からだ

前回、身体によいものを摂ることばかりを考えるのではなく、身体に悪いものをやめることが大切だと書きました。

そうすると、「そう!断食ってすごくいいの!」と言う人もいるかと思います。

確かに、断食は身体によいのだと思いますが、これにも向き不向きがあります。低血糖になりやすい人や副腎疲労がある人はやらない方がいいでしょう。きちんとした断食プログラムでは、そういう人たちには参加を断っているようです。

マジメな人ほど熱心に断食に取り組んで、ガリガリになっているのに「調子がよくなった」と言っていることがあります。断食というよりは、ただ単に、身体に合わないもの(知らないうちに遅発型アレルギーを引き起こしているものなど)を一時的にやめたから体調がよくなっただけのこともあるんじゃないでしょうかね。もちろん、断食にはほかの効果もあるとは思いますが。

腸にいいものとしては、ヨーグルトや発酵食品が挙げられますが、これも実は万人にとっていいものではないのです。

最近、小腸内細菌増殖症(SIBO)というものが知られるようになってきました。過敏性腸症候群や逆流性食道炎という病名は聞いたことがある人も多いと思いますが、これらの問題のある人はかなりの割合でSIBOを併発しているそうです。

小腸は通常、大腸よりも最近の数がうんと少ないものなのですが、それが善玉菌・悪玉菌を問わずに過剰増殖してしまい、メタンガスや水素ガスが発生し、それによって便秘(メタンガスの場合)や下痢(水素ガスの場合)が起こります。逆流性食道炎も、このガスによって逆流が起きていることが多いそうです。

そのため、SIBOがある場合は、発酵食品を摂ると小腸内の細菌がさらに増えるのでかえって悪化するのです。SIBOの場合は、FODMAP(フォドマップ)と呼ばれる、発酵性の糖質をなるべく避ける必要があります。FODMAPのFは発酵性の糖質全般、Oは豆類に含まれるオリゴ糖や小麦や玉ねぎに含まれるフルクタン、Dは乳糖、Mは果糖、Aはandで、Pはマッシュルームや人工甘味料に含まれるポリオール。

これをすべて避けるのは大変ですが、人によって合うものや合わないものが違うので、お腹が張る、ガスがたまる、といった症状がある人は、自分に合わない食べ物を食べていないか、注意するといいですよ。

私も以前に過敏性腸症候群の診断を受けたことがあるので、SIBOらしいということに最近気づいたのですが、それまでは腸にいいものを!と思って発酵食品を食べまくってましたよ。それに、どうやら豆類を食べると調子が悪い・・・ということに気づきました。牛乳はやめて豆乳ばっかり飲んでいたんですけどね。でも、やめたとたんにお腹がゴロゴロ言わなくなったという(^^;)。

毎年、自家製の味噌を作っていたのだけれど、味噌汁飲まない方が調子がいいというのはなんとも皮肉な。

普通、腸の調子が悪いといっても大腸内視鏡検査しかしませんし、腸と言えば大腸のことをまず思い浮かべますよね。小腸ってブラックボックスって言われているし。でも実は、過敏性腸症候群や逆流性食道炎と診断されていなくても、結構な数の人にSIBOがあるのでは、とも言われています。実は万病のもとだとか。

SIBOについては、こちらの記事がわかりやすいです。

もっと詳しく知りたい方はこちらを。

小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「SIBO」(小腸内細菌増殖症)から身を守れ! 1,490円 Amazon

からだ

昔インドで長く暮らしていたときのことです。

あるとき、お腹の調子が悪かったので近所のホメオパシークリニックに行ってみることにしました。

インドといえばアーユルヴェーダ、と思う人がほとんどだと思いますが、実はホメオパシーもかなりポピュラーです。街を歩くと、「Homoeopathy」と書かれた看板をあちこちで見かけます。

お腹の調子が悪いことを言うと、まず、一日に何杯チャイを飲んでいるか訊かれました。

インドでは皆、一日に何杯もチャイを飲みます。人を訪ねれば必ずチャイが出てくるし、道で誰かと会っても、その辺のチャイ屋で一杯、なんてことは毎日です。なので、かなり飲んでいたと思います。

それを伝えると、そのホメオパスは鼻でフッと笑い「それじゃあレメディは出せないよ。まずはチャイをやめてね」と言いました。

「なによ、ケチ~(怒)」と若かった当時の私は思ったのですが、今となっては名医だったとわかります。

いくら何かの症状にいい、といっても、その症状の原因が変わらず存在するのであれば、何にもなりません。

あれこれと健康食品を試してもよくならないのであれば、何かを足すことを考えるより、引くことを考えた方が健康への近道になることもあるのです。グルテンやカゼインの問題が最近よく指摘されていますね。小麦粉や乳製品をなるべく摂らないようにするというのも近道かもしれません。

遅発型アレルギーも意外な食べ物が原因だったりします。即時型アレルギーと違って、摂取後すぐに症状が出るわけではないので、その食べ物が原因だとはほとんど気づきません。頭痛や胃腸の調子の悪さの原因が遅発型アレルギーだったりすることもあります。

遅発型アレルギー検査をやっている病院はまだ少ないですが、ネットで検査キットを購入して自分で行うこともできます。保険が効かないし、海外の検査機関で分析するので高額ですが。

http://www.ambrosia-kk.com/about_allergy/foodallergy.html

よかれと思って食べているものが実はアレルギーを引き起こしていた、なんてこともあるのです。私は数年間ひたすら生姜を食べ続けて、冷え性は治ったんですが、見事に遅発型アレルギーを引き起こしていました。それで1年くらい抜いたんですけどね(遅発型アレルギーは同じものを食べ続けることで発症するので、しばらく控えればよくなります)。

なんか調子が悪いんだけれど、原因がわからない、という人は一度検査してみてはいかがでしょうか。

タロット, フラワーエッセンス

今日は満月です。平成最後の満月、ということで新たなスタートに向けて準備していきましょう。そのためのトートタロットからのメッセージです。


4月19日のトートタロットの1枚は、「#0 The Fool」です。

なんとも、新たな始まりにふさわしいカードですね。力強く励まされている感じがします。人生を信じて、思い切って行動してみましょう。自分には何もない、と思うのならなおさらのこと。何もなければ何のしがらみもなくゼロからスタートできるのです。迷いなくスピーディーに行動すれば、予想外の展開が待っています。

ぐずぐずとしり込みしがちなのは、過去の体験から来る恐怖を感じてしまうからです。そんなときに役立つオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがサンシャイン・ワトル。

過去のつらいことを振り返っては、人生はつらいことばかり、と未来についても悲観的になり、なかなかそこから抜け出せないときに助けになってくれます。このエッセンスは、過去を乗り越えて人生を楽観的にとらえ、今を楽しめるようにしてくれるのです。

 

 

植物

春になると植物が生き生きしてきます。
冬のあいだに死んだようになっていても、復活して芽を出します。
春は再生の季節だなあとしみじみ感じる今日この頃。

3年前に植えたクレマチス。枯れてしまったかと思ったけれど、元気に青々とした蔓が伸び始めています。

こちらはちょっと前に植えたクレマチス。支柱が1本しか手元になかったので、とりあえず片方にだけ差してみたら、同じ背丈だったのに、そちらだけぐんぐん育っています。やっぱり方向性を与えてやると伸びるのね。もうちょっとしたらフェンスに絡みつけるぞ。がんばれ。

植物から学ぶことは多いのです。

植物たちは、自分に合った環境であれば、自分のペースで必要な時期に勝手に育っていきます。毎年は花を咲かせない植物だってあるけれど、毎年派手に咲いている花をうらやんだりはしない。パンジーって人気があってうらやましいなとか思ったりすることもなく、名前も知られずひっそりと咲いている花もあって、それを楽しみにしている人もいたりします。

みんなそれぞれ、人目を惹こうが惹くまいが、与えられた命を与えられた時間で輝かせているだけ。潔いですね。

なんだか疲れちゃったときには、植物に波長を合わせてみるのもいいものですよ。

タロット, フラワーエッセンス

今日は上弦の月です。満月に向かってエネルギーも満ちていきます。トートタロットからのメッセージを受け取って、満月に向けてパワーアップしましょう。

4月13日の上弦の月のカードは、「#20 The Aeon 」です。78枚フルで使っているのに、このところ大アルカナばかり続きます。

太陽は沈んでも決してなくなったわけではなく、朝が来ればまた姿を見せます。冬に枯れたようにみえた植物も、決して死んだわけではなく、春になればまた新しく芽吹いて命を輝かせます。

あなたの中で何かが終わったように感じても、新しい種はすでに宿っています。ただそれをゆっくりと育てればいいのです。過去を完全に乗り越えて、人生の新しい方向へと一歩踏み出しましょう。

とはいえ、植物のように、すんなり自然の流れに身を任せて変容できればいいですが、残念ながら私たちにはエゴがあるので、それに抵抗しようとします。それまで築き上げた信念や価値観を捨てるのは怖いものです。人生の大きな変化、特に、霊的な変化の直前には大きく混乱し、動揺することがあります。

そんなときに助けになってくれるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがミント・ブッシュ。

このエッセンスはスピリチュアル・レベルでの試練を乗り越えて変化を受け入れられるようにしてくれます。この古いものを焼き尽くすような試練の時期を無事抜ければ、物の見方は大きく変わり、エゴのものではないもっと大きな視点に立って、人生に取り組めるようになります。


フラワーエッセンス

先日、レッド・グレヴィレアのエッセンスのモニターを体験してくださった方から次のような感想が届きました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: <レッド・グレヴィレアのエッセンスを摂る前の状態>
仕事中、疲れた時にネットサーフィンする癖があります。
「ネット依存をやめたい!」と強く思っていました。


<摂り終わった後に気づいた変化>
まず「憧れてるけど自分には合わない趣味・行動」をあきらめました。
園芸 → 花は好きだが育てるのが面倒。
イヤリング → 試着してみると、耳に何かがついてるのが気になる。
ヨガ → 私にはポーズが難しかった。
そして急に防犯意識が高まりました。
犯罪関連の本を読んだり、防犯ブザーの購入を検討しています。

今までまったく興味のなかった分野の音楽に関心を抱くようになりました。
新しいミュージシャンをたくさん知りました。 ネットで外国語の勉強をはじめるようになりました。

ネット依存そのものはあまり変わっていません。
ただ「何を見るか、聞くか」の内容は大きく変わりました。


<その他、ご感想など> 以前別のブッシュフラワーエッセンスをとっていて、
こんなふうに「望みのことそのままではないが、別のことが改善に向かった」ということがありました。  
また私はメーカーごとの体感? の違いはわかるのですが、
同一メーカーのAとBの花が、どんなふうに違うのかはよくわかりません。  
フラワーエッセンスは何かに効いてるのはわかるけど、必ずしも効能書き通りにはいかないのだな、というのが現在の感想です。
プロに選んでもらえばまた違うのかもしれませんね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   応募してくださったときのメールでは「自分は依存体質なんじゃないのか? と思っている」とのことでしたが、ネット依存をやめたいっていうことだったんですね。

レッド・グレヴィレアは他人への依存度が高い人向きのエッセンスではあるんですが、何か悪習慣をやめたいという場合は、モンガ・ワラタやウェディング・ブッシュを使います。モンガ・ワラタはやめられるという信念がもてるように、ウェディング・ブッシュは決意を崩さずに目標を達成できるようにしてくれます。    

この方の場合は期待とは違った変化があったとのことですが、これまで興味の対象の基準が、自分の基準ではなく他人の基準だったのかなという気がしました。流行っているから、人がいいと言っていたから、という理由で本当に自分が求めているかどうかはあまり考えずに行動されていたのかもしれませんね。    

レッド・グレヴィレアの肯定的な結果には、他人による判断に無関心になるというのがあります。なので、ネット依存そのものはなくなっていないとのことですが、内容が変わったということで、「なんとなく」サーフィンする状態から本当に自分が興味のあるものを見るという風に変わったのではないでしょうか。そういう意味では、やっぱりレッド・グレヴィレアは効能通りに効いたんだと思いますよ。    

情報であふれているこの時代、自分でも気づかないうちに周りの情報に踊らされてしまうこともあります。たまには意識してネット断ちをするのもいいものですよ。情報断食をすると頭もクリアになります。    

私なんかは、ネットがなかった時代の方が長かったので、ネット断ちをしてもそれほど苦になりませんが、物心ついた頃からネットの存在が当たり前だった世代の人たちには考えられないことなのかもしれませんね。若い人たちはスマホが見られないから映画館であまり映画を観なくなったとか、手が汚れてスマホ操作しにくいという理由でチョコフレークが売れなくなった(!)とか、いろいろ言われていますが(本当のところは知りませんけど)。    

半日たりともスマホは手放せない!となってしまうと、やっぱり単なる悪習慣ではなく、依存なんでしょうね。LINEの返信ができないから半日すら手放せない、という場合は、たったの半日返事をしないだけで悪化するような人間関係っていったい何なんでしょう。それはもしかしたら、スマホ依存ではなく、他人への依存なのかもしれませんよ。

タロット, フラワーエッセンス

今日は新月ですね。新月は浄化のときで、物事を新しく始めるにはよい時期とされています。トートタロットからのメッセージを受け取って、生活に新しい風を吹かせましょう。

4月5日の新月のカードは、「#2 The Priestess」です。  

現代では簡単に知識が手に入るようになりました。今やネットを通じてどこにいても学ぶことができ、いくつになっても新しい知識を身につけることができます。    

けれども、いくら知識を詰めたところで、心は満たされません。ときに人生は砂漠のように思えることがあります。ラクダのように水がなくても砂漠を渡っていくには、内なる泉をもつことが必要です。得られた知識は、自らの体験を通じて初めて生きたものとなります。そうして培った本物の叡智があってこそ、自立して創造的な人生を歩めるのです。    

ともすると知識ばかりで頭でっかちになりそうなときに内なる知恵に耳を傾けさせてくれるオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがハイバーシア。

ハイバーシアの5枚の黄色い花びらはハートの形をしています。このエッセンスの効果は心と頭をつないでくれること。思考と経験・直観のバランスがとれるようにしてくれます。それによって、カチコチに凝り固まった頭は柔軟になります。本からではなく、人生から学べるようになるのです。  

オーソモレキュラー, からだ

すっかり桜も満開。気分も春らしくなってきましたが、そんなにウキウキとしていられない人も多いんじゃないでしょうか。

そう、花粉症の季節なのですよね。

私は毎年、春先になると目がかゆくなったりくしゃみが出たりして、「ついに来たか~」と思うのですが、しばらくすると症状はなくなってしまうのです。ここ3年ほど、ビタミンDのサプリメントを摂取しているので、そのおかげかもしれないですね。

ビタミンDは、免疫反応を調節する制御性T細胞の働きを調整するそうです。アレルギーは免疫機能が過剰に働くことで起こるので、その調節を助けてくれるんですね。

花粉症の治療では、アレルゲンエキスを投与する減感作療法が最近よく行われているようですが、特定の花粉にしか効きません。スギ花粉であれば、ヒノキやブタクサのアレルギーには効かないわけです。

でも、ビタミンDであれば、種類を問わず、免疫反応を調整してくれます。アトピーや喘息などのほかのアレルギーもよくなることがあるそうです。

ビタミンDは骨の形成も促進します。カルシウムをしっかり摂っているのに骨粗鬆症になったという話を聞いたことがありますが、骨の形成にはカルシウムだけあってもダメで、ビタミンD3とビタミンK2も必要なんです。ビタミンDは日光を浴びることで体内で生成されるので、念入りに日焼け対策をしている人はビタミンD不足になりやすいと言えます。

昔に比べて子どものアレルギーが増えていますが、母体にビタミンDが少ないと、生まれてくる子もビタミンD不足になりやすくなります。最近は、母乳ではなく粉ミルクで育った子の方がビタミンDが多いこともあるようです。そういえば、私の世代は子どものころに肝油を食べて育ったんですが、最近はあんまり食べさせないんでしょうかね。

食品では魚類やキノコ類に含まれますが、干しシイタケなどは、機械乾燥させたものには含まれていないようです。日焼け対策をしっかりしているベジタリアンの人は不足する可能性が高いですよね。

ビタミンDのサプリメントは手頃な値段だし、小さくて飲みやすいのでおススメです。iherbでアメリカ製のサプリメントを買うと、のどにつっかえるくらいデカいものが多いのですが、ビタミンDは可愛らしい大きさ。花粉症対策には、少量から始めて、2000~4000IUくらい摂るといいようです。

体質そのものを変えるには、やはり腸内環境を改善させるなども必要です。詳しく知りたい方は、次の本をぜひ読んでみてくださいね。骨粗鬆症予防やアレルギー対策だけでない、ビタミンDの多くの可能性に驚かされますよ。

『サーファーに花粉症はいない ~現代病の一因は「ビタミンD」欠乏だった!~』
『花粉症は1週間で治る!

タロット, フラワーエッセンス

今日は下弦の月です。新月に向かってひとつのサイクルが終わろうとしています。トートタロットからのメッセージを受け取って、次のサイクルに向けて準備しましょう。  


3月28日の下弦の月のカードは、「#7 The Chariot」です。  

大きな目標に意識を合わせて、チャレンジすることで状況を変えましょう。やみくもに行動を起こすのではなく、十分な準備が必要です。準備不足では上手くいきません。準備がしっかりできて初めて、新たな冒険に乗り出すことができます。この騎士が手にしているアメジストの聖杯は運命の輪を表しています。こうしてエネルギッシュに行動することで、運が味方してくれるのです。    

用意周到に準備するには、根気強さも必要です。根気がなければ、簡単にあきらめてしまうことになります。    

そんなときに役立つオーストラリアン・ブッシュフラワーエッセンスがケイポック・ブッシュ。

  このエッセンスは、人生に前向きに対応するように促してくれます。物事を貫徹するまであきらめずにやり続ける力を与えてくれるのです。病気になったときに、闘おうとせずに運命だとあきらめてしまう人にも有効です。ケイポック・ブッシュを摂ると、何が何でも治ってやるという不屈の精神が培われます。ケイポック・ブッシュは自分が自分の人生の手綱を握る決意をすることを助けてくれるのです。

オーソモレキュラー, からだ

機能性低血糖症っていうものがあるのを聞いたことがあるでしょうか。

低血糖というと、一般的には糖尿病薬の効き過ぎでなるものと考えられていますが、血糖調節能力に問題があることから低血糖になる場合があります。それが機能性低血糖症と呼ばれるものです。

オーソモレキュラー(分子整合栄養医学)では、うつ病やパニック障害も低血糖が原因であることが多いと言われています。

実はこれ、発達障害とも関係があるらしいんです。『発達障害の治療の試み』という本には、「発達障害者は多くの場合に血糖調節能力に 異常があることを確認している」と書かれています。

私も自分が低血糖になりやすいということは昔から自覚していました。
お腹が空いてくると、手の震えがくるほどだったからです。それで、とにかく糖質を欠かさずに摂って、血糖が下がらないようにしないといけないと考えていました。一時期はブドウ糖の飴を持ち歩いていたほどです。

私は十数年前に発達障害の診断を受けているのですが、3年前に発達障害と低血糖の関連を知り、糖質制限が有効だという情報を得て試してみたところ、驚くほど情緒は安定し、頭のモヤも減って頭が働くようになりました。糖質制限だけではなく、栄養療法も実践し、3年経った結果、自分の身体・精神状態が大きく変わり(人生も)、糖質制限と栄養療法の効果を確信したのです。

さて、疑問に思う人がいるかと思います。
なんで低血糖なのに糖質を減らすの?ますます下がるじゃん?って。
私も最初、不思議に思いました。
でもこういうことだそうです。  

糖質を大量に摂ると、一気に血糖値が上がるので大量のインスリンが分泌され、その結果、短時間で血糖値が一気に下がって低血糖になるのだそうです。

低血糖になりやすい人ではインスリンの分泌が若干遅れ気味になるために血糖値がガーっと上がって、その大きく上昇した血糖値を下げるために、少し遅れて大量のインスリンが分泌されるという話もあります。  

これを反応性低血糖というのですが、こうして一気に血糖値が下がった後に、身体がアドレナリンなどの血糖を上昇させるホルモンを分泌してまた一気に血糖値が上昇し、それに対してまたインスリンが分泌されてまた血糖値が急降下するということがあります。これを乱高下型低血糖といいます。急にイライラしたかと思えば一気にやる気がなくなったりして、気分も血糖曲線のようにジェットコースター状態になります。

さらに、今度は糖質を摂ってもほとんど血糖値が上がらなくなり、
ずっと低血糖の状態が続く無反応性低血糖というものがあります。
こうなると、四六時中、やる気がなくてうつっぽい状態が続くわけです。  

低血糖を防ぐためには、急激に血糖値が上がらないような食べ方を
することが必要です。それが糖質制限食というわけです。  

糖質制限といってもただ糖質を減らせばいいというわけではなく、
その代わりのエネルギー源となるタンパク質や脂質を増やさないと、
かえって低血糖になってしまいます。  

また、糖質というのは外から摂らなくても体内で糖新生ということを行って作ることができるのですが、それにはビタミンB群などの各種栄養素も補酵素として必要です。

お酒の飲み過ぎで肝臓が疲れていれば、糖新生も上手く行われないでしょう。もちろん、胃腸が悪ければ栄養が十分に吸収されないので低血糖になりやすくなります。  

筋肉量も大切で、筋肉は動かしていなくても糖質を摂り込んでくれるので、筋肉が少なければ、血糖値は上がりやすくなります。

低血糖にはブドウ糖のラムネがよいというのは医学的観点からも言われているようですが、一時的に本当に倒れそうになった場合の緊急事態の対応としては正しいと思うのだけれど、機能性低血糖の人が低血糖防止のために、かつての私のようにブドウ糖のラムネをしょっちゅう食べると、かえって低血糖を悪化させることになります。

低血糖になる前(つまり、お腹が空きすぎる前)に、ナッツ類やチーズ(遅発型アレルギーに注意)、ココナツオイルなど、血糖値が緩やかに上がるもの(糖質でないもの)を食べることが必要です。ちなみに、糖質=甘いもの、と勘違いしている人もいますが、おせんべいは甘くありませんが糖質なので、1枚でもかなり血糖値は上がります。

ざっと書きましたが、ひと口に低血糖症対策といっても多岐に渡ります。面倒くさいといえば面倒くさいのですが、この対策をするかしないかで天国と地獄ほど変わってくるので発達障害傾向のある人はあんまり軽視しない方がいいかと思います。私は空腹時に砂糖不使用の野菜ジュースを飲んだだけで血糖値が85 mg/dLから一気に138 mg/dLまで上がったので、発達障害児に清涼飲料水なんか飲ませたらどうなることか。学校行く気力がなくなるのも無理ありませんよね。

この急激な血糖値の上下は最近は「血糖値スパイク」として
NHKでも取り上げられていますが、まだまだ精神状態との関連については大きく取り上げられていません。
実は、発達障害者じゃなくても、誰でも起こり得るものなんですよね。

70 mg/dL以上の急上昇が血糖値スパイクだそうですが、麺類を食べて血糖値を測定したら、100 mg/dL近く上昇してしまいました。ほぼ糖質のみで、一気にお腹に入っていきますからね。

参考までに、『発達障害の治療の試み』という本では血糖値の変化に伴う身体的症状として、次のように書かれています。
 
70 mg/dL以下・・・感情的になる、鈍感になる

60 mg/dL以下・・・空腹感、吐き気、計算力・注意力低下

50 mg/dL以下・・・頻脈、冷や汗、顔面蒼白、倦怠感、頭痛、寡黙

40 mg/dL以下・・・血圧上昇、上腹部痛、手の震え、あくび、複視、異常行動、見当識障害、8時間続くと植物状態となる

30 mg/dL以下・・・傾眠

20 mg/dL以下・・・痙攣、深い昏睡、不可逆的機能障害

最近では安価な自己血糖測定器も入手できる(こちらのサイト)ので、上記の症状に心当たりがある人は、実際に血糖値を測ってみるといいですよ。(私の測定レポートはこちら

気になる方は『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』という本もぜひ読んでみてください。