への恐怖からきていることがあります。ブルーベルのエッセンスは、そんな頑なになった心を開き、人生を信頼できるようにしてくれます。ほかの子どもとおもちゃを共有できない子どもにも助けになるエッセンスです。

フラワーエッセンス

先週、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのワークショップに1年ぶりに参加してきました。今年も残念ながら、1日しか参加できず。テーマは「メンタルヘルス」でした。

同じテーマでブラジルでもワークショップを行ったそうですが、なんと、精神科医や看護師の参加費は州政府から出たのだとか。う~ん、日本じゃ絶対にありえない…。

メンタルヘルスとひと口に言っても、 バーストラウマから更年期まで、多岐にわたる内容でした。発達障害についても取り上げられました。発達障害については、別のブログに少しずつ書いていこうと思います。

メンタルヘルスに関しても、いろいろなエッセンスが使われますが、いちばん症状が重いとき、「魂の闇夜」を通り抜けているようなときに使われるのがワラタのエッセンスです。希死念慮があるときにも使えます。エマージェンシー・エッセンス(緊急エッセンス、バッチフラワーのレスキューにあたるもの)にも入っています。

ブッシュフラワーエッセンスは短くても1週間ほど、通常は2週間くらいは摂り続けることが必要ですが、このワラタのエッセンスは強力で、ほんの数日で済みます。

ブッシュフラワーエッセンスのロゴにもなっているワラタですが、ずいぶんと背が高いようです。こちらの動画だとよくわかります。

いつか本物を見に行きたいな~。

「魂の闇夜」なんてあまり考えたくないですよね。でも、挫折や愛する人の死など、きっと誰もが一度は人生で直面することと思います。花たちからの贈り物も上手に使って上手く乗り越えてくださいね。

タロット, フラワーエッセンス

今日は上弦の月です。満月に向かってエネルギーも満ちていきます。トートタロットからのメッセージを受け取って、満月に向けてパワーアップしましょう。  
7月9日の上弦の月のカードは「ソードのクイーン」です。  

実際に起こっていることを客観的に見ましょう。主観や偏見にとらわれることなく、物事をはっきり把握することが必要です。ちょうど今、土星は自らが支配する山羊座に位置しています。ありのままの現実を見るにはいい機会です。    

人や物事に対して期待や偏見があると、ありのままの状態を客観的に見ることができません。自分の無意識のフィルターを通してとらえてしまうので、気づかないうちに、認識が実状とかけ離れていることがあります。    

そうした期待や偏見を手放すために役立つオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがフレッシュウォーター・マングローブ。

このエッセンスは、伝統的な基準や信念を健全な意味で疑い、先入観や決まりきった考えを解き放ってくれます。古い考え方を手放すことで、過去にとらわれずに新しい明瞭な視点で世界に対処できるのです。    

 

イベント, お知らせ, タロット

土日の2日間にわたって行われた代々木公園のアースガーデンフェスティバルのチャリティタロットが無事終了しました。

今日はあいにくの雨でお客さんは少なめでしたが、昨日は曇りだったので午後からはたくさんの方が来てくださって、100人を超えたそうです。私も12人の方をみさせていただきました。写真を取り忘れていたほど。周りの音楽が賑やかで、音に負けないようにしゃべっていたら、終わる頃には喉がガラガラ(>_<)。

天気の悪い中、お越しくださった方、本当にありがとうございました!

イベント, お知らせ

7月6日(土)、7日(日)の2日間、代々木公園で行われるアースガーデンというイベントに、タロット王国の皆と一緒に参加します。復興支援チャリティです。

詳細はこちらを。

タロット王国のブースは82番です。

料金は

1件 1000円(15分)

全体運 2000円(20分)

延長 1000円(10分)

です。

夕方ごろは特に混むので、待ちたくない方、あさぎをご指名くださる方はこちらからご予約くださいね。

ほかにも出店がたくさんあって、ライブもあるので、楽しいですよ!

タロット, フラワーエッセンス

今日は新月です。新月は浄化のときで、物事を新しく始めるにはよい時期とされています。しかも今日は日食で、今年後半の初めの新月です。気持ちを新たに、トートタロットからのメッセージを受け取って、人生に新しい風を吹かせましょう。

7月3日の新月のカードは、「#21 The Universe」です。

新しい世界に飛び出したければ、自分を束縛してきたものから自由になりましょう。それがいったい何なのか、もしかしたら自分でもわかっていなくて、漠然とした不自由な感じだけがあるかもしれません。だとしたら、この機会にその正体をはっきり見極めましょう。自分を縛っているものを断ち切ってはじめて、宇宙とダンスが踊れるのです。

自分を縛るもの、それが家族から受け継がれてきた性質や世代的なものであることはよくあります。自分の嫌な面が、父親や母親にそっくりだったり。知らないうちに、そうした特性に足をからめとられて前に進めなくなっていないでしょうか。そんなときに助けになるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがボアブ。

自分はもう家族から自立していて、影響なんて受けていない、と思っている場合でも、考え方や感じ方や行動を家族からそのまま受け継いでいることがあります。ボアブのエッセンスは、そうした世代から世代へ受け継がれるネガティブな傾向を取り除いてくれます。

ボアブはバオバブの一種です。ボアブの木は、その周りを取り囲むように若い木が育ち、最終的には古い木に飲み込まれて一体化するそうです。古くから家族に続いている傾向に飲み込まれてしまうという状況によく似ていますね。

オーストラリアのある種族は、ボアブの開花時期に出産があると、その女性にボアブの花を贈るそうです。そして、その女性はみんなから離れてひとりで穴を掘り、ボアブの花を敷き詰めて、その上に赤ちゃんを産むのだとか。この世に生まれると同時に、家族由来のネガティブなエネルギーを消すのですね。似たものが似たものを癒す、まさにそれがよく表れているエッセンスです。