からだ, こころ, ハーブ, 分子栄養学

からだ, こころ, ハーブ, 分子栄養学

少し前に、エゾウコギというハーブについて書きました。ストレス適応力を高めるハーブを「アダプトゲンハーブ」と呼ぶのですが、先日『アダプトゲン』という本を見つけました。アダプトゲンハーブをテーマに書かれた本はほとんどないと思うので、とても ...

からだ, こころ, ハーブ

からだ, こころ, ハーブ

最近よく飲んでいるハーブがエゾウコギです。シベリアニンジンとか、エレウテロジンセンとも呼ばれています。ストレスへの対応力を高めるアダプトゲンハーブのひとつで、ほかにも様々な効能があって、朝鮮人参に劣らないのに、はるかに安価。免疫賦活作 ...

からだ, 分子栄養学

からだ, 分子栄養学

分子栄養学では、体内で慢性的な炎症が起こっていると、食事の改善やサプリメント摂取を行ってもあまり効かないことがあると言われています。炎症の火消しに栄養素が大量に使われてしまうからです。

急性の炎症はわかりやすいですが、慢性 ...

からだ, 分子栄養学

からだ, 分子栄養学

病気ではないけれど、なんだか調子が悪い。そういうことってよくありますよね。分子栄養学の勉強を始めてから、以前にはわからなかったそうした身体の不調の原因の察しがつくようになりました。食生活や生活習慣のちょっとした変化が原因になっているこ ...

からだ, 分子栄養学

からだ, 分子栄養学

先日に受けた市の健診の結果が送られてきました。どの項目も基準範囲内なので、以前は大して関心がなかったのですが、分子栄養学の勉強を始めてから、この血液検査データが情報の宝庫だということを知り、毎回結果を受け取るのが楽しみになりました。

からだ, ハーブ, 日々の工夫

からだ, ハーブ, 日々の工夫

今日は日本メディカルハーブ協会の学術フォーラムをオンラインで視聴しました。とても興味深かったのは、アスナロ(ひば)精油に抗腫瘍効果があるというお話。

ひば精油には抗ウイルス作用だけではなく、IgA(免疫グロブリンA)の分泌 ...

からだ, 占星術

からだ, 占星術

ミネラルって不足しがちです。でも、摂れば摂るほどいいかというと、そうではないのが難しいところ。過ぎたるは猶及ばざるが如しで、バランスが大切です。

たとえば、カルシウムの摂り過ぎで結石ができることもあるし、最近よく重要性が言 ...

からだ, ホリスティック

からだ, ホリスティック

ここのところ、身体の不調についてのご相談が続きました。私は日頃、占いのお店で占い師としてもご相談を受けることがありますが、その人の見た目や話し方によっては、食事内容をお聞きすることもあります。

たとえば、仕事を探しているけ ...

からだ, 日々の工夫

からだ, 日々の工夫

暑い日が続いていますが、体調が今ひとつ、という人も少なくないのではないでしょうか。

夏は自律神経のバランスが崩れやすい季節でもあります。室内と室外の気温差が激しく、冷房で外から身体が冷え、冷たいものを飲んだり食べたりしては ...

からだ, こころ, フラワーエッセンス

からだ, こころ, フラワーエッセンス

フラワーエッセンスを摂り始めると、以前より夢をみるようになったり、夢の質が変わったりすることがあります。

無意識が活性化したり、抑圧していた感情が出てきたりするからなのでしょう。怒りながら、または泣きながら目を覚ますような ...