骨を強くするには牛乳?

女性はだんだん年齢が上がると、骨粗鬆症が気になってくると思います。予防に牛乳をたくさん飲んでいる人もいるんじゃないでしょうか。

「骨を丈夫にする=カルシウム」と考えがちですが、実は骨を強くするのに必要なのはカルシウムだけではありません。牛乳をたくさん飲んだり、カルシウムのサプリメントを摂ったりすれば骨が丈夫になるかというと、実際はそうではないようです。

カルシウムの吸収には、ビタミンD、ビタミンK、そしてマグネシウムも必要です。

日焼け対策をがっちりしている人はビタミンD不足になりがちです。魚介類をたっぷり食べましょう。干しシイタケやキクラゲもいいようですが、機械乾燥させたものにはあまり含まれていないようです。ビタミンKは納豆などに多く含まれます。

意外と足りていないのはマグネシウムです。カルシウムとマグネシウムは「ブラザーイオン」とも呼ばれ、セットで働きます。従来は2:1がいいとされてきましたが、最近は1:1が理想的とも言われています。マグネシウムは食生活の乱れやストレスから失われがちだからです。マグネシウムが不足すると、細胞内外のカルシウムの濃度バランスが上手く取れず、筋肉のけいれんが起こります。足がよくつる、という人はマグネシウムが不足しているかもしれません。

実は牛乳は、このカルシウムとマグネシウムのバランスが悪く、11:1だそうです。なので、牛乳をたくさん飲んでいるだけでは、マグネシウムが不足してしまうのですね。マグネシウムは大豆や海藻類やアーモンドに含まれていますが、胃酸の出が悪いとあまり吸収されないそうです。そんなときには、皮膚から吸収させるという手もあります。iherbでマグネシウムの入浴剤をはじめ、マグネシウムオイルローションも手に入ります(紹介コードがほしい方はBBF422をどうぞ使ってください)。

マグネシウムはコーヒーやアルコールをたくさん飲むと不足しやすいので要注意。また、食品添加物として使われているリンはカルシウムを排泄させてしまうので、気を付けましょう。

そして、コラーゲンも必要です。え?コラーゲンってお肌に必要なんじゃないの?と思うかもしれませんが、骨にも必要なんです。コラーゲンの生成にはタンパク質と鉄とビタミンCが必要です。

こんなふうに、骨を丈夫にするのに必要なのは、カルシウムだけじゃないんですよね。結局は、栄養素のバランスが大切なのでした。

骨については、この本がおススメです。

「老けない体」は骨で決まる (青春新書INTELLIGENCE)   Amazon

自己イメージを変えるには

先日、機会あってフェルデンクライス・メソッドの講座を受けてきました。フェルデンクライスを初めて知ったのはもう10年以上も前。1度講座を受けて、あとは本を参考にしたり指導テープを使ったりして自分でたまにやっていました。でも、ここのところずっとサボっていたので、本当に久しぶり。

フェルデンクライスは、指示に従って身体を動かし、感覚を観察するのですが、これといった正解はありません。動きも小さなものです。たとえば、仰向けに寝て両膝を立てた状態で尾骶骨を持ち上げる、という動きをするのですが、尾骶骨が床からどのように持ち上がって、そのとき背骨や背中はどうなっているか、ということを観察します。要は、身体の動きや感覚に気づくことが目的です。

地味~なメソッドですが、ヴィパッサナー瞑想を長年やっている私にとってはとっつきやすい方法です。でも、ヴィパッサナーでは感覚をただひたすら観察するだけなのに対し、フェルデンクライスでは、身体の動きを意識的に変えてみることで、感覚が変わるのがわかります。

自己イメージを変える、というと、別人のような、違った自分をイメージするような感じがしますが、実は、漠然とした自分というイメージだけではなく、思考も感情も身体の動きも、すべて自分のイメージ通りに動いています。こういうときに私はこう考える、こう感じる、こう動く。そんなふうにいちいち意識していなくても、無意識のうちに、「いつもの自分」通りに考え、感じ、動いているわけです。それを身体の動きから変えていこうというのがフェルデンクライス。寝転がる、足を持ち上げる、といった何気ない動きを、いかに慣れ親しんだ癖だけで行っているかというのに気づかされます。

実はもっとほかのやり方があって、もっと自由なはず。思考も感情も身体の動きも。

そんなちょっとしたことから「自分はこうする」というイメージを地道に変えていく方が、他人の力で一発で自分を変えてもらおうとするよりも、実は長い目で見れば確実に変わるのかもしれません。

感覚を使うワークと言えば、ほかにフォーカシングがありますが、これは感覚を感じて対話するもの。私はわりとこうした地味~(どれも大ブームになったりしない (笑))だけれど確実な手法が好きみたいです。感覚を使ったワークは、「自分に戻る」感じがします。この日も終わった後、とても落ち着いて、スッとました。

体温調節には温冷浴

f:id:Manakawase:20190521230337j:plain

5月に入ってあったかくなりましたね。
というより、暑いくらいの日もあります。


以前は急に気温が上がると、体温調節が上手くいかずに身体に熱がこもってしまって大変でした。暑くなり始めにはあまり汗がかけないのです。
夏にも、日中は微熱が出ることが多く、夜になって気温が下がると体温も下がってくるというまるで変温動物のようでした。

それが、数年前に温冷浴を体温調節ができるようになると聞いて試してみたら、だいぶ汗がかけるようになりました。

温冷浴は自律神経を整えるらしいので、それで体温調節もできるようになるんでしょうね。

温冷浴、こちらにやり方が載っていました。

https://mc-nurse.net/pages/article/detail/108/

あまり汗をかかなくて熱がこもりがちな人は暑さ本番になるまでにぜひお試しを。

意外と足りていない栄養素はマグネシウム

ビタミン不足やミネラル不足を心配する人は多いと思います。カルシウム不足を気にする人も多いですよね。でも、最近、意外と不足しがちな栄養素はマグネシウムなのだそうです。

マグネシウムは調理の際に失われがちで、体内からも排泄されやすいので不足しやすいようです。ストレスの影響も受けやすいのだとか。

でも、エネルギー代謝に大きくかかわっているので、ミトコンドリアを活性化するにはマグネシウムは欠かせません。

吸収が難しいミネラルで、腸内環境が悪いと吸収されないようです。マグネシウムは皮膚から吸収させるという手もあるようです。マグネシウム入りの入浴剤も売っているので、それをお風呂に入れてみるのもひとつの方法ですよ。身体もあったまって、美肌効果も。

入浴剤 バスソルト AQUA GIFT 国産 マグネシウム 保湿 浴用化粧品 30回分 計量ス… 1,680円 Amazon

マグネシウム不足についての詳細はこちらを。

医者が教える「あなたのサプリが効かない理由」 1,512円 Amazon

ちゃんと噛めていますか?

からだ

「よく噛みましょう」というのは誰もが子どものころから言われてきたと思います。30回噛みましょうとか、50回噛みましょうとか言われますが、果たしてそれできちんと噛めているでしょうか。

実は、それをチェックできるガムがあるんです。

キシリトール 咀嚼チェックガム 1枚 ミックスフルーツ味 314円 Amazon

私は1年ほど前に試してみましたが、ショックな結果に。

60回咀嚼する、と書いてあるのですが、60回噛んでも色が半分までしか変わらないのです。私の場合、完全に色が変わるには、その倍の120回噛むことが必要でした。嚙み合わせの問題なのか、噛む力の強さの問題なのか。それからは意識して噛む回数を増やすようにしています。


子どもの頃から痩せ気味で、食べろー食べろー、と周りから言われてきましたが、これではいくら食べても太れないはずです。ちゃんと噛めてないんですから、栄養が吸収されません(もちろん、胃腸の側の吸収力の問題もありますが)。

どんなにいい食材を使っても、どんなに栄養価の高いものを食べても、きちんと咀嚼できなければ身体への効果は半減します。

セロトニンを増やすにはリズム運動がいいと言われていますが、咀嚼運動もそのひとつのようです。つまり、たくさん噛めば、セロトニンもいっぱい出てくれるってことです。噛むのが面倒に感じられるときほど、よく噛みましょう。メンタル強化になりますよ。