からだ, ハーブ, 日々の工夫

今日は日本メディカルハーブ協会の学術フォーラムをオンラインで視聴しました。とても興味深かったのは、アスナロ(ひば)精油に抗腫瘍効果があるというお話。

ひば精油には抗ウイルス作用だけではなく、IgA(免疫グロブリンA)の分泌誘導作用もあるという記事を以前に書きました。

ハーブにはポリフェノールなど、抗酸化作用のある成分が多く含まれているので、がん予防にもとてもいいのですが、精油にも抗腫瘍効果があるものがあるのですね。

IgA分泌誘導作用があるのはヒノキチオールという成分ですが、ヒノキチオールの抗腫瘍作用は以前から報告されているものの、ヒノキチオール単独では弱く、ツヨプセンという成分の作用も大きいのではないかということでした。ツヨプセンはシダーウッドにも含まれていますが、ヒノキチオールとプラスした方が効果が高いということです。ちなみに、ヒノキチオールはヒノキの精油には少ししか含まれていません。

今回の研究では、青森ヒバではなく、能登産と飛騨高山産の精油を使用したとのことですが、産地によってやはり若干成分は変わるのだろうと思います。私は青森ヒバしか使ったことがないので、ほかの産地のものもぜひ使ってみたい。

マウスでの実験では腫瘍が縮小したそうですが、まだヒトでの効果は検証されていないので、人間でも同じように実際に腫瘍が小さくなるかどうかはわかりません。でも、がん予防にはなりそうですよね。マスクにスプレーして、コロナ予防とともにがん予防もなるのならいいですね。

からだ, こころ, ハーブ, フラワーエッセンス, ホリスティック, 植物

このところ、暖かくなって春めいてきましたね。春に向かっていくこの時期に、冬のあいだに溜まった老廃物を出したいところです。

私は菜の花のお浸しが大好きで、この時期にしか出回らないので、ここぞとばかりに毎日のように食べています。菜の花には解毒作用や抗酸化作用などのあるイソチオシアネートが含まれているほか、ビタミンやミネラルもたっぷりです。

イソチオシアネートはアブラナ科の植物に多く含まれています。キャベツ、ブロッコリー、大根、白菜、かぶ、わさび、チンゲンサイ、クレソンなどもそうです。ブロッコリースプラウトのスルフォラファンというよく知られた成分もイソチオシアネートです。

ハーブで毒出しによいのは、ダンディライオン(タンポポの根)やバードックなど。バードックはゴボウのことですが、海外では食用ではなくメディカルハーブとして用いられます。浄血や解毒作用があります。

ネトルも浄血作用や利尿作用があり、花粉症予防のための体質改善によいとされているので、今のうちから摂っておきたいですね。

ほかには、アーティチョーク、ミルクシスル、ウコンなども解毒に大切な肝機能を高めてくれます。ウコンには春ウコンと秋ウコンがありますが、強肝作用のあるクルクミンは秋ウコンの方が多いそうです。春ウコンにはそれほど含まれていません。それから、ローズマリーやジュニパーもデトックスによいようです。

今年は、ジェモエッセンスを試してみることにしました。ジェモエッセンスとは、植物の新芽の植物幹細胞の成分を抽出したもので、植物がこれから育っていくための生命力が物質的にもエネルギー的にも入っているのだとか。身体だけではなく、心にも働きかけます。

ちょっと前に、割引で購入できる機会があったので、デプラリスというミックスエッセンスを買ってみました。


これは、ローズマリーとジュニパーのジェモエッセンスに加えて、ゴボウ、タンポポ、クロダイコンのエキスが入っています。ばっちり、毒出しできそうですね。花粉症やアレルギーのある人はアレルゴリスの方がいいと思います。

身体だけじゃなくて、心もスッキリしたいという人は、オーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスのピュリファイング・エッセンスというコンビネーションを試してみてください。不要な感情のゴミをすっきりさせることができます。ボウヒニア、ブッシュ・アイリス、ボトルブラシ、ダガー・ハキア、ドッグ・ローズ、ワイルド・ポテト・ブッシュが入っていて、エネルギー的に肝臓や腎臓などの臓器にも働きかけます。

12日は新月。浄化にも物事を始めるにももってこいの日です。私は新月から始めようかなと思っています。みなさんも一緒にいかがですか?

からだ, ハーブ

少し前に分子栄養学と精油による感染対策についてお伝えしましたが、今回はハーブによる感染対策です。不安がる前に、免疫力を高めるために、まずは自分でできるだけのことはしましょう。

免疫力を高めるハーブと言えば、真っ先に思いつくのがエキナセア。お茶にしてもいいですが、私はよくチンキ剤を作ります。ほんの少しスパイシーな味なので、スープに入れても美味しいのです。キク科アレルギーのある人は要注意。

万能ハーブのトゥルシー(ホーリーバジル)もおススメです。ストレスへの抵抗力を高めてくれるアダプトゲンハーブでもあるので、外出が少なくなってストレスが溜まりがちな人はぜひお試しを。インドのアーユルヴェーダではよく知られたトゥルシーですが、西洋医学では研究はまだあまり進んでいないようで、論文はまだ数多くありません。それでも、エビデンスレベルは高くはないものの、トゥルシーの葉の抽出物が免疫細胞を増加させたという論文もあります。何と言ってもトゥルシーは美味しいので、お茶として飲めばいいことづくめですよね。

白血球が感染現場に素早く到達する能力を高めるのはビタミンC。ビタミンCがたっぷり摂れるハーブと言えば、ローズヒップです。クエン酸と一緒に摂るとビタミンCが吸収されやすいので、ハイビスカスとよくブレンドされます。私の最近のお気に入りは、アップルビネガー(リンゴ酢)をローズヒップと生姜のティーで割ったもの。これを飲むと疲れも吹き飛びます。

この冬は、何度となくボーンブロスを作っていますが(石油ストーブを使っているので)、エキナセアや免疫賦活作用のあるマイタケを入れれば感染対策バッチリ。
日持ちのしやすい冬はまとめて大量に作れるので、栄養がたっぷり摂れるうえに手抜きもできる。おかげで、この1月は、分子栄養学の試験やら資格更新レポートの提出やら、出版予定の翻訳書の校正作業やら、やることが山積みだったけれど、順調に余裕をもって片づけられました。栄養が整っていると、頭も働くのです(^_^)v 。

からだ, ハーブ

以前にも少しお伝えしましたが、精油を使った感染対策についてまとめてみました。

感染対策に使える精油はいろいろありますが、手に入りやすいものには次のような精油があります。

① ティートリー
抗ウイルス作用や免疫賦活作用があります。テルピネン-4-オールという成分が、白血球の分化を誘導し、マクロファージの増殖を促進します。

②  ユーカリ
1,8-シネオールという成分に、 抗ウイルス作用や繊毛運動の亢進による去痰作用があります。

③ 青森ヒバ
ヒノキチオール(β-ツヤプリシン)という成分が、分泌型IgA抗体の産生を促進して、上気道に働きかけます。これは、吸入によって効果が出るので、経皮吸収では効果がないようです。芳香浴だけじゃなく、マスクにスプレーしたりするのもいいですね。

「ヒノキチオール」という名前からすると、ヒノキにたくさん入っているような感じを受けますが、実際にはヒノキにはあまり含まれていないそうです。

IgAはストレスや疲労によって減少するそうなので、スッキリした香りの青森ヒバはストレス解消にもなるのでおススメです。

しばらくはこの状況が続きそうですので、日常生活でさまざまな工夫をして、上手く乗り切りましょう。

からだ, ハーブ, 日々の工夫

暑い日が続きますが、マスクをするとさらに暑いですね。

先日、メディカルハーブ協会主催の「免疫とハーブ」というテーマのオンラインシンポジウムがありました。

そのときに、理事長の林先生のお話の中で、感染制御のための精油がいくつか挙げられていました。当然、ユーカリなどの抗ウイルス作用のあるハーブが挙げられていたのですが、その中に青森ヒバもありました。なんと、青森ヒバは抗ウイルス作用があるだけじゃなくて、IgA(免疫グロブリンA)の分泌誘導作用もあるのだとか。調べてみたら、動物実験のレベルですが、確かに論文がありました。

免疫グロブリンにはIgM、IgD、IgG、IgE、IgAの5種類あって、IgAによる免疫応答誘導が起こるのは、経鼻~鼻腔・扁桃・上気道だそうです。つまり、オイルマッサージによる経皮吸収ではあんまり意味がなくて、鼻から吸い込まないといけないわけですね。

青森ヒバに含まれるヒノキチオールという成分がIgAを分泌を誘導するのですが、亜鉛イオンが細胞に流れ込むことを可能にすることによって、RNAウイルスの複製機構を阻止してウイルス増幅を阻害するのだそうです。COVID-19ではまだ研究論文はありませんが、同じくRNAウイルスであるSARSでは有効性が検証されています。ちなみに、ヒノキチオールという名前でも、国産ヒノキにはヒノキチオールは少ししか含まれていませんのでご注意を。

ここでふと思ったのですが、亜鉛イオンが細胞に流れ込んで、ということなので、そもそも亜鉛不足であれば、あまり意味がないのかも。現代人は亜鉛が不足しがちです。免疫グロブリンはタンパク質だから、タンパク不足でもダメ(IgA抗体の材料はグルタミンとビタミンA)。上皮細胞の奥にあるコラーゲンもウイルスの侵入を防ぐのに役立っているそうで、コラーゲンもタンパク質でできていて、つくるにはビタミンCと鉄が必要。結局は、小手先でどんな対策をしようが、栄養状態が整ってないとね、ということなのだなあと。やっぱり栄養状態は大切なのだと、いつものごとく思ってしまうわけです。

ところで、ペストが流行った中世ヨーロッパでは、医師は鳥みたいなマスクをつけていたそうですね。

なんで先がとがっているのかというと、先の部分に薬草などを詰めていたようです。

さすがに現代ではこの格好は…ですが、マスクに青森ヒバの精油のスプレーをするのはよいかなーと思います。万人に受け入れられやすいさわやかな香り。真夏にマスクをする鬱陶しさも軽減。ぜひお試しを。

ハーブ, 占星術,

現代でもインドのアーユルヴェーダなどでは占星術を取り入れているようですが、西洋でもかつては占星術は医学の一部でした。医学と占星術との関連は、エジプトのヘルメス思想の「As above, so below(上なるものは下なるもののごとし)」という考えに基づいていて、人間は宇宙(大宇宙)の縮図(小宇宙)とみなすことによるそうです。

昔は薬草を使っていたわけですが、ハーブ自体も天体や星座に対応させていました。一日の時間も1時間ごとに天体と対応づけていたのですが、そのハーブに対応する天体が支配する時間帯に採取するのがよいとされていたそうです。その植物の力が最も高まると考えられていたんですね。

ハーブを天体に関連づけるって、いったいどうやって?と不思議に思いますが、その植物の性質や生育環境などに基づくようです。たとえば、17世紀のイギリスの占星術師、ウィリアム・リリーによると、赤みを帯びていて、葉の先端が細くとがっているハーブは火星に対応するとか。ネトルなどがこれに当たります。辛味のあるハーブも火星対応で、マスタードシードなどがあります。金星に対応するのはいい香りがするハーブ。金星といえば、美と愛の女神ヴィーナスやアフロディーテが司っているので、ドクダミなんかは金星対応ではなさそうですよね(笑)。

土星に対応するものは毒性のあるものが多いようです。以前に記事に書いたトリカブトは、同じく17世紀のイギリスのハーバリストで占星術師でもあったカルペパーによる分類には見当たらなかったのですが、ウィリアム・リリーは土星に分類していました。

でも、昔は土星までしか使わなかったので、天王星、海王星、冥王星とは対応づけられていなかったわけです。この3つのトランスサタニアンの天体も考慮に入れれば、ケルベロスのよだれからできたとされるトリカブトはやっぱり冥王星の方が相応しいんじゃないかとも思うのだけれど。そう考えると、ケシも土星に分類されているんですが、幻覚作用があるから、海王星の方がしっくりきます。

ハーバリスト、カルペパーの名前は、ハーブやアロマを勉強している人なら、歴史のところで必ず出てくるので、聞いたことがあるかと思います。どういう人物なのかはあまりよく知られていませんが、37歳で幕を閉じたその短い生涯は波乱万丈で、「赤ひげ」のような魅力的な人物だったようです。短命だったにもかかわらず、数多くの著書や翻訳書を残し、数百年経った今でも読み継がれている本もあるわけだから、偉業を成し遂げたわけです。当時ラテン語で書かれていた薬局方を英語に訳して誰でも読めるようにして一般人が自分で薬草を使えるようにしたのも、大きな功績ですよね。興味がある方は『占星医術とハーブ学の世界』をぜひ読んでみてください。ハーブに興味がある人にも、占星術に興味がある人にも、どちらにとっても奥深い本です。西洋医学って、そもそもはホリスティックだったんだなあとしみじみ思った一冊です。

ハーブ, 植物, 雑記

昨日は久しぶりにお能を観に行ってきました。演目は『羽衣』。羽衣を漁師に取られた天女が、返してもらうのと引きかえに舞を舞って月に帰っていくという幻想的な内容です。夢幻能と呼ばれるお能では、この世のものではない存在が必ず出てきます。お能に特徴的な舞台の橋の部分は、あの世とこの世の架け橋なんだそう。

お能の前にはたいてい狂言が演じられます。厳かな雰囲気のお能と違ってコミカルです。今回の演目は『附子(ぶす)』でした。猛毒の附子の入った容器を絶対に開けないように、と主人に言われて留守番をさせられた家来二人が、好奇心に負けて開けてしまうどころか、味見までしたところ、なんと美味。それは当時貴重だった砂糖なのでした。すっかり平らげてしまった二人。どうしようかと考えた挙句、主人の大切な掛け軸やら茶碗やらを壊して、そのお詫びに毒を口にして死のうと思った、と言い訳するというオチ。

さて、この「附子」って何でしょう。


「ぶし」とも呼ばれる、猛毒の植物、トリカブトのことです。附子にはアコニチンという毒性の成分(アルカロイド)が含まれ、呼吸困難や心臓発作を引き起こしますが、修治という特別な処理を施すことで生薬としても使われます。「麻黄附子細辛湯」のように、漢方薬の名前の一部に入っています。附子は、鎮痛、抗リウマチ、強心などを目的として使われるようです。

歌舞伎では、『東海道四谷怪談』でお岩さんが飲まされたのも附子ということになっています(だからあんな顔になってしまったといういきさつは、歌舞伎を見て初めて知りました)。

「ブス」という言葉も、附子によって神経が麻痺して無表情になることに由来するという説もあります。

英語ではmonkshood。僧侶の (monk’s)かぶりもの(hood)という意味ですが、そう言われてみると、花の形は修道士のかぶりものみたいにも見えてきますね。

ギリシャ神話では、3つの頭をもつ冥界の番犬、ケルベロスのよだれから生まれたということになっています。ケルベロスはトートタロットでは「#9 The Hermit」に描かれています。

ホメオパシーでもアコナイトという名前でレメディが作られています。よく使われるレメディで、不安や恐怖、風邪の初期症状に使われるそうです。

では、フラワーエッセンスはあるのかというと、FESフラワーエッセンスにmonkshoodの名前でありました。霊的な能力が開花するのを恐れてそうした能力を抑圧したり、トラウマや虐待によって霊的能力が麻痺した状態に用いるそうで、ポジティブなスピリチュアリティが育つようです。

トリカブトって、そのまま使えば猛毒ですが、そのエネルギーは深いものなんですね。ハーバルアストロロジーでの対応はやっぱり冥王星なのかな?と想像が広がっちゃいます。

ハーブ, 植物, 雑記

ここ数年、6月になるとリンデンの花を見に行くのが年中行事のようになりました。

今年もそろそろ咲く頃かと思って、飯能の薬香草園に見に行ってきました。ちょうど満開。

リンデンは精油も手に入りますが、やはりフレッシュの香りがいちばん。とても優しい香りです。

先月の終わりに行ったときはまだつぼみでした。

不眠によいとされるリンデン。ドライハーブも手に入るので、寝つきが悪いときにはぜひお試しを。カモミールやオレンジフラワーとのブレンドもおすすめです。

薬香草園のガーデンではエキナセアもちょうど見頃でした。


薬香草園はハーブガーデンが見事なほか、めずらしいハーブの苗も買えるし、レストランもあります。ラベンダーのソフトクリームも。ぜひ一度足を運んでみてください。

からだ, ハーブ

ちょっと前に仕込んだハーブのチンキ剤ができました。免疫力を高めてくれるエキナセアとトゥルシー(ホーリーバジル)です。

エキナセアのチンキ剤は、毎年冬になる前に仕込んで、風邪の予防に摂っています。今年の冬の分はもうとっくになくなってしまったのだけれど、こんなご時世なので、また作りました。

作り方は簡単です。煮沸したビンにエキナセアの乾燥ハーブ4gを入れて、ホワイトリカーかウォッカを100mL入れるだけ。ビンは冷暗所に2週間から4週間置いておきます。長く浸けるほどいいというわけでもなく、4週間以上は置かないほうがいいそうです。4週間経ったら、濾してください。コーヒーフィルターを使うと棄てるのも楽です。

私は冬のあいだ、このチンキ剤を朝晩ティースプーン1杯、白湯に入れて飲みます。そのせいか(栄養療法で栄養状態が良くなったせいもあるけれど)、この3年、風邪らしい風邪を引いていません。

このチンキ剤の摂取期間は、ドイツでは8週間以内と規定されているそうです。エキナセアはキク科の植物なので、ブタクサなどのキク科アレルギーがある人は、花粉が入っている場合はアレルギーを起こすかもしれないので、要注意。また、自己免疫疾患のある人も、様子を見ながら摂った方がいいかもしれません。『メディカルハーブ安全性ハンドブック』によると、免疫が上がりすぎると自己免疫疾患が悪化するのではないかというのは理論上のことで、実際に関連性を裏付けるデータがあるわけではないそうです。

エキナセアは、ほんの少しスパイシーなので、お茶パックに入れて、スープに入れても美味しいんですよ。

トゥルシーは、アーユルヴェーダで万能薬と言われているハーブ。免疫力も高めてくれるし、アダプトゲンハーブ(ストレスへの抵抗力を高めてくれるハーブ)でもあるので、あまり外に出られなくてストレスが溜まっている場合にもピッタリ。

チンキ剤の方が断然、薬効はあるのですが、お茶としても美味しいハーブです。最近は日本産のものも手に入って、香りがとてもいいです。チンキ剤にするなら、iherbなどで手に入るインド産のものでも十分。トゥルシーのアロマオイルも癒される香りですよ。そろそろ苗も出回る時期なので、摘みたての生葉のお茶も楽しめますね。

意外と知られていないトゥルシーの効果は、血糖調節作用。なので、糖尿病薬を服用している人は血糖値が下がりすぎることがあるので、医師と相談の上、血糖値を測定しながら様子を見るのがいいでしょう。これは、『メディカルハーブ安全性ハンドブック』にも記載されています。

チンキ剤は一度作れば1年はもつので、便利ですよ。この機会にまとめて作ってみませんか。

からだ, ハーブ

まだまだコロナウイルスの話題が連日トップで報道されますね。

いちばんの対策は免疫力をアップすることだと思うのですが(オーソモレキュラー療法的な考えによるサプリメントを使った対策はこちらを参照)、アロマテラピーでも予防ができます。

コロナウイルスに対しての効果が証明されているものはまだないでしょうけど、抗ウイルス作用のあるアロマオイルはいくつかあります。

値段もお手頃で手に入りやすいものとしては、ティートリーとユーカリでしょう。アロマポットで芳香浴をすれば、家族間の感染の予防になります。エタノールと水と混ぜてスプレーを作って、マスクに吹き付けることもできます。

ユーカリは、いちばんポピュラーなのはユーカリ・グロブルスですが、香りがきつすぎてダメという場合は、ユーカリ・ラディアータを試してみるといいと思います。グロブルスより香りが少しマイルドです。

ティートリーは抗ウイルス作用だけでなく、免疫賦活作用もあるので、ウイルス対策の強い味方です。私はいつも、冬のあいだは、人混みに出かけた日の夜には、ティートリーのバスソルトをお風呂に入れています。大さじ1杯の天然塩にアロマオイルを数滴垂らすだけ。それを浴槽に入れて、よくかき混ぜてください。

予防のためにできることはたくさんあるので、情報に振り回されて不安にならないようにしましょう。

個人的には、楽しみにしていた歌舞伎公演が中止になってガッカリ。菊之助の知盛観たかった…(:_;)。