夏バテ防止のハーブティー

連日の暑さですでに夏バテ気味の人も多いかと思います。汗をかいたら水分補給とともに塩分も補給しましょうとはよく言われています。

でも、「汗をかいたら塩分補給」というのが、いつの間にか「暑いときには塩分補給」と思い込んでしまっている人がいて、クーラーの中にずっといて汗もかいていないのに、塩分補給していることもあります。汗をかきにくい高齢者で高血圧の場合は要注意です。

汗と一緒に失われるのは塩分だけではありません。ミネラルや水溶性ビタミン(BとC)も失われるそうです。なので、汗をかいたらミネラルやビタミンも補給したいところ。

ミネラルが入ったハーブのブレンドティーがおススメです。

ローズヒップはビタミンCが豊富なことで有名ですね。

ハイビスカスに含まれるクエン酸は疲労回復に役立つし、ハイビスカスには鉄やカリウムも含まれています。

ちなみに、ローズヒップって酸っぱいから苦手!という人がいますが、ローズヒップに酸味はありません。市販のブレンドハーブティーにはローズヒップと一緒にハイビスカスが入っていることが多いので、その酸味です。酸っぱいのが苦手な人は、ハイビスカスは少なめにするといいでしょう。

飲むサラダと言われるマテ茶にもビタミンBやC、鉄、カルシウム、カリウムが含まれています。カフェインも入っていますが、水出しにすれば抽出されないので、お子さんにも大丈夫。グリーンマテは緑茶のような味なので、あまりブレンドには向きませんが、ローストならいけますよ。

あとは、ネトル。ビタミンCやカルシウム、カリウム、鉄などが含まれます。

私はこれらのハーブとルイボスをお茶パックに入れて、水出しハーブティーを常備。夏のあいだはそれを飲んでいます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です