からだ, ハーブ

ずいぶん寒くなってきましたね。
冬ももうすぐ。  

冬が近づいてくると、毎年エキナセアというハーブのチンキ剤を仕込みます。  
エキナセアはたくさんの品種がありますが、薬用に使われるのは「Echinacea purpurea」という品種。免疫力を高めるハーブで、風邪の予防や引き初めに飲むと免疫力を上げてくれます。お茶でも十分なのですが、チンキ剤を作っておくと、お茶を飲みたい気分じゃなくても、少量の白湯に入れてサッと飲むことができます。チンキ剤は1年もつので便利。  

チンキ剤の作り方は簡単で、煮沸したビンにエキナセアの乾燥ハーブ4gを入れてウォッカかホワイトリカーを100mL注ぐだけです。
これで2週間から4週間、冷暗所に置いておきます。
4週間より長く浸けすぎると逆に効果が薄れるらしいので、忘れないようにスケジュール帳などに書き込んでおくといいでしょう。 濾すときにはコーヒーフィルターを使うと、そのままパッと捨てられるので楽です。

このチンキ剤を連続的に摂っていいのは最長8週間だそうです。
そのほかの注意点としては、エキナセアはキク科のハーブなので、キク科アレルギー(ブタクサなど)のある人は、製品に花粉が入っている場合は反応するかもしれないので要注意です。  

私はこのチンキ剤を飲み始めて3年ほど、風邪らしい風邪を引いていません。風邪を引いたかな、と思ったら、ローズヒップと生姜のお茶にエキナセアのチンキを入れてしばらく飲むと治ってしまいます。ローズヒップのビタミンC含有量はレモンの20倍から40倍。それと、お風呂にはティーツリーのバスソルト。ティーツリーには抗ウイルス作用があり、白血球も活性化してくれます。  

エキナセアはほんのちょっとスパイシーな風味があるので、スープに入れてもよさそうです。同じく免疫アップのマイタケを入れたスープも美味しそう。

 風邪薬のお世話にならないように、ハーブの力を活かして元気に冬を過ごしましょう。  

ハーブ

ちょっと前に、メディカルハーブ講座の先生からエルダーベリーをいただいてチンキ剤にしたものができあがりました。

エルダーというと、フラワーの方がよく知られていて、利尿作用や発汗作用に優れていて、「インフルエンザの特効薬」の異名をもちます。アレルギー性の鼻炎や花粉症などのカタル症状などにも効きます。

エルダーベリーの効能については本にもあまり記載がありませんが、同じくインフルエンザや風邪にいいようです。ビタミンCも豊富だとか。

サプリメントではよく売られていて、子ども用のシロップもあります。iherbでは種類も豊富。

あとは、アントシアニンやビタミンAが含まれているので眼精疲労にもいいでしょうね。

チンキ剤は1年くらいはもつのだけれど、インフルエンザの季節はまだまだ先だし、眼精疲労が目下の悩みの種なので、さっそく試してみようかな。

ハーブ, 占星術

テーマ:占星術

メディカルハーブやアロマの資格試験の勉強をしたことのある人なら、ニコラス・カルペパーの名前は聞いたことがあるかもしれませんね。17世紀のイギリスのハーバリストとして歴史に名を残しています。

カルペパーは占星術師でもありました。当時は占星術を医学に用いるのは一般的なことだったのですが、カルペパーは実は正式には薬剤師の資格も医師免許ももっていなかったようです。それで「魔術」を使ったとして裁判にかけられたりもしたのですが、当時ラテン語で書かれていた薬局方を英語に訳して誰もが読めるようにしてしまったり、貧しい人たちに治療を行ったりして医師たちの反感を買ったためのようです。

実は今、メディカルハーブの卒論をそろそろ書かなくてはいけなくて、興味のあったカルペパーをテーマにしようかと(おいおい、壮大すぎるぞ。数枚の論文なのに(汗))『占星医術とハーブ学の世界』という本を読んでいるのですが、その中にカルペパーの次のようなグッとくる言葉がありました。

「賢者は自分の星を支配し、星は誘うことはあっても強いることはない」

「運命は愚者を支配する」

「あらゆる状況にそなえて心の準備をし、手を尽くして努力し、よいことを増大させて悪いことを軽減する者が賢者である」

うーん、素晴らしいですね。

心理占星術のノエルティル氏も「星は何もしない。動くのは人間だ」と言っています。

「あらゆる状況にそなえて心の準備をし、手を尽くして努力し、よいことを増大させて悪いことを軽減する」真の賢者であれば、本当は占術も何もいらないのですよね。

でも、私は天気予報のようなものだと考えています。知っておけば準備もできるし、便利だけれど、100%あたるわけではないから振り回されるのはおかしい。

「明日台風が来る」と聞いて、不安になって悪いことばかり考えたり、嘆き悲しんだりする人はまずいませんよね。台風が来ても仕事にいかなければならないのなら、通勤がスムーズにいかないことを考えて早めに家を出たり、雨具を着たりしてでかけるでしょう。でも、登山に行こうと思っていたのなら、さすがにあきらめますよね。

備えあれば患いなし。占いってそんなものかと。

そして、未知の可能性も教えてくれる奥深いもの。

占星医術とハーブ学の世界: ホリスティック医学の先駆者カルペパーが説く心と身体と星の理論 5,184円 Amazon

からだ, ハーブ

連日の暑さですでに夏バテ気味の人も多いかと思います。汗をかいたら水分補給とともに塩分も補給しましょうとはよく言われています。

でも、「汗をかいたら塩分補給」というのが、いつの間にか「暑いときには塩分補給」と思い込んでしまっている人がいて、クーラーの中にずっといて汗もかいていないのに、塩分補給していることもあります。汗をかきにくい高齢者で高血圧の場合は要注意です。

汗と一緒に失われるのは塩分だけではありません。ミネラルや水溶性ビタミン(BとC)も失われるそうです。なので、汗をかいたらミネラルやビタミンも補給したいところ。

ミネラルが入ったハーブのブレンドティーがおススメです。

ローズヒップはビタミンCが豊富なことで有名ですね。

ハイビスカスに含まれるクエン酸は疲労回復に役立つし、ハイビスカスには鉄やカリウムも含まれています。

ちなみに、ローズヒップって酸っぱいから苦手!という人がいますが、ローズヒップに酸味はありません。市販のブレンドハーブティーにはローズヒップと一緒にハイビスカスが入っていることが多いので、その酸味です。酸っぱいのが苦手な人は、ハイビスカスは少なめにするといいでしょう。

飲むサラダと言われるマテ茶にもビタミンBやC、鉄、カルシウム、カリウムが含まれています。カフェインも入っていますが、水出しにすれば抽出されないので、お子さんにも大丈夫。グリーンマテは緑茶のような味なので、あまりブレンドには向きませんが、ローストならいけますよ。

あとは、ネトル。ビタミンCやカルシウム、カリウム、鉄などが含まれます。

私はこれらのハーブとルイボスをお茶パックに入れて、水出しハーブティーを常備。夏のあいだはそれを飲んでいます♪

ハーブ, 植物

先日、トゥルシー(ホーリーバジル)の苗を手に入れました。去年、種取に失敗したので。クリシュナトゥルシーが欲しかったのですが、今年は残念ながらなくて、代わりに「カプーアトゥルシー」ならあるとお店の人に言われて買ったのがこちら。

「カプーアトゥルシー」って初めて聞く妙な名前…と思って調べてみたら、「Kapoor tulsi」のことでした。「Kapoor」を英語読みしてしまうと「カプーア」なのですが、発音は正しくは「カプールトゥルシー」です。

トゥルシーは万能ハーブと言われています。抗ストレス力を高めてくれるアダプトゲンハーブでもあります。

シニアハーバルセラピストの資格を取ったときの卒論のテーマがトゥルシーだったのでその時にいろいろ調べたのですが、「比類なきもの」を意味するその名の通り、実にさまざまな効能があるんです。

現代科学の新しい知見では、抗ストレス作用(アダプトゲン作用)、抗結核菌作用、水銀毒の中和、オゾンの放出(空気の清浄化)、鎮痛作用、胃潰瘍の改善、虫歯や歯周病の予防効果、骨の治癒促進、喫煙による酸化ストレスの緩和、抗インフルエンザ作用、肺・肝臓の保護、抗糖尿病、抗菌作用、糖尿病合併症の予防、抗アテローム硬化作用、中性脂肪・脂質・コレステロールの低下、抗がん作用、抗遺伝毒性作用、白内障予防、抗酸化作用、放射能防御作用などなど。

中でも意外だったのが、血糖調節作用でした。トゥルシーにそんな作用があるなんて、聞いたことがなかったので。トゥルシーの血糖調節作用については、アミノ酸であるリシンのε-アミンに結合して終末糖化産物(AGE)の形成を阻害する作用やαグルコシダーゼ阻害作用が精油成分のオイゲノールにあるという説があります。

オイゲノールって、クローブなどにも含まれていますが、クローブに血糖調節作用があるなんて話も聞いたことがありません。比較的新しい知見でまだ研究が進んでいないのかもしれませんが(論文はこちら)。    

インドにはギムネマやサラシアなど、糖質の消化吸収抑制作用をもつ植物はほかにもたくさんあるので、あまり注目されないのでしょうかね。確かに、よくよく考えると、インドの植物にはその手の作用がある植物がたくさんありますが、実際、私がインドにいたときには、周りに糖尿病を患っている人が結構いました。まあ、砂糖たっぷりのチャイを1日に何杯を飲んでいることを考えると無理もないような。よくよく考えると、暑い国ってスイーツがやたらと甘いけれど、そういう国では血糖調節に役立つような植物が育つように上手くできているんですかね。    

ところで、ヒンドゥー教ではトゥルシーは女神であるラクシュミーやシーターの化身と考えられていて、宗教儀式には欠かせません。面白いのが、Tulsi Vivahというお祭りがあって、トゥルシーの苗をラクシュミーやシーターに見立ててヴィシュヌ神やクリシュナ神の像との結婚式を行うんです。You Tubeに動画があるので、おヒマな方はこちらを。

からだ, ハーブ

昨日は春みたいに暖かかったのに、今日はまた真冬に逆戻り。インフルエンザも流行っているというし、体調を崩さないように気をつけたいですね。

そういえば私、ここ2年ほど風邪で寝込んだことがありません。先日も、アースガーデンでリーディングやって、2日間一日中寒空にいたので、風邪引いたかな?と思いましたが、早めに対処して撃退しました。

ここ2年ほど、寒くなると風邪の予防のために摂っているのがエキナセアというハーブのチンキ剤。エキナセアは免疫力を上げてくれるハーブです。予防にはチンキ剤を摂る必要はなく、お茶で十分だそうですが、お茶を毎日飲むのって、忘れがちなんです。なので、チンキ剤を作って毎朝飲んでいる白湯に入れています。

チンキ剤の作り方は簡単。

煮沸したビンにエキナセアの乾燥ハーブ4gを入れてウォッカかホワイトリカーを100mL注ぐだけです。これで2週間から4週間、冷暗所に置いておきます。4週間より長く浸けすぎると効果が薄れるらしいので、その前に濾すことが大切。コーヒー用のペーパーフィルターを使うと簡単に濾せます(ドリッパーは不要)。このチンキ剤を連続的に摂っていいのは最長8週間だそうです。チンキ剤は1年もつので、まとめてたっぷり作っても大丈夫。

注意点としては、エキナセアはキク科のハーブなので、キク科アレルギー(ブタクサなど)のある人は、製品に花粉が入っている場合は反応するかもしれないので要注意なのと、自己免疫疾患のある人も避けた方が無難です。

エキナセアはお茶にするとちょっとスパイシーな感じなので、お茶をスープやカレーに使ってもよく合います。

風邪がひどくなってからは、エルダーフラワーの方が効くかもしれません。「インフルエンザの特効薬」という異名をもつほどですから。私はインフルエンザにかかったことがない(インフルエンザワクチンも打ったことがない)し、ハーブでケアするようになってから風邪をこじらせたことがないので、この特効薬の効果のほどはわからないんですが。

あとは、トゥルシー(ホーリーバジル)も免疫力をアップしてくれます。私はエキナセアが切れたら、トゥルシーを使っています。トゥルシーは、ストレスへの抵抗力を高めるアダプトゲンハーブでもあります。

それから、風邪を引いたかなと思ったら、ビタミンCの1g(1000mg)のサプリを4時間おきに摂ります。ビタミンCの半減期(血中濃度が半分に減る時間)が3時間なので、完全に排泄される前に摂っておけばいいかなと思って4時間おきにしているんですが、ネットで調べてみると、1時間おきに摂るという記載もあって、『新 ビタミンCと健康』という本でも1時間おきの摂取が推奨されています。4時間おきじゃ少なかったかな。

量はというと、効果量は人によって違うそうです。確かに、アレルギーなどがあって身体が常に大量のビタミンCを必要としている人では、少量じゃ足りないでしょうしね。ネットを見ると、ビタミンCのサプリ摂取で風邪なんか治らない、と言っている医師もいるようですが、少量摂取では効果はないということなのだと思います。この辺は、オーソモレキュラー(分子整合栄養医学)を理解しているお医者さんじゃないとわからないんでしょうね。『新 ビタミンCと健康』によると、ビタミンCで風邪を予防できるかどうかはともかく、症状は軽くなることが多いそうです。臨床研究もされています。

(追記:水溶性のビタミンCはたくさん摂ってもあまり心配ないですが、唯一の副作用は下痢だそうなので、下痢になったら摂りすぎと考えられます。下痢になる一歩手前がいちばんいいそうです。)

ビタミンCはローズヒップにも多く含まれています。なんとレモンの20~40倍だとか。インドの果実アムラ(アーマラキー)もビタミンC含有量が多いことで知られています。サプリメントも手に入るのでこれもよいですね。私は、ローズヒップの方が値段がお手頃なので、業務用の大袋で買って数日分まとめてミルで粉砕して毎日飲んでいます(^_^)v。一気にたくさん粉砕しちゃうと酸化しやすくなるので注意してくださいね。

ちなみに、ローズヒップって酸っぱくて苦手、という方がいますが、ローズヒップ自体はそんなに酸っぱくないんです。よくブレンドハーブティーでハイビスカスと一緒になっていることが多いので、ハイビスカスの酸っぱさと混同されているようです。

あとは、生姜湯を飲んで身体を温めたり、ティートリーのバスソルトを入れて入浴したりします。ティートリーは白血球を活性化する作用があるそうですし、塩も身体を温めてくれます。

ティートリー、ユーカリ、ラベンダーは抗ウイルス作用があるので、家族に風邪を引いた人がいるときには、ディフーザーで香りをくゆらせるのもいいですね。この3つの精油はちょっとツーンとした香りがするので、苦手な人もいるかもしれません(実は私も)。ユーカリには数種類あって、よく売られているのはユーカリ・グロブルスですが、ユーカリ・ラディアータはあまりツーンとしなくて爽やかです。

そんな感じで、早め早めに対処すれば風邪をこじらせずにすみますよ。もちろん、たっぷりの睡眠は重要。忙しくても、風邪気味のときくらいはゆっくり寝ましょうね。